werner puntigam

「KOKYU(BREATHING)」(ATS RECORDS ATS CD−0898)
WERNER PUNTIGAM RABITO ARIMOTO

 何度か来日しているはずのトロンボーンのヴェルナー・プンティガム(たぶんオーストリアのひと)が2017年に来日したときに有本羅人と共演して意気投合、有本が参加している芳垣安洋のモゴトヨーヨーがヨーロッパのフェスティバルに参加したタイミングでこのデュオの録音ということになったようだ(推測も混じっているのでほんまかどうかはわかりまへん)。まあ、ありがちな即興デュオ……という風に思うかたもいると思うが、これがめちゃくちゃ面白いのである。え? ほかの即興のアルバムとどこが違うの? と言われたら、それは私の耳がアホということになる。1曲目冒頭からスピーカーを潤すこの豊潤でアコースティックな響きは、このアルバム全体を通して展開されるわけだが、たった2本の管楽器による音色、ハーモニー、リズムがときにはまるでオーケストラのように聞こえ、ときには雑草のあいだで虫が鳴いているようにも聞こえる。それだけのふり幅がある音楽なのだ。トランペットとバスクラを吹く、という時点でもう有本羅人のセンスが卓越していることはわかる。普通は金管と木管を主奏楽器にするなんて考えるやつはいない。サックスはソプリロからコントラバスサックスまで、クラも全種類吹き、ピッコロからコントラバスフルートも操り、金管もときに吹く……みたいな多楽器奏者ならべつだ。有本羅人の場合は、もちろんトランペットが主たる楽器なのだが、バスクラもノイジーな演奏だけでなく、難しい譜面を吹いたり、ボーカルのオブリガードをしたり……というぐらいのこともしっかりできる技術を持っている。こういう言い方がわかってもらえるかどうかわからんが、「金管奏者と木管奏者、両方の気持ちがわかる」プレイヤーなのだ。これはじつは凄い強みではないかと思う。有本羅人のことを長々書いてしまったが、ここでのデュオは相棒のプンティガムも凄腕で、多彩な音色や豊富なアイデアを持つすばらしい即興演奏者である。微細な音からガツン! というトロンボーンならではのブロウまで自在にこなす。シェル(法螺貝)も吹く。このひとを知っただけでも本作を聴いた価値はある。ふたりの奏者が、(わざと)「ふっ」と触れるだけの演奏から、がっつり絡み合って「これどうなるねん」という深いもの、室内楽のように美しく淡いもの、エキサイティングなぶつかり合い、意外にメロディアスなもの、たがいを高めあうもの、こどもが遊んでいるような素朴でプリミティヴなもの、激烈なノイズ……などなど、ここには管楽器奏者が聴くとだれもがハッとするような「原点」のようなものが並んでいる。超絶技巧もあるが、それらはこれ見よがしに使われることはなく、あくまで自然体である。買ってからめちゃくちゃ聴いたが、全然飽きないなあ。録音もいいし、ほんとこういう即興デュオもピンキリであって、本作はもっとも上質な部類に属する傑作だと思う。聞いていて、聴き手である私の心が勝手に遊ぶ。あたりまえのようだが、そういうインプロヴィゼイションはなかなかないんです。もちろん、こちらの心の入り込みようのない、隙間のないがっちりした即興も好きだが、こういう昔ながらの即興が、新しい息吹きを注がれて、「今」のものになっているのを聴くのは本当にうれしいし、感動的だし、わくわくする。