itaru oki

「イロハウタ」(筆無精企画 FBPCD−001)
沖至ユニット

 みんな、聴けよ、このアルバムを! 沖至といえば、「しらさぎ」の印象が強い。トランペットに電気的にエコーをかけ、めくるめくような空間を演出したあのアルバムは昔、よく聴いた(本当は、一番好きなのは、宇梶昌二のバリトンではなく高木元輝のソプラノが入った、「インスピレーション・アンド・パワー」に収録されているバージョンなのだが)。個人的には「殺人教室」よりも「ミラージュ」よりも「しらさぎ」を気に入っているのだが、このアルバムは「しらさぎ」と同じぐらい気に入った。共演は、登敬三、船戸博史、光田臣……といった関西の精鋭。しかし、これが2003年に録音されたアルバムだろうか。まるで、70年代、日本のフリージャズが初々しい輝きを放っていた時代の録音を思わせる、魂のこもった演奏がつまっている。船戸さんはさすがにいろんな意味で「かなめ」であって、ラインにアルコに大活躍。光田臣は4ビートを基調にしたドラマーだが、ここでは猛者たちのしかけてくるフリーなソロに、鮮やかなレガートでシャープに反応していてすばらしい。日本一音のでかいテナーと私が思っている登さんの最高の演奏がかくもリアルに録音されたのは、アルバムとしてははじめてだろう。一番すばらしいのは、そういった若い演奏家たちのエネルギッシュな演奏と比較して、沖至が一歩もひかぬ若々しいプレイを繰り広げていること、そして、彼のリーダーシップがはっきりと感じられることだろう。やっぱりフランスに行ってたのがよかったのだろうか。フリージャズのリーダーたちが、よくもわるくも次々と演奏形態を変化させていったこんにち、あのころのみずみずしい感性を失わず、より円熟してなおかつフリーフォームに根ざした演奏を続けている沖至には頭がさがる(往来レコードの諸作もすばらしい)。それを一番よい形でパッケージしたこのアルバムの成功要因は、やはり「沖さんが久しぶりに日本に帰ってきた機会をとらえて、セッションをしました」のではなく、バンドがきちんとしたユニットとして機能しているからだろう。曲もアンサンブルも、たくみにソロをもり立てている。もっともっと話題になるべきアルバム。こういうのを聴くと、スイングジャーナルの年間ベストみたいなものがアホらしくなってくる。ジャズジャーナリズムはこういうアルバムをもっとプッシュせんかい。現在、フリージャズはこうしたマイナーレーベルや奇特な有志たちの努力によってしか記録できない状況なのだから。惜しむらくは、ここに大原さんが加わっていたらなあ……と無い物ねだりしたりして。

「イロハウタ第2集」(筆無精企画 FBPCD−002R)
沖至ユニット

これは、上記「いろはうた」に収録しきれなかった残り曲や残りテイク計三曲をおさめたもので、CDRで限定300枚というかたちで発売されたもの。ジャケットもほとんど一緒なので、買うときまちがえないように。中身だが、たしかにこれは出したくなるわなあ、と思うような上質のテイクばかりで、とくに一曲目のフリーインプロヴィゼイションは極上。二曲目は藤井郷子の曲で、20分を超える長尺なので一集目に収録できなかったそうだが、いろいろ仕掛けもあり、場面もどんどん変わっていくので聴いていて長さを感じない。三曲目は「いろはうた」の別テイク。三曲ともすばらしい出来映えだが、さすがに一集目とくらべると、アルバムとしての統一感は若干うすい。だったら、最初っから二枚組にすればいいのに……というわけにもいかんのだろうな。とにかく、まずは第一集を聴いてからこちらを聴いてほしいが、二枚そろえる価値は十分にあるアルバム。メンバー全員よいが、とくに登さんの熱血ソロはいつ聴いても胸が熱くなる。

「ANTHOLOGIE PARIS−LYON」(OHRAI RECORDS JMCK−1011)
ITARU OKI

 このアルバムは、「アンソロジー パリ〜リヨン」という名前どおり、パリの街やその郊外のあちこち、たとえば地下鉄の構内とか、街角の雑踏とか、公園とか、森の中とか……いたるところで録音した沖至と誰かとのセッションで構成されている。その「誰か」というのは、さまざまなミュージシャンでだけでなく、たとえば地下鉄の入ってくる音であったり、人々のガヤガヤいう声であったり、鳥の声であったり、野生の孔雀であったりする。そういったなかで、沖至はトランペットを吹き、笛を吹く。ときに朗々と、ときにしゃべるように、ときに口笛のように……。小品ばかり集めた一作なのに、なぜかすごい手応えがある。共演者はみなすばらしいが、古いフリージャズの良さも悪さも体現しているアーサー・ドイルがやはり圧倒的な存在感である。あと、孔雀も。ときどき取り出して聴くと、心がなごみ、何かをやろうという気にさせてくれるアルバムです。じつは沖さんの数多いアルバムのなかでも超重要作かもしれない、とふと思ったりして。

「殺人教室」(MOBYS 0013)
沖至

沖至のアルバムでいちばん好きなのは、「しらさぎ」もしくは「インスピレーション・アンド・パワー」に一曲だけ入っている沖グループの演奏(おなじ曲でほぼおなじメンバーだが、「しらさぎ」はサックスが宇梶昌二のバリサクで、「インスピレーション……」のほうは高木元輝のソプラノ。後者のほうがそのときの沖グループの演奏には合っていると思う)だったりするが、じつはアナログ時代に長いあいだ、このアルバムを聴きたくて、ずっと探していたのにめぐりあえず、CDによる再発で十年ほどまえにはじめて聴けた。ものすごく感銘を受けた。「しらさぎ」のようなふくよかで、ゆったりとした表現ではなく、ぎらぎらするような鋭い、抜き身のジャックナイフのように鮮烈で、切迫感のある血生ぐさいような表現に、鬼気せまる思いだった。タイトルの「殺人教室」というのも、どういう意味でそうつけたのか知らないが、内容にぴったりだ。当時のライナーを読むと、副島輝人と沖至、翠川敬基らとの座談会になっていて、そのなかで全員が繰り返し繰り返し、フリージャズではなくて「ニュージャズ」という言葉を使っているのが印象に残った。折に触れて聴きかえしているが、そのたびに、グループ全体から発せられる、異様ともいえる迫力というか、なにかに取り憑かれたような情念に打たれる。

「しらさぎ」(NADJA PA−3161)
沖至

 これを最初に聴いたときは、マジで感動したなあ。きちんと言うと、「インスピレーション・アンド・パワー」に入っている「オクトーバー・リボリューション」のほうを先に聴いたわけだが、そちらも心底感動して、それでこのアルバムを聴いたのだ。「インスピレーション……」のほうはサックスが高木元輝のソプラノで、本作はそれが宇梶昌二のバリサクに変わっている。ソプラノとバリサク……対極にあるふたつの楽器が交替したことがグループにどういう影響を与えたかを聴くだけでもおもしろいが、私はあまりに「インスピレーション……」のバージョンに心酔していたため、本作のバリサクが一時期は重たく鈍重に感じたこともあった(正直な告白)。でも、もちろんそれはまちがいであって、宇梶さんのバリサクはめちゃめちゃこのバンドに合っている。沖至のアルバムでどれか一枚……といわれたら本作を挙げる……ような気がする(ほかにも傑作が多いからなあ)。A面いっぱいをしめる「しらさぎ」という曲は、4人のメンバーがテーマをあわせたあと、それぞれ一人ずつ、無伴奏ソロをする、という趣向で、最初に聴いたときはそのコンセプトにぶっとんだ。アート・アンサンブルにもそういう曲があるが、沖至のこの演奏はもっと徹底的である。真似して、私もあるバンドでやってみたことがあって、伊福部昭のラドンのテーマを全員で演って、そのあとひとりずつソロをする、というパターン。ようするにパクったのですが、うまくいきませんでした(あたりまえか)。このアルバムに関していつも思うのは、ライナーノートのことである。副島さんによるライナーがものすごく大げさで笑えるのです。たとえば宇梶さんのことを、
「まず通常のバリトンの音を出し、管を震動させてその裏の音をダブらせ、リードの処から出る高音をかぶせていく。このハーモナイズを音楽時間の中に溶解させた上で再構築していくとき、宇梶の大脳中枢は火と燃えているに違いないし、聴く者を緊張の断崖に立たせる。宇梶は時間の速度変更執行人。宇梶クロノス」
サックスのハーモニクス奏法のことをここまで大仰に書いた文章はなかなかお目にかかれません。申しわけないなあ、と思いつつ、「宇梶クロノス」の箇所でいつも笑ってしまうのだった。

「MIRAGE」(TRIO RECORDS PA−7178)
沖至

ピアノに加古隆、ベースに翠川敬基、ドラムに富樫雅彦……という最高のメンバーを擁した沖至の一大傑作である。「殺人教室」や「しらさぎ」で見せたアグレッシヴかつ現代的な機材を使用した演奏とはちがい、あくまでアコースティックに徹したワンホーンの演奏で、曲を大事にした、しかも全体としてみてハイレベルのフリージャズになっている、という魔法のような作品。ジャケットがあまりにかっこよくて、一時、部屋の壁に飾っていたほど。いつまでも豪放一直線なだけでは飽きてしまうし、かといって透かすような演奏ばかりでは禅味はあるかもしれないがはぐらかされた感がつきまとう。本作はストレートなパワーとリラックスとが、非常にバランスよく入り混ざった状態というか、即興もジャズもすべてを心得た4人が、すばらしい素材を得て、自在に演奏した……というような、まさにこの時期のこの瞬間にしかありえなかった一期一会。本当に美味しい、じっくりと賞味したい豊穣のアルバム。

「LIVE」(P.J.L MTCJ−3015)
沖至ユニット

 ものすごくかっこいい瞬間が目白押し。とくに登敬三のテナーには目が、いや耳が点になるぐらい釘付けになる。豪快でテクニシャンで音がでかくてバップからフリーまでを自在に行き来する。日本でも有数のスタイリストだと思う。藤井郷子のピアノもソロにバッキングに大活躍だし、光田臣のドラムもシャープかつパワフルでこのバンドにはぴったり合っている。船戸のベースは堅実かつ奔放でこれもぴったり。もちろんラッパのふたりも堂々たるもの。唯一、よくわからないのはポエットリーディング(?)の白石かずこで、以前に生で聞いたときもそう思ったのだが、いやー、わからんなあ。嫌いだとかダメだとかではなく、「わからん」。そう言うしかありません。

「幻想ノート」(OFFBEAT RECORDS ORLP−1010 DMP128)
沖至

 これはずっと聴きたかったアルバムだが、今回の再発ではじめて聴けた。ダウトミュージックはえらい。今聴いても過激な「殺人教室」や幻想的かつ即興の極北を目指したような「しらさぎ」は当時の沖の代表作なのだろうが、本作も負けず劣らずの傑作だった。金管というものを前面に出したような即興、ストレートアヘッドなジャズ、吉増剛造のポエットをフィーチュアした曲……どれも今の耳にも新鮮で大胆、そして華麗に響く。共演者も全員すばらしいが、とくに藤川義明のサックスがすばらしい。この凄まじいサックスは、もっともっと評価されるべきだと思う。先日聴いて狂喜乱舞した高柳昌行の「アーカイブ1」における演奏とともに、藤川さんの最高の演奏がおさめられている。