rova saxophone quartet

「THE JUKE BOX SUITE」(NOT TWO RECORDS MW 786−2)
ROVA SAXOPHONE QUARTET

 ジュークボックスから流れる音楽に想を得たアルバムとのことだったので、もう少しおもちゃ箱を返したような、ポップで猥雑で雑然とした感じの内容かなあ、と勝手に思っていたが、聴いてみるといつもどおりというかあいかわらずというか、ローヴァの真摯な作品であった。このグループはほんと、(良い意味で)遊び心がない。ちょっと羽目を外すぞ、とか、無茶をやるぞ、というようなふりをしても、実際には、「真面目に、羽目を外すべく努力している」のであって、基本的には非常にシリアスなカルテットであり、たとえば(比べるのもおかしいが)ワールド・サキソホン・カルテットが、大づかみで、ときにはラフすぎるぐらい大味な部分があるのに比べても、とにかく狙いのはっきりした綿密なインプロヴィゼイションが重なりあう。よく「音のタペストリー」というが、私がいつも、本当の意味で「タペストリー」を感じるのはこのグループである。サックスカルテットは、下からバリトン、テナー、アルト、ソプラノ……と積み上げていく構造になっているが、それを重層的に利用して、立体的なパノラマのようなインプロヴィゼイションを作っていく。感心するほかない。

「FAVORITE STREET」(BLACK SAINT BSR0076)
ROVA PLAYS LACY

このアルバムではじめてロヴァを聴いた。どうしてそれまで聴かなかったのかというと、子供のころ、ゴジラ派とガメラ派があったように、当時、WSQ派とROVA派があって、私はWSQ派に属していたので、ロヴァのアルバムは、内心聴きたい思いはあったけれども、あえて聴かなかったのである……というのはもちろん冗談だが、ワールド・サクソホン・カルテットを聴いていた私にしてみたら、「え? WSQなんか聴いてるの? もっとすごい、ロヴァっていうのがあるんですよ、知らないの? へー」みたいに言われているようで、なかなか聴く勇気がなかったのである。そういうことないですか? けっこう、一生懸命リサーチしていろいろな音楽を聴いているつもりなのに、じつは自分のまったく知らないところで、ものすごい音楽があって、それを多くのひとが聴いていて、自分はまるで置いてきぼりになっているような妄想を抱くときが。いや、妄想ではなく、たまにそういうことが実体験であるからこそ怖いのである。だからなるべく音楽情報誌などは読まないようにしているのだが、それでもたまに見てしまい、「○○がすごい」とか書いてあると、思わず(うわー、聴きたいけど聴くの怖いなあ)と思ったりする。最近では「アトミック」とか「ジム・ブラック」とかがそうだった。どちらも個人的にはいまいち感心しなかったので、べつに問題ないのだが、ヘンリー・スレッジルのように、昔、何枚か聴いて、そのときは「しょうもなー」と思ったのに、あまりにメディアが持ち上げるので、最初は「アホか」と思っているのに、だんだんと自信がなくなってきて、あるとき思い切って聴いてみると、うぎゃー、めちゃめちゃすごいやん、と自説をひっこめざるをえないようになる経験も一方ではたくさんしているわけで、そういうときに自分の音楽的な鑑賞眼のつたなさを思い知らされるのである。話が横道にそれたが、ロヴァもそういう理由でずっと聴けなくて、アンドリュー・ヴォイトが脱退して、ソロで日本ツアーをする、というときに、私の知り合いのところに話が来て、結局は断ったのだが、そのときにさすがにちょっと聴いたほうがいいなあ、と思って、ちょうど出ていた本作を買ったのである。聴いてみると、なんのことはない、即興系サックスカルテットで、勝手にビビッていた自分が情けなかったが、よくよく聴いてみると、親近感も抱いた。WSQが内包している良さも問題点も、このロヴァのなかにもあるなあ、と思ったのだ。スティーヴ・レイシーの曲ばかりを演奏した本作は、かっこいいし、着眼点もいいし、レイシーのコンポジションの良さも引きだしているし、それぞれのソロもいいのだが、一方では、リズムセクションのないサックスのみのカルテットの弱さもあって、少々中だるみする。こちらの聞き方の問題かと思って、何度も何度も聴いたのだが、やはりダレる。そのあたりはWSQも同じであって、「メタモルフォセス」以後の、ゲストにリズムを入れた場合はそんなことはないが、それまではどうしても単調になりがちであった。でも、本作を聴いたのち、いまだにロヴァの新譜を聴いているのだから、やはり初体験が大事だなあと思わないでもない。