katsuo kuninaka

「暖流」(FRASCO FS−7027)
YOSUKE YAMASHITA PRESENTS KATSUO KUNINAKA

 国仲勝男の初リーダーアルバムで、武田和命の初レコーディングらしい。山下洋輔がプロデュースしているが、山下人脈総動員のような内容で、これならリーダーの国仲の演奏がしょぼくても、○○や××や△△を聴くだけで元がとれるわい、とリスナーに思わせてくれるような豪華な布陣。しかも、肝心のリーダーの演奏はというと、しょぼいどころか、その豪華な布陣を向こうにまわして、堂々たるものだから再度びっくりさせられる。一種のショウケース的なアルバムなので、国仲のもつさまざまな側面に光を当てようとしており、そのためちょっとバラけた印象もあるが、通して聴くと、国仲勝男という稀代の怪物ベーシストの全体像がクローズアップされる仕組みになっており、さすがの山下のプロデュース力である。白眉はB−1のベースの無伴奏ソロだと思うが、国仲〜山下デュオによる「グッドバイ・ポークパイ・ハット」は絶品。向井、清水靖晃、古澤参加の「カ・プランガ」は古澤のリーダー作といってもおかしくないぐらい楽しい演奏だし、坂田明の加わった曲は坂田ファンにはうれしい贈り物。だが、話題はなんといっても武田フィーチュアのバラード「バグス・グルーヴ」だが、音も細く、リズムもややうわ滑りしており、山下トリオや自己のグループでゴリゴリ吹いていたあの存在感はまだ希薄。復帰して間もないからかなあ、と思っていたのだが、少しあとに録音された「ゴールデン・ライヴ・ステージ」での「ジェントル・ノヴェンバー」などは堂々たる演奏なので、たぶん初録音ということで硬くなっていたのだろう。それにしても、武田はフレーズもノリも独特で、一度聴いたら忘れられない個性の人である。国仲のリーダー作はいろいろあるが、一番好きなのは「ダンシング・アイランド」である。しかし、本作も忘れがたい魅力のあるアルバムです。

「ゴールデン・ライブ・ステージ」(FRASCO FS−70337)
KATSUO KUNINAKA

 国仲勝男のアルバムとしては二作目だが、ラジオ番組をそのままレコードにする、というかなり大胆な試みであり、アルバムタイトルもラジオ番組のタイトルそのものである。デビュー作「暖流」同様、山下洋輔が全面的に仕切っており、「暖流」のライヴバージョン的な内容でもある。山下さんが「アンブレラ・ダンス」で(これも「暖流」と同じく)なぜかエレピを弾いており、なんでやねん? と思ったり、武田さんの「ジェントル・ノヴェンバー」は味あるなあ、と思ったり、「カ・プランガ」での向井はさすがの歌心やなあ、と思ったり、国仲さんのベースは、ぶんぶんいう強力なベース……という感じではなく、音も伸びないが(だって、ウッドベースをはじめてまだ間もない時期なのだ)、そんなこと関係なく、どっしりした、豪快な、いいベースだなあ、と思ったり……いろんなことを思わせてくれる、おもちゃ箱をひっくり返したような、にぎやかな作品。