tetsu saitoh

「OCTOBER BASS TRI−LOGUE」(JAZZ BANK/VARANUS MTCJ−1018)
BARRE PHILLIPS/NOBUYOSHI INO/TETSU SAITOH

ウッドベース奏者三人によるトリオ。これはすばらしい。これこそ、先入観なく、楽器がなんであるかも考えずに、できるだけ大音量で無心に聴いてほしい。このフレーズを弾いてるのはだれかな、とか考えるのは何度かくり返して聴いたあとで十分。この三人は、それぞれ突出した個性や経歴を持っていて、それぞれの山の頂点にいるひとたちなのだが、それが合わさるとどうなるかというのはたしかに興味深いが、まずは……まず最初はこれが何人による即興アンサンブルかということも忘れて、単なる「音楽」として聴いてみたらいいのではないか。私は、内容の予想がつかない演奏については、そういう具合に無心に接するのがええんとちゃうか、と思っておりまして、このアルバムもとりあえずそういう態度で聴いてみると、いやー、こんなにがんがん、ぐいぐい、ずばずばと身体のなかに自然に入ってくるというのは想像もしませんでした。コントラバスから出る多種多様な音色、多種多様なリズム、多種多様なハーモニーが重なり合って、ここまで聴き手の想像力を刺激してくれる楽しく、かっこよく、気持ちいいサウンドになるとは驚きだ。これまでにもベースデュオとかはたくさん聴いてきたと思うが、1+1のはずが1−1になっていたり、単に1+1のままだったりするものも多いけど、このトリオは1+1が1827ぐらいになってる。えーと……いろいろ感想を書きたいのだが、このアルバムに関しては、これからはじめて聴くひとにはただただひたすら無心に、先入観なく接してほしいので、なにも書きません! そういう風に私が思っている、というか、大事に、尊敬の念をもっている作品だというところだけわかってくださいませ。ただひとつだけ、ジャケット裏の1、2曲目の演奏時間が実際とだいぶちがっているのはなぜ?