oliver lake

「BUSTER BEE」(SACKVILLE SKCD2−3018)
OLIVER LAKE & JULIUS HEMPHILL

 私の嫌いな某クラシック〜ジャズ専門店で買った。その店は、ほとんどがデキシー、スウィング、趣味のいいモダンジャズ、ボーカルなのだが、たまーになにを血迷ったかフリージャズ系のものを仕入れてしまうらしく、それを300円とか500円とかの捨て値で叩き売るのである。それなら仕入れなきゃいいのに。自分の本がブックオフなどで10円ワゴンに入れられていたときのような悲しさを覚える。ネット古書店で1円で本を売っているのも悲しいが、ミュージシャンが心血を注いでつくったアルバムが、新譜のまま300円ではなあ……。その店には腹がたつのでめったに行かないが、1年に一回ぐらい行くと、捨て値コーナーのフリージャズをありったけ救済してやりたくなる。これはそんな一枚。ワールド・サキソホン・カルテットのジュリアス・ヘンフィルとオリバー・レイクという、正直いって私の苦手なタイプのふたりのリズムセクションなしのデュオ。ジュリアス・ヘンフィルに対する偏見はかなりなくなってきたが、コンポーザー、アレンジャー、コーディネーターとしての実力は土下座したくなるほどに認めるが、サックス奏者としてはやはり苦手な部類だ。そもそもフリー系のアルトはごく一部をのぞいてあまり積極的に聴く気になれない。オリバー・レイクはもっと苦手で、ロフト時代のものやジャンプ・アップや、とにたくいろいろ聴いたが、どうもぴんとこない。でも、WSQでの演奏は両者とも好きで、たぶんそれはデヴィッド・マレイ、ハミエット・ブルーイットという私の大大大好きなふたたが入っているから、アルトふたりに関しても、余裕をもって接することができているのだろう。で、話は戻るが、このアルバムは、WSQの4人のなかでも苦手な二人だけの演奏ということで、「捨て値アルバム救済」ということがなければ、ぜったい買ってないはず。しかし、やはり「出会い」というのはあるものだ。めちゃめちゃよかった。どうよかったかというのを文章で書くのはなかなかむずかしい。ふたりのアルトがいきいきとしてつむぎだすスピーディーかつアグレッシブなラインが、破綻することなくひとつの音楽を形作っていくのを聴いていると、やはりこれは「熟練」という言葉を思い出さざるをえない。一朝一夕にはできない演奏なのだ。何度か聴いたが、そのたびに、老練なふたりの黒人フリージャズミュージシャンがこれまでにたどってきた道や聴いてきた音、茶目っ気、自己顕示欲、相手をたてようとする気持ち、裏切り……いろんなことが見えてきて、これほどおもしろいものはない。いわゆるフリーインプロヴァイズドミュージックにはない、ブラックミュージックとしての表現に徹していることも、じつに楽しい。

「OLIVER LAKE QUARTET FEATURING MARY REDHOUSE/SANTI DEBRIANO/GENE LAKE LIVE」(PASSIN’ THRU RECORDS 41221)
OLIVER LAKE QUARTET

 うーん………………これはどうかなあ。オリバー・レイクが、アメリカンネイティヴのマリー・レッドハウス(女性)らと共演したライヴ盤。オリバー・レイクはサックスとスポークンワード、つまりセリフ。マリー・レッドハウスはボーカルとインディアンフルートを吹く。あとはベースとドラム。ライヴということもあって、ぜったいおもしろいにちがいないと思って購入してみたが、珍しく勘がはずれた。これは私のいちばん苦手なタイプのフリージャズ。パワーミュージックとしてもブラックミュージック(あるいは民族音楽をとりいれたジャズ)としてもインプロヴァイズドミュージックとしても中途半端。妙に観念的で、妙に変なところにパワーを発揮する。印象をひとことでいうと「ごちゃごちゃしている」。いくら魅力的なセッティングでも、こんな風にごちゃごちゃ演奏しているうちにパワーダウンしてダレてしまうのだ。私が、フリージャズのアルトがいまいち苦手だ、はっきり言って「嫌い」だと常日頃言っているのは、この手の演奏が多いからであって、最近はかなり食わず嫌いも直ってきていたし、これはいいなあと思う演奏もたいへん多いので、うっかり油断していた。オリバー・レイクも、へー、こんなすごいアルバムもあるのか、とけっこう近頃は気に入ってたりしたので、このアルバムをきいて、そうそう、オリバー・レイクってこうだよね、とあらためて思いかえしたりした。ハッとする瞬間、ドキッとする瞬間も多々あり、もちろん意欲作でもあり、だからこそしんどいアルバムである。でも、たぶんこれがテナーのひとなら、ここまではっきりとダメとは思わなかっただろうな。逆に、「ええなあ」と思っている可能性大だし。

「MATADOR OF 1ST & 1ST」(PASSIN’ THRU RECORDS 40709)
OLIVER LAKE

「傑作」という言葉を使うのもためらわれるほどの傑作。1枚に無伴奏ソロが37曲入ってるのだが、サックスを吹くだけでなく、かなりの部分を歌やしゃべりが占めており、「オリバー・レイクの世界」的な内容(このあたり、坂田明の「百八煩悩」とも共通している)。充実とはまさにこのこと! と言いたくなるような、こてこての短い演奏がぎっしりと幕の内弁当のように詰まっており、一曲一曲は短いけど、たとえ30秒のソロでも、5分の演奏のように重くて手応えがある。曲があまりに短すぎるせいか、全編通してひとつの組曲のように聞こえるのも「百八煩悩」と同じだ。やっぱりオリバー・レイクはすごいなあ。何度も書いたように、フリージャズのアルト吹きはあまり好きではなく、オリバー・レイクもこれまで何度も、あー、わしには合わんなあ、と思うことがあったが(「ワイルドフラワーズ」とか「ジャンプ・アップ」あたりがトラウマのようになっているのかなあ……)、このアルバムで完全に恐れ入ってしまった。今後は二度とそういう口をききません。オリバー・レイク万歳。ブラック・ミュージックと呪術とフリージャズがないまぜになって、ひとつの巨大な滝を形作っているような感じ。滝からどうどうと落下する大量の水を頭から浴びたような、そんな衝撃と快感を受ける一枚。すごいわー。いくらほめちぎってもほめたりない。このアルバムって、じつはフリー系のファンにはめちゃめちゃ有名なのかな。私は存在すらしらなかったが、とにかくたくさんのひとに聞いてもらいたい傑作。