takero sekizima

「星の栖家」(OFF NOTE/AURASIA AUR−3)
PLAYS COMPOSTELA

 船戸博史の「Q ON RADIO」と同じときに同じ場所でほぼ同じメンバーで録音されたライヴだが、こちらは「ロウ・フィッシュ」ではなく、「プレイズ・コンポステラ」というバンドらしい。リーダーもおそらく関島岳郎。バンド名がバンドのコンセプトを如実にあらわしているが、ようするにコンポステラの曲を演奏する、というのがグループの目的らしい。不思議なもので、同じ場所で同じメンバーなのに、「Q ON RADIO」とは明らかにちがった音楽になっており、メンバー的にもバンドコンセプト的にもこっちのほうがしっくりしそうな気がしていたが、実際に聴いてみると、「Q ON RADIO」のほうがずっと私の好みにあったのは不思議だ。もちろんこちらも悪くはありません。なお、「プレイズ・コンポステラ」というアルバムタイトルなのか、「星の栖家」というアルバムタイトルなのかもよくわからない。不思議なアルバムだ。ジャケットもすばらしい。