smiley lewis

「OOH LALA」(IMPERIAL 1561391)
SMILEY LEWIS

 スマイリー・ルイスはニューオリンズのなかでも私の好みとしてはかなり上位にくる。どの曲も笑えるし楽しいのだが、「ママ・ドン・ライク」という曲はとくに大笑いである。「ママ・ドン・ライク・ジャンプ・ミュージック、ママ・ドン・ライク・ブルース・ミュージック、ママ・ドン・ライク・バップ・ミュージック、ママ・ドン・ライク・パップ・ミュージック」……二番はこれが「パパ・ドン・ライク……」になり、3番は「ウィー・ライク……」になる。そして、テナーがブロウする。嗚呼、楽しいなあ! バンドのメンバーはほとんど上記のデイヴ・バーソロミューのバンドと同じで、ようするにこのレコーディングはデイヴ・バーソロミューのバンドを使っての吹き込みなのだろう。とにかく全曲楽しくて楽しくてしかたがない。暗いようなムーディーな曲までも楽しく歌ってしまうのだから、どうしようもない。だって、「スマイリー」ルイスだもん。「ウー・ラ・ラ」も好きだ。山本リンダでもジャングル黒兵衛でもないですよ。こういった「ウー・ラ・ラ」とか「ティー・ナ・ナ」とか曲名というかリフがいかにもニューオリンズだ。音を思い切り濁らせたテナーは、たぶんリー・アレンじゃないかと思うけどよくわからん。