koichi matsukaze

「LIVE IN HAMAMATSU」(AKETA’S DISK MHACD3801〜3803)
SAX WORKSHOP

 いやー、びっくりしました。よく出たなあ、このアルバム。なにしろ3枚組ライヴで音もあまりよくない。でも、とにかく「サックス・ワークショップ」のアルバムが出る、と聴いてから欲しくてたまらず、ただちにレコード屋に飛んでいきました。それぐらい「出たということ」自体に興奮した。私が高校時代にちょうどジャズを聴きだしたころに、こきグループはばりばり活動していた。一度聴きたいと思っていたのだが機会にめぐまれず、結局果たせなかった。そのうち解散してしまったので、私にとっては幻のグループとなっていたのだが、この3枚組で溜飲をさげることができた。うれしくってたまらん。内容はマジ最高で、フロントの3人はもちろん、リズム隊もすばらしーっ。みんな若くて、体力も気力も十分で、めちゃめちゃ凄いソロの応酬なのに、「こんなことあたりまえ」みたいな感じがまたよい。このグループから沢井原児が抜けて、国安良夫が入ったバンドを神戸で学生のころに見たことがあり、それには圧倒的な衝撃を受けたが、そのときの興奮と感動が蘇った。曲は全部松風さんのオリジナルで、例の「ステップ」とか「アース・マザー」なんかもやってるのが、またよい。フロントの3人は、本当にそれぞれ個性的で、自分の個性を深く深く真剣に掘り下げているのがよくわかる。意外に、といっては失礼だが、沢井原児がすごくよくて、すっかり見直した。とにかく個人的には今年(2006年)の最大の収穫といえる。まあ、つまり……こういう音楽が好きなんですね、私。全編、宝物のようなアルバムである。松風さんがリーダーのようなので、その項目に入れました。

「AT THE ROOM 427」(ALM RECORDS AL−3002)
KOICHI MATSUKAZE TRIO FEATURING RYOJIRO FURUSAWA

 これはめちゃめちゃ愛聴した。私だけでなく、大学のときの軽音ジャズには、本作を愛聴しているものがほかにもけっこういた。なんといっても一曲目の「アコースティック・チキン」が衝撃的だ。このライヴのとき、ドラムの古澤がメモ書き程度に書いてきたリフだそうだが、それをこのトリオは情熱的に、かつしつこく演奏する。そのしつこさは、自分たちのなかにある一番高い位置にある「もの」が出てくるまで演奏をやめない、という感じであり、また、真摯にその作業を続けていれば、いつかはそれが出てくる、という自信のあらわれでもあるように思えた。若さゆえの「無駄なエネルギー」なのかもしれないが学生時代の私はこういった「汗ダラダラ」のしつこさに随分と共感を覚えたものだ。たしかに荒削りだが(なにしろ本当の意味での「初演」だ)、その荒さがすべて良いほうに奉仕しているではないか。──しかし、今でも果たして共感できるのか。もしかすると「こんな手探りの、無駄の多い演奏に感動していたのか俺は」的な失望を味わうのではないか、とびくびくしながら久しぶりに聴き直してみて、あのころの感動がまったく色あせていないことがわかって、ちょっとホッとした。人間の感性って、10年や20年じゃ変わらないもんですね。とにかく松風、山崎、古澤の三者が一体となった怒濤の爆走ぶりは、その後の自分の音楽観にいろいろと影響を受けた。ほかの曲も全部よく、バラードの「ラヴァーマン」も、じっくりゆっくり急がず曲を解体していき、再構築するというしつこい演奏ぶりがじわじわと感銘を呼ぶ。ええなあ、いつになってもこういうジャズが好きなのだ。

「EARTH MOTHER」(ALM RECORDS AL−5001)
KOICHI MATSUKAZE TRIO+TOSHIYUKI DAITOKU

 一作目のライヴがあまりによくて、超愛聴盤となったので、二作目であるこのスタジオ盤も期待したが、これはやはり一作目のほうがシンプルなパッションが露骨に伝わってきて、私の好みである。といっても本作が駄作というわけではもちろんなくて、スタジオ作ということで、おそらくどの曲もリハを入念に行い、コンセプトも統一して収録にのぞんだのだろう。その分、荒削りさが薄れ、完成度が高まっている。松風さんはフルート、アルト、テナーを均等に使い、個々のオリジナル曲(どれも個性的)に対してもっとも適合すると思われる楽器を選んでいる。ジャケットの物憂い写真のイメージもあって、一時期はかなり愛聴した。一作目が衝撃的だったので、それに比べると……ということで、本作も悪くないです。しかし、今聞き返して思うのは、現在の松風さんはさまざまな経験を経て、とてつもない怪物のような、独創的なサックス奏者になっているが、そのすべての芽はこのアルバムの時点ですでにあったのだ、ということです。

「万華鏡」(OFFNOTE ON−22)
松風鉱一トリオ

 水谷浩章、小山彰太という松風トリオにギターの三好功郎がゲストではいったカルテットによる演奏。ゲストといってもとにかくギターは全編にわたって大活躍している。一曲目は五拍子のブルースでフルートのショウケース。めちゃめちゃかっこいいし、めちゃめちゃ自然である。いい力の入り具合で、一曲目にはぴったり。二曲目はテナーによるモーダルな曲だが、ギターのカラフルなカッティングのせいで明るい曲調に。浮遊するようなギターソロ。そして、無骨なテナーソロ。ええなあ。三曲目はアルト。ハワイアンみたいなギターのたゆたうようなリズムに乗って、アルトサックスが軽いノリを維持しながらフレーズをつむいでいくが、ひとつひとつのフレーズは軽さと鋭さが同居しており、リー・コニッツがそうであるように、軽く深くぐさりと心に突き刺さってくる。四曲目はソプラノ。重苦しいアルコベースではじまり、和風なメロディをソプラノがしみじみつむいでいく。めっちゃええ曲! 5曲目は鳴りのいいアルトによるモンク的なテーマの曲。ソロは松風さんの独壇場の世界観。6曲目もアルトによるバラード風だが奇妙なテーマをもった曲。美しくもいびつで不可解なソロが、サブトーンによってしみじみとつむがれる。すばらしい。7曲目はフルートによる激しくもストレートアヘッドな演奏。ソロは短いが珠玉。ギターソロも心に染みる。8曲目はテナーだが、テーマも含めてドルフィーを感じさせる演奏。ドルフィーのようななめらかさや切迫感がないのに、なぜかドルフィー的なアプローチを感じるソロ。ベースソロ、ドラムソロも非常にすばらしい。9曲目はアルトによる力強い演奏。やはり松風さんにおいてはアルトとテナーはそれぞれにアプローチが変わり、ふたつを吹き分ける意味はたしかに大きいようだ。ベースソロかっくいー。10曲目はテナーがサブトーンで吹くバラード。楽器コントロールの完璧さと歌心を味わいませう。11曲目はテナーによるちょっとモーダルなかっこいい曲。かなり気に入った。自分でもやってみたいと思うような、めちゃええ曲。往年のような異常な迫力やどえらい盛り上がりはないが、それを凌駕するような柔軟性や深い音楽性、表現力があり、お釣りがくる。円熟、という言葉を使ってもいいかもしれない。ええアルバムや!