jimmy rogers

「CHICAGO BOUND」(CHESS PLP−813)
JIMMY ROGERS WITH LITTLE WALTER,MUDDY WATERS

 いやー、これは大名盤ですね。どんなにほめてもほめたりないぐらいの傑作。というか、私にとっては大事な大事なアルバムです。P−VINEからチェスが出て、これはすごいんですよ、みたいな紹介記事を読み、いろいろ買ってみたものの、いまいちシカゴブルースというやつがピンとこなかった。マディやリトル・ウォルターやロバート・ジュニア・ロックウッドやサニー・ボーイや……そういったひとたちのアルバムですね。あとは「ドロップ・ダウン・ママ」とか……。ハウリン・ウルフは最初からよくわかった。すごくアクが強いので、おおっ、これはすごい、と思えたのだが、ほかのやつがわからない。これは、アクの強いフリージャズはすぐにわかったのに、チャーリー・パーカーやマイルスやコルトレーンの音楽がはじめは全然わからなかったようなもんだろう、と思い、とにかくひたすら聴いて聴いて聴きまくることにした。そんなある日、このジミー・ロジャースのアルバムが、とつぜんガーンとわかったのです。とくにB面。どの曲もすばらしいということが理解できた。いちばん惚れたのは「ザッツ・オーライ」だが、「スロッピー・ドランク」も「シカゴ・バウンド」も「ウォーキン・バイ・マイセルフ」(この曲は珍しくブルースではない)も──全部いい。こんな風に「天から降ってきた」みたいに「わかる」瞬間ってあるもんですね。チャーリー・パーカーのときもまさにそうだったなあ。短編小説の書き方がわかったときもそうだった。歌い方も普通だし、シカゴブルースではいちばん地味だといわれるジミー・ロジャースだが、それがわかったことによって、ほかのものの良さも全部いっぺんにわかってしまった。マディ、すばらしいっ、リトル・ウォルター、すばらしいっ、サニーボーイ、すばらしいっ、ロバート・ナイトホーク、すばらしいっ、ロックウッド、すばらしいっ……という具合に。だから、このアルバムこそ、私にシカゴブルースを聴く喜びと感動を与えてくれ最初のアルバムなのです。一生聴き続けたいが、本作はそれに答えてくれると思う。とにかく噛めば噛むほどうまくなってくる、ほんとにスルメみたいなアルバムなのだから。正直言って、シカゴブルースはこの一枚だけでもういいかな、とさえ思ってしまう。