oliver nelson

「LIVE FROM LOS ANGELS」(IMPULSE 0602498842256)
OLIVER NELSON’S BIG BAND

 オリバー・ネルソンのビッグバンドというと、フライングダッチマンの「スイス組曲」(ほら、ガトー・バルビエリとクリーンヘッド・ビンソンが入ってるめちゃめちゃ大編成のやつ)が有名であって、この作品はいわゆる「隠れ名盤」的扱いのようだが、私が学生のころは誰でも知っているアルバムだった。というのも、一曲目の「ミス・ファイン」をはじめとして、「マイルストーンズ」、「ナイト・トレイン」、「ダウン・バイ・ザ・リヴァーサイド」など、学生ビッグバンド御用達の曲がずらりとそろっているからである。だからといって、アマチュア向けのしょーもないアルバムではない。たとえば「ミス・ファイン」はどこがどーっちゅうことのない、もりあがりどころのないだるい曲なのだが、これが実際に演奏してみると非常にむずかしい。こういう曲を軽ーく一曲めにもってくるあたりが渋い。「マイルストーンズ」では、フランク・ストロージャーのアルトとトム・スコット(!)のテナーがフィーチュアされ、最初はストロージャーのアルトがモーダルなソロを吹く。私はだいたいアルト嫌いなので、このひともあまり好きではないが、こういったソロならOK。そのあとふたりのバトルというか同時吹きになって、かなり盛り上がり、それからトム・スコットのソロ。ドラムがエド・シグペンという、どう考えても「だいじょうぶか、あんた」的な人選だが、これがばっちりで、いやー、エド・シグペン、ビッグバンドもいけるんですね。「アイ・リメンバー・バード」では音的にも音程的にもやばさを感じさせるストロージャーだが、「マイルストーンズ」ではかなりがんばっている。そのあと、「ナイト・トレイン」、「ギター・ブルース」と二曲、メル・ブラウンのブルースギターがフィーチュアされるが、このひとは完全にブルース的だが、ときどきツーファイヴのところなどでコードチェンジに忠実なスイング〜ビバップ的なフレーズがひょっこり出てきて、なんだか違和感あり。「ダウン・バイ・ザ……」ではトランペットセクション全員のバトルがフィーチュアされ、フレーズで勝負するもの、ハイノートで俺が俺が的に行くもの、いろいろあって飽きさせない。ちなみに、「ナイト・トレイン」、「ダウン・バイ・ザ……」の二曲はジミー・スミス〜ウエス・モンゴメリーの「ダイナミック・デュオ」とアレンジはほぼ同じ。

「THE BLUES AND THE ABSTRACT TRUTH」(IMPULSE VIM−5561)
OLIVER NELSON SEXTET

 もちろん傑作だし、その原動力はリーダーのオリバー・ネルソンの編曲手腕によるものだが、私の印象では、本作は、「エリック・ドルフィーのソロを際だたせることを目的としたアルバム」である。小編成で最大限の効果をあげているすばらしいアレンジも、フレディ・ハバード、ビル・エヴァンス、そしてリーダーネルソンのソロも、すべてドルフィーを輝かせるために存在する、といったら問題あるだろうか。あるだろうな。もちろんそんなことはないのですが、結果的に本作はドルフィーのためのアルバムとなってしまった。だって考えてもみてください。このアルバムにドルフィーが参加しておらず、「続ブルースの真実」のようにフィル・ウッズだったら……。それなりに優れたアルバムにはなっただろうが、こんな風にジャズ史に燦然と残る大傑作となっただろうか。タイトルの「ブルースの真実」というのも、エリック・ドルフィーという稀有の黒人ミュージシャンのなかにあるブルースをデフォルメした形でオーケストレイションしてみました、という意味ではないかと深読みしてしまう。言うまでもなく、「ブルースの真実」のブルースとは、オリバー・ネルソンのなかにある「ブルースの真実」であり、それを表現するためのツールのひとつとしてドルフィーがあったことはまちがいないのだろうが、どう聴いても、ドルフィーにとってのブルースをネルソンが拡大した、という風に聴けてしまうのが、ジャズの怖ろしいところだ。しかし、いずれにしてもすばらしい作品なので、とくにオーケストレイションに興味のあるひとは必聴だと思います。私は高校のときにはじめて聞いて、いまだに聴き続けているが、正直「続ブルースの真実」はいつ買って、最後に聴いたのがいつだったかまるで覚えていない。正編と続編でこんなに差がつくなんて……というのは、やっぱりドルフィーの参加・不参加が鍵なんじゃないでしょうか。 アルバム全体を通してびんびん感じる「気品」というか「テンション」も味わいたいです。