jimmy mcgriff

「BLUES FOR MR.JIMMY」(STATESIDE 7243 5 37513 2 6)
JIMMY MCGRIFF…

 なんで買ったのかなあ。かなり長文のライナーノートもついているのだが、どこにもサイドマンの名前も録音場所も年月日も書いていない。アメリカに、ジャギー・マレイというひとが主宰していた「スー」というアイク・アンド・ティナ・ターナーとかのを出していたブラック・R&B〜ソウル系のレーベルがあって、当時、マグリフもそこからシングルをばんばん出していたらしい。それらを集めたアルバムということになる。個人的には、オルガンジャズは、テナーサックスが入っているからこそ好きなのであって、テナーのいないオルガントリオはまるで興味ない。なんで買ったのかなあ。とにかく何度か聴いてみたが、けっして悪くはない。いや、いい感じです。マグリフはめちゃめちゃうまいし、適度にファンキーで適度にブルースっぽく適度にジャズで適度にロックである。でも、それを突き抜けるものはない。もちろん、シングルヒットを狙ってるわけだから、ぎとぎとの脂ぎったものではなく、この各曲で「踊れる」ことが大事だったのだろう。でも……やっぱりテナーがいないんだよなあ。せめて、どういう編成かだけでもジャケットのどこかに書いておいてくれれば買わなかったんだよなあ。なんで買ったのかなあ……。マグリフは近年、アル・グレイなどジャズジャイアンツをホーンにくわえた豪華なアルバムも何枚か作っていたと思うが、それらはおもしろく聴ける、ということはやっぱり私にはホーンのいないオルガンジャズはあかんみたいである。

「THE WORM」(SOLID STATE TOCJ−50199)
JIMMY MCGRIFF ORGAN AND BLUES BAND

 ジミー・マグリフのオルガンはさすがにかっちょええなあ。アンサンブルもゴージャスやし、わはははは、これ聴きながら酒のんだら、これはもう言うことないなあ……という聴き方が正しいのだろうが、いや、ちょっと待て。これはジミー・マグリフのリーダー作であり、大スターであったジミーのオルガンとファンキーなアンサンブルを聴くべきアルバムであることは分かっているのだが、ホーンのメンバーがブルー・ミッチェル、ファッツ・ゼウス(シウス?)、ダニー・ターナー、ボブ・アシュトンとくると、ブリブリのソロ回しに期待したいではないか。しかし、やはりというか当然というか、管楽器のソロはほとんどブルー・ミッチェル独占状態で(1、2、3、4、7曲目でフィーチュアされている。たしかに歌心とファンキーさと大仰さと繊細さと楽器コントロールが見事に同居したソロばかりで最敬礼)、ほかにはダニー・ターナーが3曲目で長めのソロ(バリトーンかなにかかましてる?)、4曲目(超短いソロ)、5曲目で長いけどぐずぐずな感じのソロをする程度。どうなっとんねん、これは! まあ、この時期のオルガンジャズはたいがいこんなもんだといえばこんなもんだが(逆に、ジミー・スミスなどはジャズの管楽器のえらいひとたちがジャズ的なソロをするので、醒めてしまったりする)、うーん、やっぱり私としては、テナーとバリトンソロをせめて一曲ずつでもフィーチュアしてほしかった(テナーはラストの「A列車」でちょこっとだけでてくるけど)。とゆーか、オルガンジャズってだいたいテナーの出番ではないのか。たとえば1曲目はファッツの曲なのにテナーソロはない。どういうことだ! テナーをないがしろにしとるのか! と怒ってもしかたないので、とりあえずCD棚の奧に閉まっておこう(ほんとに怒っているわけではないですよ。いい作品だと思います)。

「JIMMY MCGRIFF AT THE APOLLO」(COLLECTABLES RECORDS COL−CD−5126)
JIMMY MCGRIFF

 オルガンジャズが好きなのではなくて、テナーサックスが入っているオルガンジャズが好きなのだ。どっちかというと、テナーが入ってないオルガンジャズは嫌いなのだ。というわけで、うちにあるオルガン系のアルバムはほぼ全部テナーが入っているものだが、たまーに失敗することがあって、うっかりテナーが入ってないのに買ってしまう(パーソネル表記がなかったりして確かめようがなかったりして)。ジミー・マグリフ(このオルガン奏者を知ってからびっと「マグリフ」だと思ってそう発音してきたが、よく考えるとマクグリフだよなー。なぜこのひとだマグリフなのか)もそういうアルバム(つまりギター、オルガン、ドラムのトリオ)のものを何枚か買ってしまって、そういう場合はひとにあげたり、売ったりしているのだが、本作は、ちゃんとテナーが入っている。しかも、ルドルフ・ジョンソンである。ルドルフ・ジョンソンを知らないひとはいないだろうが……なに、しらない? そういうひとはただちに「セカンド・カミング」を聴きなされっ。めちゃくちゃかっこええから。ただ、「セカンド・カミング」のようなコルトレーン的なブロウをジミー・マグリフのアルバムでされたら、それはそれでいまいち……ということになるが、このアポロ(シアター?)でのライヴにおけるジョンソンはちゃんとリーダーおよび観客の意図をくんで、そういう演奏に徹しているからご心配なく。しかし、フレージングの底に横たわる黒々とした魂とあの濁ったような太い音色は健在なので、ルドルフ・ジョンソンファンにも(ある程度は)アピールすると思うが、こういうのをやらせてもやはりめちゃくちゃ上手いひとなのだ。しかし、ここでの主役はやはりテナーではなくオルガンで、ジミー・マグリフは「地味」どころかめちゃくちゃ大げさで派手でどす黒くノリノリの演奏を延々と披露しまくり、こりゃあ凄いわ! と思わず万歳しそうになるほどのエンターテインメントぶりである。1曲目の「アナザー・ユー」はまだおとなしいのだが(マグリフの、おそらく、フットベースのみのソロがある)、2曲目のブルースあたりから全員ノリノリになり、たいへんな大騒ぎになる(オルガンのバッキングのサックスリフがハモるのだが、これはなんでしょうね。2管同時吹きなのかヴァリトーンなのかオルガンの右手もしくはギターとハモってるのを聴き取れていないだけなのか……)。ピアノトリオでスタンダード聴いてるようなひとや、かしこまってコルトレーン聴いてるようなひとは吐きそうになるかもしれないが、いやいや、そういうひとの吐き気は全部私がまとめて面倒見ますよ。いやー、これはめっちゃよかった。このころのマグリフのアルバムにはよく入っているギターのラリー・フレイザーも最高です。ハンク・クロフォードとやってるマイルストーンの諸作でのマグリフよりも、ずっとギトギトで私はものすごくはまりました。