joe mcphee

「A MEETING IN CHICAGO」(OKKA OD12016)
JOE MCPHEE/KEN VANDERMARK/KENT KESSLER

 便宜上、マクフィーのところに入れた(名前が一番最初に書いてある)が、3人対等のアルバム。1996年録音というから、けっこう古い(97年に8THデイミュージックディスクというところから出たものの再発らしいが、出た翌年、よそから再発というのはどういうことか)。ヴァンダーマークとジョー・マクフィー、ケント・ケッスラーという組み合わせ。ドラムがいない分、ふたりの管楽器奏者の音がリアルにきこえてくる。正直なところ、ヴァンダーマークは、サックス、ベース、ドラムというトリオだと、メンバーにあまり関係なく同じような内容になってしまうので、こういう変則的組み合わせのほうが、いつもとちがう展開になり、それだけでも聴く価値あり。しかも、相手がジョー・マクフィーとケッスラーなのだから、いうことなし。ジョー・マクフィーという人は、すでに巨匠だと思うが、こういうセッティングは実にあう。緩急自在の展開で、ふたりの管楽器奏者がときに協調し、ときに反目し、すばらしい瞬間をつくりあげる。それをケッスラーが骨太のベースでしっかりとささえ、ときどきソロで突出した自己主張をする。また、トリオのセットだけでなく、それぞれのソロやデュオなど、曲ごとに編成もかわり、とくにヴァンダーマークとマクフィーのデュオは心躍る。たまに聴くとすごくはまるアルバム。

「GUTS」(OKKA OD12062)
MCPHEE/BROTZMANN/KESSLER/ZERANG

 ブロッツマンとシカゴ派という組み合わせのなかの一枚で、ドラムがマイケル・ツェラングというところが鍵か。ブロッツマンもマクフィーも、豪快に吹きまくっているのだが、めちゃくちゃやり倒す、というほどではない。そのあたりの微妙なバランスがいい。私は気に入ったし、非常に楽しく聴けたが、「ガッツ」というタイトルからは、もっと破天荒で半ば崩壊したようなパワー一辺倒の吹きあいを想像していたので、ちょっと肩すかしか。でもね、このぐらいがいちばん音楽としてはいいかもしれませんよ。何度聞いてもこっちがしんどくならず、また聴こうという気になるから。それに、4人ともじつにいきいきと自由にやっている感じが伝わってくるし。ジャケットに載っているジョー・マクフィーの写真がやけにかっこよくて、4人が楽屋で並んでいる写真もヤクザ以外のなにものでもない。いやー、極道たちですなあ。音の極道。ブロッツマンが例によってジャケットデザインを担当しているが、裏ジャケの自分の名前のつづりをまちがえているのはどういうことか(BROETZMANNとなっている)。

「BETWEEN」(OHRAI RECORDS JMCK−1016)
JOE MCPHEE & SATO MAKOTO

 ジョー・マクフィーは大好きなテナー奏者だが、トランペット奏者としてはどうかな……。本作にも、ラッパを吹いている曲がけっこう入っているのだが、オーネット・コールマンのトランペットのように、どうもいまひとつピンとこない。マクフィーのラッパは、たぶんかなり遊びの要素が強い演奏で、正直なところテナーのほうが好きである。しかし、マクフィーがラッパなどのほかの楽器を吹く理由は、おそらく演奏の袋小路を脱却したい、ということだと思う。演奏としてはサックスで十分究極を極めている。しかし、そんな慣れ親しんだサックスでも、ときに馴れ合いになったり、マンネリになったり、演奏中、どうしても越えられない壁があったりするものだ。それを越えるにはあがいたりもがいたりするしかないが、自分の主奏楽器でないものをひょっと吹くことで案外乗り越えることができたりするものである。それマクフィーにとっての金管だと思うが、ここでのマクフィーはそういった主奏楽器でないものもうまく使い、即興の幅をひろげている。ジョー・マクフィーといえば、ほかにいくらでも主要なリーダー作を上げることができるのだが、本作もなかなかよい。やはり、サックスを吹いた曲のほうが総じて出来がいいと思うがどうか。

「TOMORROW CAME TODAY」(SMALLTOWNSUPERJAZZSTSJ148CD)
JOE MCPHEE PAAL NILSSEN−LOVE

すごく楽しみにしていたニルセンラヴとマクフィーのデュオ。最近のニルセンラヴはこういったデュオでも、演奏の方向性を決めてしまわずに、じつに自由自在に自然な展開をとることができて、円熟という言葉を使いたいぐらいだが、ここでもヴァンダーマークやグスタフスンにくらべて「自由人」であるジョー・マクフィーに対して、真っ向から全身全霊でぶつかってはいるが、その音数に比して、けっして相手を阻害したり、俺が俺がといった感じになっておらず、ほんとうにうまくブレンドしている。マクフィーはときに激しくドスの利いたブロウを展開し、ときには童歌というか鼻歌みたいなフレーズをちゃらちゃら吹いたり……これはいいなあ。久しぶりに魂を遊ばせてもらったような気がした。こういうデュオは大好きです。なお、私のもっている盤はレーベルになーんにも印刷されていないのだが、どれもこうなのかな。

「ALTO」(ROARATORIO ROAR17)
JOE MCPHEE

へー、ジョー・マクフィーのアルトソロかあ、となにげなく注文したのだが、届いてみるとLPレコードだったので驚いた。ジャケットは、和紙みたいなものを両面テープで貼り付けただけのええ加減なものだが、その手作り感もよい。「アルト」というタイトルだが、アルトサックスだけでなくアルトクラリネットも吹いている。ライヴだが、あいかわらず抽象的で繊細、そしてブラックミュージックを感じさせる演奏ですばらしい。両面通して何度か聴いたが、聴けば聴くほど味わいのでてくるスルメのような演奏。しばらく寝かせておいて、また聴いたときにどんな感触を受けるか楽しみだ。ソプラノ編もでているようだが、そちらは未聴。

「BLUE CHICAGO BLUES」(NOT TWO RECORDS MW841−2)
JOE MCPHEE INGEBRIGHT HAKER FLATEN

 これも傑作じゃないでしょうか。ノットトゥーレーベルはすごい。このデュオのメンバーを見るだけで、ある程度の成果は期待されるが、聴いてみるとこちらの期待を越えていた。うーん……タイトルが「ブルース・シカゴ・ブルース」で、フレッド・アンダーソンに捧げているというだけでも涙がちょちょぎれるが、もちろん全編即興で、ブルース形式のものは(たぶん)一曲もない。しかし、こういうときによく使われる「ブルースではないが、ブルースを感じさせる」という表現は、たいがい「お世辞」に近い場合が多いと思うのだが、本作はまさに言葉の額面通り、ひしひしとブルースを感じる。これはマクフィーというひとの本質がそうなのだろうなと思う。そして、あいかわらずフラーテンもウッドベースとは思えないパッションあふれる演奏で、ベースから破壊音、破裂音など多彩極まりない表現を引きだしており、まさにふたりでオーケストラ。このすばらしい演奏がフレッド・アンダーソンに捧げられているというのがもう個人的には感動なのだ。マクフィーとフラーテンでは年の差もかなりあると思うが、そういう世代間の溝をこえてこのすばらしい即興が行われたことに感謝。これは当分愛聴盤になるでしょう。なお、プロデュースもふたりでやっている対等の作品だと思うが、裏ジャケットにポエムを載せているマクフィーの項に便宜上入れた。

「MANHATTAN TANGO」(LABEL USINE1008)
JOE MCPHEE & JEROME BOURDELLON

 あー、これはおもろいわ。マクフィーがサックス類を使わず、全編ポケット・トランペット(とヴォイス)に徹しているし、相手もフルート類だけ(リード楽器を演奏しているように聞こえたりするのがすごい。このひとはよほどうまいと思う)なので、買ったときはどうかなーと思ったのだが、めちゃめちゃ良かった。ヨーロッパのレーベルで、ライナーもフランス語だが、録音はニューヨークのロフトで、全編即興のライヴ。いやー、マクフィー節を堪能しました。濃いなあ。ジョー・マクフィーというひとは、誤解を恐れずにいうと、すごく楽器がうまい!というわけではないと思う。というか、楽器をいわゆる西洋的なセオリーに従って習熟することについてあまり意味を見いだしていないのではないか。サックスなどのリード楽器とトランペットなどのブラス系を両方演奏する姿勢にもそれは現れているように思う(私見だが、アルトクラリネットがいちばんうまいような気がする。低音から高音までのコントロール、木管としての音色などじつにいい)。フリージャズ初期にはあえてそういう道を選ぶミュージシャンが多数いたが、今は少ない。今のミュージシャンは楽器はめちゃめちゃうまく、どんなタイプの音楽でもどんな素材でもどんな複雑なフレーズでも演奏でき、理論や楽典にも通じているが、そのうえであえてフリージャズを選択している……というひとが多いが、マクフィーはそうではなく、古い時代の生き残り的に「異常なまでの個性と表現力」を前面に出すタイプだ。こういうひとを聴くと、彼の持っているもの凄いエネルギーがこちらにも流れ込んできて、元気になる。マクフィーなら、正直、楽器なんかなくても、ヴォイスだけとか机のうえを指で叩くだけでも1時間ぐらい客の耳をひきつけることができるだろう。このデュオも、演奏としてはけっこうおとなしいのだが、そこからほとばしる熱気、情熱などをビシバシ感じる。感動的といってもいい演奏だ。ユーモアもある。相方のジェローム・ブーデロン(と読むのか?)完璧な相方を務めていて、まったくマクフィーと対等のデュオだと思う。すばらしい。ディスクユニオンの中古で1000円だったのだが、めちゃもうかった。

「JOE MCPHEE,EVAN PAKER,DAUNIK LAZRO」(VAND’OEUVRE SEMANTIC750)

 3人のサックス奏者によるトリオだが、タイトルがシンプルちゅうか、そのまますぎるやろ。でも、中身はめちゃくちゃよかった。死ぬほどよかった。すごくよかった。1曲目は3人による演奏で、(おそらく)ソプラノ2、アルト1の高音域中心の繊細な即興で幕を開ける。ある意味型どおりな感じの、手探りのような微妙な応酬がかなり続いたあと、エヴァン・パーカーのソプラノソロになる。循環呼吸を使ったこのソロがめっちゃいい(相変わらず、と付け加えてもいい)。それが佳境に達したところで、ほかのふたりが被さってくる。もう手探り感はない。ここからさまざまな展開になっていくのだが、ジョー・マクフィーのアルトは骨太で「フリージャズ」という感じ。パーカーのソプラノはきらきら輝いている。ラズロのアルトはハーモニクスを効果的に使ってクールに自己主張。このあたりの面白さは筆舌に尽くしがたい。14分ぐらいしたあたりから、ものすごくディクレッシェンドしていき、微細な音でのやりとりが続く。それがまた次第にクレッシェンドしていく。マクフィーとラザロのアルトデュオも楽しい。まるで兄弟のような、まるで他人のような。そしてまた3人になる。結局、どれも同じやんか、というひともいるかもしれないが、私はやっぱりこういう演奏が好きだ。20分ぐらいして、はじめてメロディー的なものが出てきて(あくまで「的」です)、やりとり中心の即興から微妙に移行しはじめる。あー、めっちゃかっこええ。即興リフとハーモニクスの結合。マクフィーのアルトソロになるが、かなり延々と続くさすがにめっちゃいいソロだ。やはりフリージャズっぽくてス・テ・キ。ここでラズロがバリサクに持ちかえるが、ここからがまたすごいんだよ。パワーが倍増した感じ。そしてエヴァン・パーカーがテナーに持ち替え、3人での即興は熱を帯びていく。そして、またクールになり、吹き伸ばしによる幽玄な響きのなか、37分に及ぶ即興ドラマは幕を閉じる。2曲目は、マクフィーとパーカーのデュオ。マクフィーはポケットトランペットでパーカーはテナー。楽器のせいか、いきなりフリージャズっぽい。そうそう、フリージャズっぽく聞こえるとか、インプロヴィゼイションっぽく聞こえるとか、ノイズっぽく聞こえるというのは、多分に楽器チョイスのせいもあると思う。マクフィーが唾液を飛ばしながらのいきいきした力強い表現はやはりブラックミュージック的に感じるし、それに答えるパーカーのアタックの強いタンギングでのスタッカートが作り出すリズムも、伝統からのイマジネーションを感じる。3曲目はパーカーとラズロのデュオ。パーカーはテナーで、ラズロはアルト。これは、技術というか上手さを感じさせるデュオ。寄り添ったり離れたり、ふたりとも(当然だが)どういう瞬間にどういう音を出すべきか、どういう風に吹けばその音が出るかを完璧にわかっている。それだけに、スリルはないといえばないが、だからといってマイナスなことはない。4曲目はまた3人による演奏。マクフィーのアルトクラリネット(らしい)ソロで始まる。かっこいい。パーカーがソプラノで加わり、しばらくはデュオ。突然、循環呼吸による反復フレーズを駆使した激しいパートに突入。手に汗握る。マクフィーが吹き止め、パーカーとラズロ(アルト)のデュオになる。リズミックなフレーズによる応酬に、マクフィーがトランペットに持ち替えて参加。混沌とした状態になる。そののち、アルトクラリネットとアルトサックスによる少しメロディっぽい部分が表出して、それからラズロの朗々としたアルトソロになる。ここもめっちゃええ。3人になって、またメロディックな吹き伸ばしを多用したパート。全体にマクフィーのアルトクラがええ味を出している。坂田明にも感じることだが、アルトクラリネットという楽器はバスクラと比べても、なかなか効果的な使い方ができる優れた楽器だと思う。そして、ものすごく小さ区、柔らかい音でのロングトーンになり、牧歌的というより不気味な印象の演奏に推移。ときどき、悲鳴のような高音が聞こえるなか、終演となる。最後に拍手が来て、「え? ライヴだったの?」とびっくりするが、ライヴとしては相当細かいところまで気持ちの行き届いた、繊細さと緊張感のあるすばらしい演奏だと思います。だれや、こんなええCD売ったやつ(ユニオンで1000円だった)。3人対等の演奏だと思うが、最初に名前の出ているマクフィーの項に入れた。

「SONIC ELEMENTS」(CLEAN FEED CF278CD)
JOE MCPHEE

 ドン・チェリーに捧げたポケットトランペットソロ2曲(演奏は切れ目がない)と、オーネット・コールマンに捧げたアルトサックスソロ2曲(演奏は切れ目なし)によって構成されたソロコンサート。マクフィー自身によるライナーノートがかっこいいので読み逃さないように。マクフィーは、トランペットの音をねじ曲げ、息の音と唾液とよだれと肉声と呻き声でまみれさせる。およそ「楽器」を演奏しているとは思えない態度を終始貫き通す。そこから深いブルースがにじみ出してくる。詩のようなものを朗読するような部分もあるが、なにを言ってるのか私の耳ではわからない。(おそらく)水を入れたバケツかなにかにラッパを突っ込んで吹いている箇所もある。ごぼごぼ……という腐敗した汚らしいドブ川のような音、ぶっ、ぶっ、ぶごっ……という放屁のような音などがするが、そこからも醜悪なブルースが湧きだしてきて、人間的な、あまりに人間的な「美」へと変化していく。呪詛のような悪魔じみた歌と大勢の衆生の叫ぶ声に似たトランペットの音が同時に奏でられ、この楽器の計り知れない可能性を感じさせる。アルトサックスは非常にストレートに吹奏されるが、あいかわらずのヘタウマぶりですばらしい。このひとのサックスは、小学生がリコーダーで遊んでいるような感覚がつねに失われないところがいい。ときおり叫んだり、キーをかちゃかちゃいわせたり……というのもその場での思いつきでやっているわけだが、まるでこどもがいちびっているようだ。こういう人間味溢れるソロサックスを聞くと、エヴァン・パーカーやジョン・ブッチャー、ウルス・ライムグルーバー、スティーヴ・レイシー、ミッシェル・ドネダ、ヴァンダーマーク、グスタフソン……といったひとびとのソロに比べて、まったく別次元にいると思わずにはおれない。楽器の表現の極北を目指す……なーんてことは一切考えていないのだ。音色を磨こうとすら考えていないようにも聞こえる。要するにその場での思いつきをすぐに音にするという意味合いにおいて「鼻歌」なのだが、その鼻歌を真剣に、全身全霊をかけて、魂をこめて演奏しているのだ。こんな重い鼻歌があるだろうか。楽器と戯れているだけ……としか思えないが、それは実際には非常にむずかしいことだ。無心に楽器と遊ぼうと思っても、いろいろなものが邪魔をする。それは邪念、雑念であったり、理論であったり、テクニックであったり、客ウケであったり、演奏時間であったりだが、もしかしたらオーネット・コールマンとドン・チェリーが「発明」し、ジョー・マクフィーが受け継いだのは、そういった「なーんにも考えないで演奏する」ということではないか、とかわけのわからないことを思ったり思わなかったりしながら楽しく聞きました。

「IBSEN’S GOHSTS」(NOT TWO RECORDS MW876−2)
JOE MCPHEE・JEB BISHOP・INGEBRIGT HAKER FLATEN・MICHAEL ZELANG

 2009年のオスロでのライヴ。シカゴの猛者たちの、フラーテンの故郷への出演。ブロッツマンテンテットの一部メンバーによる演奏……なのかどうかはわからないけど、なかなか面白そうということで購入したのだろうか。じつはいつどこで買ったのかまるで覚えていないのです。もしかしたらフラーテンがらみのライヴの物販かもしれない。5曲のインプロヴィゼイションが入っていて、譜面ものは一切ないようだが、この4人だと即興も譜面も関係なく、テンポやリズムが自然発生的に現れて、それに乗ったノリノリのソロが出てきたり、またぐじゃぐじゃの集団即興になったりと変幻自在で、楽しいったらありゃしない! とレトロに叫びたくなる。とにかくずっとグルーヴがあるんですよ。最近「グルーヴ」という言葉をやたらと使う音楽評論は鬱陶しいなあと思うけど、このアルバムについては使ってもいいんじゃないかと思う。マクフィーはテナーに専念していて、それも聴き所(マクフィーのテナーはドスがきいていてすばらしいですからねー)。フリージャズ〜インプロヴィゼイションをやっているミュージシャンも数多いが、なかなかマクフィーの境地に達するのはむずかしいですよ。ほんと、好き放題だからな。本人に言わせたら、いろいろインタープレイとかその場の音楽性とか考えてやっとるんじゃ! と怒るかもしれないが、「すんまへん、わては勝手にやらせてもらいまっせ」と宣言しているとしか思えない。自由とはこういう演奏なのだ。ジェブ・ビショップはさすがで、このひとは耳がよくてテクニックがめちゃめちゃあるので、フリーなものでもなんでもしっかりと安定した演奏で筋を通す。いくら逸脱しても、でたらめの極地、みたいなことにはならず、それがとても気持ちがいい。フラーテンはやっぱり狂っていて、とくにアルコのとき、こいつ何考えてんねん、ヤバイんとちゃうかと思う。素敵。ツェラングもパーカッション的なアプローチのときにとくに面白いし、ソロもなんだかめちゃくちゃでいい。どの曲もどんどん局面が変わっていくので、結局ひとつの長ーい演奏のようにも思える。なんというか、中核になるひとがひとりいるというタイプの即興ではなく、4人が完全に対等な感じなので、求心的な盛り上がりはないのだが、その分、協調的に昂揚していく感じがあって、とても心地よいです。もし、この会場にいて生で見てたらものすごく感動したと思う。おいしい瞬間がたびたび来るので、ずっと集中して聞いていないと聞き逃すよ!

「LONLIEST WOMAN」(CORBETT VS.DEMPSEY CVSDCD0008)
JOE MCPHEE PO MUSIC

 1981年にスイスで録音された9人編成での演奏。どうやらハット・ハットで出ていたものが31年の歳月を経てCD化されたということらしい。「ロンリー・ウーマン、テイクワン」という声のあと、ベースが掻き鳴らされ、あのテーマが合奏される。もともと、胸を掻きむしられるような哀愁の感じられる曲を、これでもかこれでもかと悲痛に盛り上げていくものだから、聴いてるほうとしてはたまらん気持ちになる。マクフィーはポケットトランペットのみ。テナーはアンドレ・ジョーム。あと、バリトンとトロンボーンが入っているが、ぶつぶつと呟くようなトロンボーン、朗々と鳴りまくるトランペット(マクフィーのトランペットといえば、へしゃげたようなノイズを奏でるイメージがあるが、この頃はめちゃめちゃ鳴ってたのだなあ)、ジョームはまるでデューイ・レッドマンのように汚らしい音での表現を貫き、イレーネ・シュヴァイツァーのピアノはまるでハープのようにカリカリキリキリと聴くものの心を傷つける。特筆すべきはタミアという女性ボーカルで、もともとオーネット・コールマンのオリジナルバージョンは、薄汚れたような女の嘆き、哀しみ、叫び……が感じられる演奏だが、それをこのヴォイスが思い切り拡大解釈してぶつけてくるような感じだ。たしかにすばらしい演奏だし、「ロンリー・ウーマン」のカバー(?)の決定版のひとつといってもいい出来映えだと思う。それにしても13分の曲一曲だけのリリースというのはなんとかならんかったのか。1500円で一曲はなあ……。ディスクユニオンの通販で買ったのだが、サイトの紹介文にはなんにも書いてなかったので、聴いてみてびっくりしました。

「OLEO」(HAT HUT RECORDS HATOLOGY 579)
JOE MCPHEE PO MUSIC

 ジョー・マクフィーのポー・ミュージックによる演奏。もとはハットアートで出ていたやつらしい。11曲中、7曲はマクフィーとアンドレ・ジョームの2管に、ベース、エレキギターというカルテットでドラムはいない。残り4曲はベースもいなくて、ギターと2管という編成。ほとんどはマクフィーの曲だが、タイトルにもなっているロリンズの「オレオ」と、ゴルソンの「アイ・リメンバー・クリフォード」も演奏している。1曲目はその「オレオ」のテイクワンなのだが、テーマのあと、わけのわからないエレキギターによるノイズがドビューン! グワーン! とぶちかまされるという新鮮な演奏で思わず笑った。つづく「パブロ」という曲はスパニッシュモードの曲。ジョームのバスクラが利いてます。3曲目「フューチャー・レトロスペクティヴ」というのは、ベースの「ドドッ」というリフがかっこいい曲。ええ曲書くなあ、マクフィー。いや、いつも思うことでありますが。マクフィーのポケット・コルネット(ポケット・トランペットじゃないのか)が歌いあげ、ジョームのバスクラが炸裂する。いやー、素敵です。4曲目「アストラル・スピリッツ」というヤバげなタイトルの曲は、ゴスペルっぽい荘厳で味わい深いハーモニーの曲。これもええ曲や(アイラー兄弟に捧げた曲らしい)。「オレオ」2テイク目のつぎは、野太いウッドベースに支えられたマクフィーのテナーによる「アイ・リメンバー・クリフォード」で、ものすごーく正攻法な演奏で逆に驚いた。つぎは、アンドレ・ジョームのバスクラリネットの無伴奏ソロではじまり(見事)、そこに変態的なギターによシンセ的なサウンドがからんでいく。かっこいいですねー。最後に荘厳なテーマが現れる。そして、8曲目のタイトルは「フェン・ユー・ヒア・ミュージック」で、9曲目は「アフター・イッツ・オーバー」、10曲目は「イッツ・ゴーン・イン・ジ・エア」、11曲目は「ユー・キャン・ネヴァー・キャプチュア・イット・アゲイン」で、続けて読むとドルフィーの言葉になるという趣向(?)だ。この4曲はベースが抜けたトリオで、「オレオ」のセッションがあった夜に行われたコンサートの録音らしい。即興だが、あとでプレイバックを聴き直してみると、サウンドとフィーリングがドルフィの「ラストデイト」での言葉を思い起こさせた、ということで、こういう一連のタイトルになったらしい(バスクラのせいかな?)。そういうことはともかく、内容はじつにすばらしいフリーミュージックで、(この4曲の)1曲目はマクフィー、ジョームともに木管楽器の魅力が全開だ。2曲目マクフィのコルネットもいいし、3曲目のジョームの明るくブルージーなアルトサックスもいい。4曲目はフリーインプロヴィゼイション。マクフィーのおなじみコルネットのノイズ奏法とジョームのクラリネットのパーカッシヴな奏法が炸裂。ギターのレイモンド・ボニはもちろん全曲で凄くて八面六臂の大活躍だ。この4曲だけでもアルバム1枚になるような充実度があり、集中して聞くとへとへとになるよ。完璧な3人組。ますますマクフィーが好きになった。マクフィーのアルバムを聴くといつも、新鮮な気分になる。マクフィーは、どんな編成でもその編成に応じた曲を書き、即興し、これまでになかった、なにか新しいものを見せてくれる。傑作だと思います。

「RED SKY」(PNL RECORDS PNL016)
JOE MCPHEE/PAAL NILSSEN−LOVE

 マクフィーとニルセンラヴのデュオ。2008年のライヴ。1曲目はマクフィーのポケットトランペットとニルセンラヴのブラッシュによる繊細で大胆な交感ではじまり、それがテナーとシンバルのデュエットになる。3分36秒まではたしかにトランペットを吹いているのだが、3分45秒目にはすでにサックスを吹いている。素早い! 5分46秒あたりからハイハットの強烈な神技がはじまり、そこからニルセンラヴの素晴らしいテクニックを駆使したドラミングと、対照的なサックスのぐじゃぐじゃの演奏が対比される。そして最後はフリーキーな交感になる。2曲目は、ドラムの「間」をいかしたソロではじまり、最初はトランペットで、そのあとテナーでのエキゾチックな即興になる。3曲目は、サックスのタンポやキーをぱたぱた、かちゃかちゃいわせるノイズで始まり、非常にストレートアヘッドでリズミックなデュオになる。聴きごたえあり。4曲目は、「アイアン・マン・リターンズ」というタイトルで、エリック・ドルフィーからマーベルコミックス、そしてブラックサバスまでつながるイメージが根底にあるらしいが、ようわからん。凄まじいドラムソロで開幕し、そこにテナーが入ってくる。一応コンポジションというかテーマがあるらしいが、最初はゆったりと、そのうちフリークトーンでキーキー言い出して壮絶な演奏に発展する。ラストはエリントンの曲に基づいたゆったりした即興で、ちょっとブルース的なものを感じる演奏。収録時間は30何分と短いが、十分聴きごたえのある内容です。こういう、こちらの気持ちを遊ばせてくれる演奏というのは、意識してできるものではないと思う。ジョー・マクフィーの個性としか言いようがない。

「ALONE TOGETHER」(CORBETT VS.DEMPSEY CVSDCD021)
JOE MCPHEE

 74年と79年に録音されたジョー・マクフィーの多重録音によるソロをまとめたアルバム。最初にテナーのワンホーンによる「テーマ」が奏でられるが、これが音色といい、その悠揚迫らぬ吹き方といい、すばらしい。え? マクフィーってこんなに上手かったっけと失礼なことを思ってしまったほど。つづく9曲は、曲によってソプラノ〜アルト〜テナーのトリオだったり、フリューゲルとサックスのデュオだったり、トランペットとテナーだったり、アルトサックスだけのカルテットだったり、アルトホーンのカルテットだったり……と「リード楽器とブラス楽器」の両方を駆使した、マクフィーにしかなしえない独自の世界がこれでもかと展開していて、その知的かつプリミティヴな音楽にどっぷりつかることができる濃いアルバム。もちろん、ブラックネスがその底に流れていることはいうまでもない。とにかく、曲ごとに楽器も編成も変わるので、それを聞いているだけで面白いし、マクフィーのクールな狙いが伝わってきて静かに興奮する。マクフィーって、あんがいリー・コニッツと共通点があったりして。ラフな即興的アンサンブルもあるが、周到に準備された素材が多く、マクフィーのコンポジションのおかしさ(?)も味わえるが、基本的にはかなりええ加減で自由なひとなので、聞いてるとなんか笑えてきたりして、いろいろな楽しみ方ができるアルバムだと思う。こうしてソロを聞くと、やっぱりマクフィーは変態だなあ。大きな部分だけでなく、いろんな細かい箇所でそれを感じる。ラストにもう一度「テーマ」があるが、こちらはソロではなくトランペットとサックスのデュオで演奏される。その部分でのトランペットも、え? マクフィーってこんなにトランペット上手かったっけと失礼なことを思ってしまった。荘厳さも感じられるアルバム。傑作。

「NUCLEAR FAMILY」(CORBETT VS DEMPSEY CVSDCD031)
JOE MCPHEE & ANDRE JAUME

 HATHUTのために1979年に録音されたライヴだが、(理由は不明だが)発売されなかったのを、今になってこのレーベルによって発売になった……ということらしいが、お蔵入りしないでほんとうによかったと思える内容。管楽器ふたりだけの演奏だが、アルト、テナーとバスクラで正統派に迫るアンドレ・ジョームに対し(いや、ジョームもかなりアバンギャルドではあるんですが)、なにしろマクフィーは蝶のように自由にふるまうので、もう面白いったらありゃしない展開になり、聴いているあいだじゅうずっとわくわくがとまらん。何度も何度も繰り返し聴いているとこのふたりであるという理由、このふたりでなければならなかった理由……みたいなものが見えてくる……ような気がする。そして選曲が「直立猿人」「セルフポートレイト・イン・スリー・カラーズ」とミンガス2曲、「エヴィデンス」「ブルー・モンク」とモンク2曲、「チェルシー・ブリッジ」「カム・サンデイ」とエリントン2曲(前者はビリー・ストレイホーンだが)、「ロンリー・ウーマン」とオーネット1曲、それにふたりのオリジナル1曲ずつ……というなんともそそられるラインナップで、しかもどの曲も単に素材として取り上げているのではなく、作曲者のポートレイトが浮かんでくるような演奏になっているところがすばらしい。マクフィーは自分自身が自由奔放にふるまうだけでなく共演者をも感化してしまうところがすごい。タイトルは「核家族」という意味で、もしかすると「核」に核兵器などの隠喩が込められているのかもしれないが、最近政府が核家族がどうたらこうたらと言ってるのを聞くと、1979年ではなく2016年の今このアルバムが出された意義は大きい……ような気がする。めちゃくちゃよかった。傑作。