lonnie smith

「LIVE JAM!」(BLUES INTER ACTIONS PCD2401)
THE JAZZ FUNK MASTERS FEATURING LONNIE SMITH

 ロニー・スミスが来日時に次郎吉に飛び入りしたときの模様を収録したライヴアルバムだそうだ。当日、店ではジャズ・ファンク・マスターズという吾妻光良、梅津和時らによるバンドが出演しており、ロニー・スミスはその2ステ目の最後あたりに登場して数曲弾いたあと、3部目では彼を中心とするバンド、という感じのメンバー〜セッティングになって、ロニー・スミス・ジャムみたいなものが行われた。本作はその3部を収録したものだ……という解釈でいいのかな。片山広明、佐野康夫も加わってのクインテットによる演奏だが、なにが凄いって、主役であるロニー・スミスのオルガンである。いやー、これはええんちゃう! ソロにバッキングに縦横無尽に鍵盤やフットペダルを駆使して弾きまくり、猛烈なサウンドをハモンドから引きずり出している。もちろんメンバーに恵まれたということもあるだろうが、いやはや、オルガンのすべてを知り尽くした男って感じですね。すばらしい。ゴージャスで、洒落てて、ブルース衝動の塊で、エグくて、ポップで、ジャズで……もう言うことなし。共演者のなかでは吾妻さんのギターも、ほんとすばらしい。ブルースだけでなく、ジャズやその他の音楽も熟知したこのひとの存在がリズムセクションにいたことがこのアルバムのクオリティをぐっと高めている。2サックスも、まず、その音色がこのセッションにばっちり合っているし、ドラムもこういう古いファンクにぴったりで、興奮しまっせ。でも、かなり粗い部分もあって、構成やソロ回しの中身などはけっこうぐだぐだなところもあったりするが、なにしろタイトルを見よ、「ライヴ」で「ジャム」ですからそこは大目に見よう。それを差し引いてもあまりある一発こっきりのライヴの盛り上がりがちゃんとこのCDには収められているのだから。ラストに入っている「マイルストーンズ」もロニー・スミス流の解釈がちゃんとハマッていてかっこいいっす。ジャズ・ファンク・マスターズ名義のアルバムで、ロニー・スミスはゲスト扱いではあるが、明らかにスミスがリーダーシップをとっているので、便宜的にロニー・スミスの項に入れた。