roberto ottaviano

「BLACK SPIRITS ARE HERE AGAIN」(DIW−917)
ROBERTO OTTAVIANO & MAL WALDRON

 ずっと探していたのだが、日本制作にもかかわらず、なかなか見つからず、中古でやっと入手できた。このロベルト・オクタビアーノというソプラノ吹きのことはさっぱり知らないが、イタリアではかなり有名なひとらしい。マル・ウォルドロンとソプラノのデュオということで、かなりフリー寄りのものを想像していたのだが、まったく予想とちがっていて、一曲目の「メモリーズ・オブ・ユー」などベニー・グッドマンもかくやと思えるような甘い演奏であった。コルトレーンの「ロニーズ・ラメント」あたりがややフリー寄りで過激な演奏だが、ほかは「フェン・ライツ・アー・ロウ」にしても「ジターバッグ・ワルツ」にしても「チュニジア」にしても「ジャンゴ」にしても、見事なまでに甘美で美しく、また、スウィングでありビーバップである。もちろんただのスウィングでもバップでもないのだが、ジャズのルーツみたいなものが、このイタリアのソプラノ吹きとビリー・ホリディやドルフィーと共演した黒人のピアノ弾きのデュオによって、より鮮明にうかびあがってくるような……そんな演奏だ。タイトルの「ブラック・スピリッツ・アー・ヒア・アゲイン」という思わせぶりな言葉も、内容を聴くと納得がいく。しみじみと心に染みわたるデュオである。

「UN DIO CLANDESTINO」(DODICILUNE DISCHI ED255)
ROBERTO OTTAVIANO & PINTURAS

 たぶんマル・ウォルドロンとのアルバムがあまりに良かったから購入したのだと思う。アコースティック・ギター、ベース、ドラムをバックに、正確な音程、完璧なアーティキュレイションで、ある意味淡々とソプラノを吹き上げていく(裏ジャケットには、サクセロを持った写真が載っているので、表記はソプラノだが実際にはサクセロを吹いているかもしれない)。全編、民族音楽がフィーチュアされる。1曲目はギスモンチの曲、2曲目はスペインの民族音楽、3曲目はラビ・シャンカールの曲、5曲目はスウェーデンの民族音楽、6曲目はエルメット・パスコールの曲、7曲目はマケドニアの民族音楽、9曲目はリトアニアの民族音楽、10曲目はスペインの子守唄……という具合で、とにかく選曲だけでもすばらしさがわかる。ギターがもうひとりの主役で、アコースティックギターとクラシックギターを使って民族音楽的な演奏をする。ギターの醸し出す空気感とリズムにソプラノのラインが絡みつくようにして奏でられるメロディは筆舌に尽くしがたい楽しさと情念と深みがある。ジャズ的なスリルもあって、言うことはない。ドラムもめちゃいい感じ。一聴、軽い演奏のように聞こえるが、聞き込んでいくにってこの深さにとりこになる。はまりまくったら出られまへんで。正直言って、ソプラノをここまで完璧に吹きこなれると、それだけでうっとりしてしまうのだ。このひとのミンガス集もあるらしいので聴いてみたいです。