mike nock

「EVERYBODY WANTS TO GO TO HEAVEN」(NEXOS JAZZ 86073−29
NEW YORK JAZZ COLLECTIVE

 リーダーはピアノのマイク・ノック。マイク・ノックといえば、私にとっては、ブレッカーをフロントにおいた「イン・アンド・アウト・アンド・アラウンド」(だったっけ?)という作品ぐらいしか知らないし、あとは、ああ、マーティ・エーリッヒとデュオをしてるひとね、程度の知識しかない。今回、どうして本作を買ったかというと、ひとつには中古だったこと、そして、彼以外のメンバーが、マーティ・エーリッヒ、レイ・アンダーソン、フェローン・アクラフ……となかなかすごいこと、この二点である。聴いてみると、マイク・ノックのコンポジションがめっちゃかっこよくて、それぞれのソロもさすがに熱く、「おお、めちゃめちゃええやん」と最初は満足していたのだが、二度目に聴くと、マーティのアルト&バスクラやレイ・アンダーソンのトロンボーンもそれなりにいいけど、自身のリーダー作ほど爆発しておらず予定調和の範疇というか、どこか「真面目にバップ」的だし(パロディ的ではない、という意味)、けっこう活躍しているジェイムズ・ゾラーというトランペットがめっちゃ普通で……いや、悪くはないのだが、あとの二人のフロントに比べるとあまりにちゃんとしていて、そのあたりが飽きてくる感じかも。ライヴだったら、もっとドカーンときていたかもしれないし、もしこれがジャズ喫茶とかでかかったら、多くのひとの共感を呼ぶ、非常に真摯でストレートアヘッドな、上質のアルバムだとは思うが、私はどうやら、マーティやレイ・アンダーソンのそれぞれのリーダー作のほうが好きなようだ。すんまへん。

「I DON’T KNOW THIS WORLD WITHOUT DON CHERRY」(NAXOS JAZZ 86003−2)
NEW YORK JAZZ COLLECTIVE

 なんと日本盤だった。すごい豪華メンバーだが、実質的にはピアノのマイク・ノックのリーダー作らしい(挟み込んであった紙にそう書いてあった)。マーティー・エーリッヒを中心に、バイキダ・キャロル、フランク・レイシーという3管で、ベースはマイケル・フォルマネク、ドラムはフェローン・アクラフとスティーヴ・ジョンズが交替で……という人選。アルバムタイトルにもなっている1曲目「我々はドン・チェリーのいないこの世界を知らない」(マーティー・エーリッヒの曲)というのは、本作の吹き込みがドン・チェリーが死んだ翌年の録音であることも関係ありそうだが、ほかの曲はとくにドン・チェリーとは関係ないような気もする。どの曲も3管ならではのアレジがしっかりほどこされていて、ソロも熱い。マイク・ノックなんて、あんまりそういうイメージはないのだが(私がよく聴いたのはブレッカーとやってる「イン・アウト・アンド・アラウンド」とかリーブマンとの諸作)、ここではかなり前衛的表現に踏み込んだソロもしていてかっこいい。とにかく曲もアレンジもがっちりとした「ジャズ」で、モードジャズ〜新主流派的(という言葉にはほぼ意味はないかもしれないが)な表現にちょっとフリーっぽいところまで……という感じだが、そういうこととは関係なく、とにかくやる気にあふれた熱い演奏で、聴いていて心地よい。エーリッヒはアルトにバスクラにフルートにと大活躍だが(8曲目のバスクラソロとか凄すぎるっす)、レイシーやキャロルもとてもガッツのある演奏でいい。オスティナートというか低音部のパターンがあるような70年代ジャズの香りのする曲が多いのも点数高い。ドラムもふたりともええ感じで、何回聴いても楽しい。でも、まあジャズはジャズであって、タイトルから連想されるような自由さとはちょっと違うかも。