shuji morita

「準備万端」(SASAGE RECORDS SRCD−1402)
メキシコトリオ+浅川太平

 真っ向勝負のジャズ。たとえば70年代あたりの、ガッツのある日本ジャズを連想するような、熱く、虚飾のない、ひたすら真摯で一本気でまっすぐなテナーのワンホーンカルテット。オリジナルでかため、ビバップ〜モード〜フリーを行き来しながら、煮えたぎるようなブロウでそこを突きぬけようとする「ジャズ」を感じた。6曲目、8曲目、10曲目あたりのバラードにもこのテナーのひとの音色やアーティキュレイションなども含んだ表現の巧みさが現れている。ソプラノも見事。ああ、上手いなあ、ではなくて、ああ、ええなあ……と音楽を聴くときの本来の感動が素直に口をついて出るタイプの演奏で、とてもはまった。それにしてもええ曲書くなあ。ベースはあいかわらず、豪快のようでじつは細かいところに手が届くワンアンドオンリーのすばらしい演奏。ドラムも堅実(これはとても重要)かつ個性的で軽々とスウィングし、細部にも気配りがある。ゲストのピアノも大活躍。エレピもいい味を出している。こういうある意味剥きだしの、ジャズの「芯」みたいなものを飾り気なくドーンと突きだしてくるような演奏は、今は案外貴重なのかもしれない。めちゃくちゃ気に入った。でも、どこが「メキシコ」なのかはまるでわかりませんでした。