otis rush

「GROANIN’THE BLUES」(P−VINE SPECIAL PLP9012)
OTIS RUSH

 このアルバムをいつ、どういう経緯で手にしたのか、あまり覚えていない。真っ黒けのジャケットがかっこいいから買ったのか、タイトルがえぐいから買ったのか、コブラというレーベル名に魅かれたのか……たぶん大学4年ぐらいのときに買ったのだとおもうが、とにかくそのときから今までまったく飽きることなく聴き続けている。吾妻光良氏によるライナーがついていて、「恐ろしい程のメガトン級ブルース衝動」と書いてあるが、まさにそのとおりだとおもう。これとか、マジック・サムとかは何度きいても「ええなあ〜ええなあ〜」と極楽状態になってしまうのだが、このあとにつづくモダンブルースというものがどうもなじめない(なかには好きなやつもあるのだが……)。これはなぜなのだろうか。いつも考えてしまう疑問である。さて、本作はいろんな形で出されているみたいだが、このP−VINEのアルバムにおいては、もちろんA面B面どちらもいいのだが、とくにB面がめちゃめちゃ好きで、たぶん全曲好きだ。あんまり聴き過ぎて、歌詞からギターフレーズからいろいろ覚えてしまった。B−1「スリー・タイムズ・ア・フール」で、「トゥー・ビー・ナイス」という歌詞の歌い方とか、「マイ・ベイビー・イズ・ア・グッド・アン」のラストで「シズマベイビ」とくり返すところとか、好きな箇所をあげていくとたちまち何十頁にもなってしまうぐらいだが、やはりなんといってもとどめは「ダブル・トラブル」だろう。「ヘイ・ヘイ・イェー」というところの声の伸ばし方や「サム・オブ・ディス・ジェネレイション・イズ・ミリオネアーズ」というところの畳みかけかたや、歌詞の最後の「クロズ・トゥ・ウェア」というところの歌い方などしびれまくる。重くて暗い(なにしろ「二重苦」ですから)歌詞もいいのだが、とにかくそのヘヴィな歌い方がたまらんのです。たぶん一生聴き続けていくと思うな。