hal singer

「CHALLENGE」(DISQUES FUTURA ET MARGE MARGE47)
HAL SINGER FEATURING DAVID MURRAY

 今年91歳のハル・シンガー。かつてはエリントン楽団にも在籍したが、最も知られているのはホンカーとしてであって、テナーブロワー系のアンソロジーなどでも常連の大御所。私もたしか20年ぐらいまえに出たバトルのアルバムを持っているはずだが、その頃でも「まだやっとるんや」と思ったことを思い出す。それがまさかいまだ御存命で、なおかつ現役だったとは。しかも、デヴィッド・マレイと共演するとは。メンバー的には全員マレイ寄りで、ドラムはハミッド・ドレイクでこれまた驚く。とにかく何重にもびっくりしまくって思わず買ってしまった。さすがに音はかなりしょぼくなり、往年のゴリゴリしたパワースタイルというわけにはいかないが、ちゃんとしていて、そのうえ曲もオリジナルを何曲も提供し、そのうちの一曲は「ハミッズ・タイム」だからすごい。そして、フィーチュアリングのバラードもあって、それはさすがにうまくて人生の哀歓というか奥深さが切々と伝わってくる。それに一番驚くのは、マレイたちがハル・シンガーに合わせようとしていないことで、曲も演奏もいつものマレイでありハミッド・ドレイクなのだ。フリーでゴリゴリの演奏を繰り広げているのにもかかわらず、全曲ハル・シンガーが参加し、そういった若い(といってもかなりの年だが)連中の暴れっぷりにすーっと溶け込んでいる。そこのところが本作最大の肝であって、ジャズの継承というものを感じるし、90になってもこうやって吹けるんだという元気をもらえる。ハル・シンガーも精一杯フリーキーな演奏をしていて、それがまたドキュメントとしてすばらしい。くり返すが、90でっせ。フレッド・アンダーソンに匹敵する自由な演奏。しかし、ここまで来るとスウィングもバップもホンカーもフリーも関係ありませんなあ。ソロとしてはバラードの「アイ・ソウト・アバウト・ユー」と自作の「ドリームズ・オブ・ドリーム」が快調だが、そんな風に個別にみてもしかたないほど、その存在感は抜群である。タイトルどおり、まさしく「チャレンジ」。しみじみ、買ってよかった。