michel portal

「BLOW UP」(DREYFUS JAZZ FDM 36589−2)
GALLIANO−PORTAL

 お見事っ、と叫びたくなるめちゃめちゃすごいアルバム。アコーディオンとクラリネットのデュオだが、オーケストラのようにきこえる部分もあるほどのダイナミックかつ濃密な演奏である。信じられないほどのテクニックとリズム感だが、それらを突出した要素と聴かせずに、ごく自然に演奏に奉仕させている点がまたニクイのである。ピアソラやエルメット・パスコアールの曲以外は全部ふたりのオリジナルだが、その曲がまたいいのです。一聴、ヒーリング・ミュージックというか、いわゆる癒し系風なところもあるし、また、そういう聴かれかたをしてまちがいではないかもしれないが、その奥にひそんだ燃え上がるパッションは耳が焼け付くほどに熱い。聴き出したら最後までやめることはできないし、耳だけじゃなくて、全神経が釘付けになってしまうほどの、一点の妥協も手抜きもないテンションに満ちた、しかも、同時にリラックスした両者の魂の邂逅がここにある。ミッシェル・ポルタルの登場の意義は、バスクラリネットという、ドルフィーによって持ち込まれ、一種のノベルティ楽器としてジャズの世界では認識されていた楽器に、クラシックの完璧な奏法をもって、あらたな局面を示したことにあると思うが、ほんと、もうやめてくれっ、と言いたくなるほどの名人芸です。うますぎる。ほんと、うますぎるわ、この人ら。なお、便宜上ポルタルのところに入れたが、本来、リチャード・ガリアーノとの対等のリーダー作である。

「!DEJARME SOLO!」(DREYFUS JAZZ FDM 36506−2)
MICHEL PORTAL

 某クラシック〜ジャズ専門店で捨て値で叩き売りされていた一枚。もちろん問答無用で買う。ポルタルのソロでっせー。俺なら、2000円でも買うけどなー。聴いてみると、無伴奏ソロではなく、オーバーダビングによる「ひとりアンサンブル」なのである。ジャズファンというものは、オーバーダビングという行為を嫌い、ダビングの一切ない状態こそがベストと考えている。コルトレーンの音源にアリス・コルトレーンがなにかをオーバーダビングしたときいたら、それを虫酸のように毛嫌いし、ダビングまえの音源こそ純粋だ、みたいな言い方をする。しかし、そんなこと言い出したら、最近のラップの音ネタとして使われているジャズってどうなのよ。元の音源に手を加えることがそもそも基本なのである。まあ、そんなことと同一視することはもちろんできないが、無伴奏ソロだろうがオーバーダビングしたものだろうが、結果がよけりゃあそれが一番ええわけだ。で、このポルタルのソロはどうかというと……これは凄い! めちゃめちゃ凄い、と言わしてもらおう。自分をバックに自分が吹く……これは簡単なようでむずかしいはずだ。他人が刺激してくれるからこそいろんなことが試せるわけで、自分がソロをするためのお膳立て部分を作るというのはなかなかできないと思う。曲ごとのアイデアが明確だし、めっちゃうまいのはあいかわらずだが、このアルバムでは、ポルタルは、普段以上にダーティートーンで荒れ狂っており、聴いていてものすごく興奮する。それは、いくら仕掛けても変化してくれないバック(しかも自分自身)に対して、いつもよりもアグレッシヴに吹かねば、という気持ちが出たのかもしれない。とにかくワイルドさと冷静さが見事にバランスした最高のアルバムで、ミシェル・ポルタルをはじめて聴くというひとにもすすめられる。

「DOCKINGS」(LABEL BLEU LBLC6604)
MICHEL PORTAL

 これはいいっすよ! ポルタルのアルバムのなかではどういう位置づけにあるのかわからないけど(まあ、ポルタルに駄作なしですからね)、めちゃめちゃかっこいい。いつものごとく、作曲能力に感心し、アレンジに感心し、テーマの吹き方に感心し、イマジネイションあふれるソロに感心し、神のごときテクニックに感心しているうちに一聴きとおしてしまう。ジョーイ・バロン、スティーヴ・スワローといったアメリカのジャズマンのサポートもすばらしい。中古で買ったのだが、こういうアルバムを売るやつの気がしれん。これを売って、今はなにを聴いてるのかなあ。気になる。タイトルは、アメリカのバンドとヨーロッパのバンドのドッキングという意味なのかも。