sergey kuryokhin

「SOME COMBINATIONS OF FINGERS AND PASSION」(LEO RECORDS CDLR179)
SERGEY KURYOKHIN

 このアルバム、めちゃくちゃよく聴いた。今でもよく聴く。全体にクラシック的な香りがするが、ときどきジャズやブルース的なものの素養が顔を出す感じ。一言で言うとなんといっても楽しい。楽しすぎる。クリョーヒンといえばケシャヴァンとのデュオ、という風に私の中ではなっているのだが、これはレオから出ているソロピアノ(それにしても、うちにあるレオのアルバムはめちゃくちゃ多いと思う。もしかしたら一位かも)。アルバムタイトルが意味深で、「指と情熱のあるコンビネーション」ということだが、クリョーヒンは「ピアノによる演奏」をそうとらえているのかもしれない。私のクリョーヒンに対するイメージは「めちゃくちゃなことをするひと」だが、このアルバムは私の知るかぎりもっともきちんとしたクリョーヒンのアルバムで、私が持っている唯一のソロアルバムである。1曲目は「情熱と感覚のコンビネーション」というタイトルで、30分もある大作である。どこまでがコンポジションでどこからが即興なのかよくわからないが、ほとんどがコンポジションあるいは周到に準備されたもののように思える。その場の思いつきでありもののモチーフをメドレーにしているのかと思わないでもないが、やはりちがうと思う。配列も、つなぎかたも含めてこれはひとつの壮大なドラマなのだ。クラスター的になる瞬間もないことはないがほんの一瞬である。とにかくめちゃくちゃかっこいい。長尺だが、じつは多くの異なった場面が連続していてひとつの組曲のようである。見せ場がたくさんあり、聴いていてエキサイトするすばらしい音楽。最初静かにはじまるが、それがさまざまな展開を経て、次第に増水時の大河のように圧倒的なパワーをもって流れていくさまは感動的である。強烈な左手と右手のコンビネーションによるリズムの力が凄いが(それはこのアルバムのほかの曲についてもいえる)、ときには左手と右手がそれぞれ別の奏者のようにふるまい、デュオのように聞かせたりと千変万化である。濃密だが、楽しいので聴いているときはそういうことを感じない。とにかく意志の力というか演奏者の鋼のような統率力(?)を感じる。2曲目は「力と情熱のコンビネーション」とあるが、実は副題が示すようにデイヴ・ブルーベックへのトリビューションであり「ブルー・ロンドのロシア的解釈」である。なんのこっちゃと思うかもしれないが、聴くとなるほどと納得する。もともとのブルーベックの「ブルー・ロンド」は「ブルー・ロンドのトルコ的解釈」なのだ。というか、曲自体はまあ、ブルーロンドそのものであるが、びっくりするほどクリョーヒンカラーに染まっている。なんでもありである。なるほどなあ、こういう発想が、あの大編成でのむちゃくちゃなものをぶち込んだごった煮的な演奏につながるのかも。すごいテクニックを披露しているがこれみよがしではない。3曲目は「手と足のコンビネーション」というタイトルでルバート的に静かにはじまり、幻想的な雰囲気で進んでいくが、途中に何度か挿入されるわけのわからないノイズは本人のヴォイスなのか? それをきっかけに演奏がべつの場面というかステージに突入する。タイトルの「足」はペダルのことなのか。まんなかあたりで感傷的な伴奏に乗って酔っ払いの歌みたいなのが突然はじまったりするところはまさにクリョーヒン的。4曲目は「ブギーとウギーのコンビネーション」ということで、左手はずっと同じブギ的なパターンを弾いており、右手がいろいろなそこに仕掛けていく。途中本当のブギウギっぽくなったりなにかにひっかかるようなぎくしゃくしたものになったりクラスター的になったりと飽きさせないが、ずっとこれを弾き続けるというのもたいへんなのだろうなあ。いやー、最高のアルバムだと思います。傑作。