ike quebec

「EASY LIVING」(BLUE NOTE BST84103)
IKE QUEBEC

 タイトルからはスタンダード集かなにかか、と勘違いされる向きもあろうが、じつはどす黒いヘヴィサウンド。アイク・ケベックの最高傑作は本作だといったら怒られるでしょうか。それほど本作をはじめて聴いたときはびっくりして感動してはまりまくった。80年代に発掘された作品なので、最高傑作というのはヤバイかもしれないが、聴いたとき、なんでこれが未発表だったのかさっぱりわからなかった。今でもわからんぞ。アイク・ケベックというひとは、ヘヴィ・ソウルやブルー・アンド・センチメンタルといった黒っぽいタイトルのアルバムを出しているとかオルガンとの共演が多いとか風貌がこわもてとかマウピがロートンのメタルだとか、いろいろと「図太い音で豪快にブロウしまくるブルーステナー」という勝手なイメージがあるが、じつは意外とそうでもなく、木訥で歌心のあるタイプだと思うし、音も濁った太い音とかではなく軽やかといっていいほどだ。そしてタレンタインも、ボステナーという称号やオルガントリオとの共演など、アーシーなタイプだと思われているが、じつは線が細く、高音部でアドリブする、妙なコブシを回す、かなり変態的・個性的なテナーである。しかし、本作ではそのふたりの共演ということで、結果的にどちらも重量級のブルーステナーとしての本領を発揮し、黒々とした図太い演奏を繰り広げており、めちゃめちゃ凄い。このふたりにいつもよりもブラックネスを注入したと思われるのがもうひとりの管楽器であるベニー・グリーンで、彼がおそらくアイク・ケベックとタレンタインに対してブルース度を120%まで注入したにちがいない。おとぼけジャズとか酷評されているベニー・グリーンだが(ああいうことをいうひとはほんとわかってないなあと思う)、こういう演奏を聴けば、彼がローランド・カークに通じるほどの漆黒のホーンブロワーであることは明白である。この3人が、ドラキュラ、狼男、フランケンのように揃った本作は、どの曲もブルースとヘヴィソウルで塗り固められたようなヘビー級大迫力の作品となった。私が愛してやまない所以であります。