yuki saga

「SHADOWS」(地底RECORDS B84F)
YUKI SAGA & ANIL ERASLAN

 ヴォイス(とギター)とチェロによる即興デュオ。アニル・エラスランというチェロはベルリン在住のトルコ人チェリストだそうだが、音色を大事にしながらも、思ったことをずばりと弾く大胆さもあって、さがゆきのキラキラと輝くようなギターと相性抜群である。心をかき乱すような不穏なフレーズや弦が熱を発するようなノイジーなプレイもすべてが音楽的で美しく、また、かっこいい。たがいに前に出たり後ろで支えたり同等にぶつかり合ったり……と変幻自在で、デュオとしては理想的で聞き応えがある。さがゆきはヴォイス〜スキャットの即興が中心だが、ボーカリストとしてメロディを歌い上げる曲もあって、インプロヴァイザーとかボーカルとかいったことを越えた余裕を感じた。「我々のこの音を聞け!」的な演奏が世の中にあふれていて、そういうアーティステックな考え方も嫌いではないが、やはり私はここにあるような、聞き手を自在に遊ばせてくれるような音楽が好きである。そういう意味で、4曲目の「間」がスカスカで蜜のようにとろとろした音魂の美しさを浴びると、このふたりの音楽は、どんな音楽のファンにでも薦められると思った。なんといっても、フレーズや言葉のチョイスだけでなく、音色やボリュームの隅々にまで気持ちが行き届いているのだ。5曲目に至ってノイズ的な、やや激しい即興になり、これもいい感じなのだが、それもぐっと抑制がきいていて、一連の流れのなかに溶け込んでいる。つまり、アルバムとしての統一感も保たれている。あまり強調されてはいないが、ふたりが醸しだすリズムもすばらしい。6曲目はずっと囁くようなトークがフィーチュアされるが、なにを言っているのかわからない。しかし、推測はできる。きっと世界の秘密をしゃべっているのだ。さがゆきさんが「サンキュー!」と自然に言ってるのでてっきりベルリン録音かなにかだと思ったら日本での録音でした。録音も最高。このアルバム、売れてほしいと切実におもった。傑作。