professor longhair

「NEW ORLEANS PIANO」(ATLANTIC SD7225)
PROFESSOR LONGHAIR

 ニューオリンズ系ミュージシャンのなかでは一番肌にあうのがこの長髪教授。名前はロングヘアだが、じっさいには坊主頭。これほど「ピアノはパーカッションだ!」と教えてくれるピアニストも珍しい。ニューオリンズの、あの跳ねるようなスネアのリズムが全編にわたって聞かれるが、スネアにかぎらず、というか、もともとはピアノが発祥だったのでは、と思わせるような、プロフェッサーのピアノの弾き方である。そして、このアルバムは、それがいわゆるラテンビートに由来することも教えてくれる。ロングヘア、ジェームズ・ブッカー、ファッツ・ドミノ、スマイリー・ルイス、ヒューイ・ピアノ・スミス、ドクター・ジョン、リー・ドーシー、ジョー・アダムス、アラン・トゥーサン、ワイルド・マグノリアズ、ミーターズ、ネヴィル・ブラザーズ、各種ブラスバンド……などなど、ニューオリンズR&Bに特有のあの独特の跳ねるビートは、じつはブルースとラテンの衝突によってできたものなのだ、と私は本作を聴いているうちに悟った(ほんとかなあ)。でも、そうじゃないでしょうか? さて、このアルバムは傑作であることは言うをまたないが、私はロングヘアのアルバムは全部好きだし、「クロウフィッシュ・フェスタ」とか後年のものも全部好きなので、中村とうようのように「これが一番だ」みたいなことは言えないが、もちろんこのアルバムを聴かねば話にならん。プロフェッサのエッセンスがぎゅーっと詰まった、楽しい楽しい楽しい楽しいアルバム。

「CRAWFISH FIESTA」(ALLIGATOR RECORDS ALCD4718)
PROFESSOR LONGHAIR

 プロフェッサー・ロングヘアの残した、信じがたいテンション、信じがたい明るさ、信じがたいノリの音楽の数々を聴いていると、そのすさまじくもノリノリのピアノと洒脱でかっちょいいボーカルに巻き込まれて、あらゆる嫌なこと、この世の憂さ、鬱陶しいなにもかも……を一瞬だが忘れることができる。そういった効能は、たとえばフリージャズやフリーインプロヴィゼイションやノイズミュージックにもある。筒井康隆さんがコルトレーン来日公演の評として、こういうものは日々の生活で十分に浴びているので、もうたくさんだというような意味のことを書いておられたが、私にとっては後期になればなるほどコルトレーンは「日常を忘れさせてくれる」最高のカンフル剤なのである。話がそれたが、プロフェッサー・ロングヘアのアルバムも数あれど(本当はもっともっとあるべきだが)、なかでも最高ランクに位置するアルバムのひとつだと思う。ザリガニ祭というタイトルどおり、ニューオリンズ名物のザリガニの煮込みを食い、酒を飲んで、わーっといこうぜ、という感じの怒濤の愉悦的アルバムだが、よくよく何度も聴いてみると、ライヴとは思えない、神経が隅々まで行き届いた演奏であり、なるほど、さすがはプロ! ということになる。選曲もよく、メンバーも最高で、とくにトニー・ダグラディのテナーソロが耳につく。

「ROCK’N ROLL GUMBO」(MAISON DE BLUES 982 246−8)
PROFESSOR LONGHAIR

 地味なタイトルにだまされてはいけない。傑作中の傑作と呼んでさしつかえないプロフェッサー・ロングヘアの名盤である。というか、このひと、たいていのアルバムは傑作中の傑作なのだが。あまりにピアノとボーカルが強力すぎるので、たった2管編成なのにまるでビッグバンドを従えているかのようなゴージャスな感じだ。ゲイトマウスは、ちょっと聴いただけでは、ロングヘアが主でゲイトマウスは従のように聞こえるかもしれないが、2度、3度と聴き直すと、いやいや、ゲイトマウスの存在感もたいしたもんだ、と再確認するようにできている。ほんとです。ときどきグググーッと前に出てくるギターは、まさしくゲイトマウスそのもののペンペンギターで、圧倒的である。選曲もすばらしいし、もう言うことありません。このアルバムを聴くときには、とにかく「さあ、今からひたすら楽しむぞ!」という大いなる意志をもってのぞむべきである。聴いているうちに、ついつい笑ってしまうし、そのへんを叩いてしまうし、しまいには歌ってしまう。そんな、底抜け極楽音楽がぎっしり詰まった作品。