keiki midorikawa

「GRUNE REVOLUTION」(OFF BEAT RECORDS ORLP−1012)
KEIKI MIDORIKAWA

 じつは、翠川敬基の一作目「ファイヴ・ピース・オブ・ケーキ」を持っていたのに、あるときお金に困って売ってしまったのである。これはいまだに後悔している。思えば昔は、レコードを買ったり売ったりを繰り返していたので、自分が今なにを持っているのかがよくわからなかったものだ。その余波で、いまでも、あのレコード、たしか持っているはずだよな、思って、探してみるとどこにもなかったり、売ってしまったはずだ、とCDで買いなおしたら、ひょこっと見つかったりする。本当はリストをちゃんとつけて、売ったら消していくのがよいのだろうが、なかなかそうはいかない。私もそんなことをして喜んでいたのは学生のころまでである。さて、本作はたぶん一生手放すことはないだろう傑作である。CDになっているのかどうかはしらないが、A面を高柳昌行(しかもアコースティックギター)とのデュオ、B面を佐藤允彦とのデュオで占めた、長尺2曲というアルバムだが、どちらの演奏も手応えありまくりで、正直言って、管楽器の入っていないアルバムは苦手な私が、毎回聞き惚れてしまう。こういうのが、私が一番好きな「聞き手の心を遊ばせてくれる」タイプの即興なのだ。どちらの演奏も、最後までまったくダレず、テンションをキープしたままだ。そんなのあたりまえじゃん、という人もいるかもしれないが、いやー、なかなかできないことですよ。多くのレコードにおいて、途中でダレ場がある即興演奏が収録されている。真剣にやっていればいいというものではない。やっぱり音楽性であり、腕であり、いかに高みを目指しているか、なのである。

「COMPLETE GRUNE REVOLUTION」(OFFBEAT RECORDS ORLP−1012 DOUBT MUSIC DMHRP129/130)
KEIKIMIDORIKAWA

 いやー、びっくりしました。こんなことがあるんだなあ。高柳昌行とのデュオ、および佐藤允彦とのデュオをレコードの両面におさめた「緑色革命」は愛聴盤だったが、それが収録されたコンサートでは、LPには入りきらなかった富樫正彦とのデュオが行われていて、その音源を付け加えたまさに完全盤が長い年月をへて登場したのだ。これはまさに驚愕に値することだが、その内容がまたすばらしくて、もうめちゃめちゃいいんです。これが未発表……ということの意味がわからん。もうすばらしくて、何度聴いたことか。しかもですよ、高柳、佐藤とのデュオも、LPの音源とはべつの音源(客席でカセットテープで録音されていたものらしい)から改めて収録しなおしたらしく、つまりは完全盤といいつつも、LPとはまったく別物といってよい作品になっている。そして、そのカセットを使った音のほうが、私の耳には良い音に感じられるのだから、これはダウトミュージックの英断であろう。もういちど書くが、こんなことってあるんだなあ。もちろんもとのままでも名盤だったのだが、この再発(?)によって本作品はフリージャズ史に燦然と輝く大傑作としてだれでもたやすく聴けることになった。万歳っ。