lawren newton

「SKIP THE BLUES」(MEBYS/地底RECORDS MC−10019)
LAUREN NEWTON & MASAHIKO SATO

 冒頭、いきなり衝撃のはじまりかたで度肝を抜かれ、そのままローレン・ニュートンの歌(?)と佐藤允彦のピアノに胸倉をつかまれて引きずり倒され、そのあたりをずるずると引きずりまわされる……という状態が最後まで続く。ローレン・ニュートンがどんなひとかわかっていても本作は衝撃でした。まして、このひとを聞いたことがないというリスナーがいきなり聴いたらびっくりするんじゃないかなあ。25分ぐらいあるこのライヴ曲だが、ひたすら楽しくて面白くて、即興ヴォイスってこんなにおもしろくて笑えて感動的なものだったかなあ、と目からうろこになること請け合い。2曲目以降のスタジオ録音の5曲も一曲ごとにびっくりするような展開で、めちゃおもろい。とにかく超絶技巧であり、最高のエンターテインメントなのだ。それはローレン・ニュートンの凄さもあるが、佐藤允彦のピアノの素晴らしさがあってこそだ。ときにリードし、ときに伴奏し、それをすべて一瞬の判断による即興で行うこのピアノグレイトは、そのすさまじさを露骨に発揮している。ふたりの相性の良さがはっきりわかるのは、全体に漂うユーモアのセンスで、はっきりと「ギャグ」と言ってもいいぐらいに、客き爆笑をとっている。即興で、しかも、すべらないように「笑い」を表現するというのは、単にひとりがそういう風に思ってもできないことで、ふたりのセンスがばっちりあってるからだと思う。こういう風に書いていくと、お笑いインプロヴィゼイション? おちゃらけ? と思うひともいるかもしれないが、いやいや、これを聴いて感動しないひとはいないと思われるぐらいの芸術性があるデュオですよ。ただし、即興とかジャズとか一切聞いたことがないひとがこのデュオを聞いたとしても、まったく飽きずに聴きとおせて、人間の声ってすげーっと素直にわかってくれるだろうと確信できるぐらいわかりやすくもある。だれに聴かせたっていいぐらいに思うが、少なくともマンハッタン・トランスファーってかっこいいよね、と思ってるひとなら絶対大丈夫。おもしろがれること請け合い。ビバップ(6曲目に顕著)やモードジャズやフリーインプロヴィゼイションやノイズや現代音楽やオペラやポップスやロックや……いろんな音楽の要素を感じるが、なかには原始時代の咆哮までも感じる部分がある。何度聴いてもめちゃおもろい。よくぞこの音源をリリースしてくれたなあと地底レコードには感謝でいっぱい。おそらくかなりもとの音質は悪かったのだろうが、それをここまで聴くに堪える状態にした、というのは、演奏のすばらしさをなんとかCDとして広く伝えたいという情熱があればこそだろう。傑作。