mississippi fred mcdowell

「MAMA SAYS I’M CRAZY」(SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONAL.INC EICP326)
FRED MCDOWELL & JOHNNY WOODS

 ギター〜ボーカルのミシシッピ・フレッド・マクダウェルとハープのジョニー・ウッズのデュオ。こういう音楽をどう表現したらいいのだろう。ブルースにはちがいないが、ギターによる心地よい、力強いビートが延々と続く。それを聴いていると心も身体もとろけてしまい、脳がふにゃふにゃになる。ダンスミュージックなのだろうが、踊らなくても、じっと聴いているだけでも勝手に踊っている気分になるし、ひたすら楽しいし、次第に酔っ払ってくるような酩酊感が味わえる。トランスミュージックなのか。でも、それにしてはめちゃくちゃ具体的で強いビートがガンガン来る。そして、相棒であるハープのジョニー・ウッズがまたすごい。ギターに合いの手を入れたり、フレーズを聴かせたり……という感じではなく、ハープもまたひとつのリズム楽器と化して、ギターとともに強烈なダンスビートをひたす刻む。リズミックなハープというのはブルースやロックではよくあるが、ここまで徹底してリズム楽器に徹しているものはあんまり知らん。このふたりのいつ果てるともしれぬ凄まじい「踊れ踊れ踊れ、てめーら踊らんかい!」的な演奏が、時空を超えて我々をキ○ガイにする。だってアルバムタイトルを見てくださいよ。このアルバムが録音された奇跡的というかいいかげんというかそのいきさつはライナーノートに詳しく書かれているが、めちゃおもしろいのでそれもぜひ読んでください。先日インフルエンザから副鼻腔炎になって苦しんでたとき、ほとんどの音楽は喉を通らん、じゃなくて耳を通らなかったが、本作とロバート・ジュニア・ロックウッドだけは聴けたのだ。不思議だなあ。