teruo nakamura

「UNICORN」(THREE BLIND MICE RECORDS TBM(P)−2518)
TERUO NAKAMURA

 なんとなくバラバラな、統一感の希薄なアルバムなのだが、めちゃめちゃ好き。まあ、私がそんなことを言わなくとも、昔からグロスマンフリークのあいだでは有名な作品であったが。私は中村照夫とライジング・サン・バンドのアルバムは、例のカーネギーホールの二枚組と本作しか持っていないが、それはやはりグロスマンを聴きたいという気持ちが強いからだろう。もちろん本作でもおなじみの「ニュー・ムーン」その他でグロスマンは大活躍しており、とくに「サム・アザー・ブルース」のテーマの吹き方はコルトレーンのオリジナルよりもずっとかっこよく、一時は関西のテナー吹きはみんなこのテーマの吹き方を真似していた(私も真似してみました)。ドラムのムザーンもやかましくていいし、ボーカルフィーチャーの曲(とくに「アンダースタンディング」と言う曲が強烈に印象に残る)もおもろいし、バラバラというより、おもちゃ箱をひっくり返したような楽しさがあり、しかも、ファンキーさとハードコアなテナーブロウもちゃんと味わえる、という意味で、ほんとにすばらしいアルバムだと思う。ジャケットも秀逸。

「TERUO NAKAMURA AND RISING SUN BAND AT CARNEGIE HALL」(AGHARTA C25R0026)
TERUO NAKAMURA AND RISING SUN BAND

 これも学生時代からずっと聴いているアルバム。先輩に下宿に行くと強制的に聴かされたので、そのうちに身体に染みこんでしまい、このアルバムなしでは生きていけない身体になり、買ってしまうのである。最近は本作のことを「知らん」とかいうやつもいるので強く言っておくが、テナーをやるひとはみんな聴かないとだめっすよ。なにしろ絶頂期のグロスマンとこれから絶頂期を迎えようかというボブ・ミンツァーの2テナーにゲストとしてランディ・ブレッカーが加わるというフロント陣なのだ。もちろんリズムも強力だが、そっちは凄腕のバカテクミュージシャンを集めたというより、グルーヴに重点が置かれた人選のように思う。とにかく1曲目のスカスカのグルーヴが心地よくてたまらんのです。ええ曲やー。最後にようやくサックスがバトルをはじめて、いよいよこれから……というあたりでフェイドアウトするという信じられないぜいたくな作り(というか腹立つ)だが、これはたぶんほっといたらいつまでもやってる連中なので、これでいいのだろう。2曲目はグロスマンっぽいというかランディっぽいというか複雑なテーマをファンキーなリズムに載せたタイプの曲で、かなり速いテンポ(途中ちょっと4ビートになる構成)。荒いギターソロのあと、超かっこいいテナーソロ(たぶんミンツァー)が延々続く。これを聴かなきゃダメよダメよダメなのよ。当時の最先端のモダンなフレーズがばんばんはまりまくる快感。そしてランディのフリューゲルソロ(これも超かっこいい)。最後はグロスマン登場でこれはひたすら自分が好きなフレーズを吹きまくる感じで、音色にも気を使いまくったミンツァーとは対照的に細かいことはきにしない感じの無骨な、個性が出まくったソロでこれまたかっこいい(ライナーに載ってる見開きの集合写真にも、やはりというかグロスマンは写っていない)。ドラム〜パーカッションの見せ場があってテーマ。B面1曲目はこれもゆっくりしたスカスカのグルーヴの曲で、アレンジがバシッとしている。テナーソロがフィーチュアされるが、間をいかした絶妙のノリのソロで、これもめちゃかっこいい(たぶんグロスマン)。ラストはスペーシーな(サン・ラっぽい?)イントロから導き出されるハリー・ウィタカーのバラード。ミンツァーのシャープな音色の美しすぎるソロがフィーチュアされる。そのあとのランディのソロもすばらしい(まるでお手本のようなソロ。悪い意味じゃないっすよ)。おそらくハリー・ウィタカーだと思われるエレピのソロも哀愁です。最後の最後にグロスマンの傍若無人なソプラノが響き渡るが、ほかの楽器に埋没していく。全体として、びしびしにアレンジでかためたようなところがまるでないのも、このバンドの特徴で、かなりゆるい。そこがフュージョンというより「ジャズ」を感じさせるところだ。もっとテナーのソロを聞きたい、というひともいるだろうが、そういうアルバムのコンセプトではないので、これはしかたがない。傑作。