takehisa kosugi

「VIOLIN IMPROVISATIONS」(LOVELY MUSIC LCD2071)
TAKEHISA KOSUGI

 ヴァイオリンによるソロ即興を収めた珠玉のアルバム。高木元輝さんが亡くなる直前にビッグアップルで豊住さんとのデュオがあって聴きにいったら、なんか渋い、どう考えても只者ではないひとが客席にいて、あとできいてみたら小杉さんだった……という記憶があり、終演後、高木〜豊住〜小杉でいろいろ話しているのを横で聞いていて、めちゃくちゃおもしろかった。タージ・マハル旅行団は超有名で、私も学生のころにレコードを聴いたりしたが、なるほどこういうフリージャズとはちがった即興へのアプローチがあるのか、とわからぬながら面白かった。小杉さんの活動はもちろんタージ・マハル旅行団にはとどまらず、現代音楽、フリーインプロヴィゼイションなどの分野を縦横に活躍しておられて、その共演歴を見るだけで圧倒されるが、本作はソロ。タージ・マハル旅行団のようにエフェクターを使ったりしてノイジーな音を出したりせず、とてつもなく美しいヴァイオリン本来の音色を前面に出して、ひたすら美しく、繊細で、ヤバい即興が詰まっている。ヴァイオリンという楽器は基本的には高音楽器なので、それだけで音楽を構築するのは難しいと思うが、ここでのソロは完全に「ひとりだけ」で完結している。ジャズにおける無伴奏ソロでたまにあるように、ここにドラムや管楽器がいたらなあ……という物足りなさは皆無である。しかも、ヴァイオリンはいわゆるアーティキュレイションというか、フレージングにアクセントをつけるのがむずかしいので、ぼんやり聴いているとツルーッと耳を流れて行って、なにも残らない状態になってしまうので、とにかくマジメに一生懸命聴かねば面白くない。しかし、そういうハードルがあるにもかかわらず、本作は異常に面白い。やはり、即興は演奏者の個性というか人となりを表す鏡のようなものだ。それだけにとどまらないし、あえて無個性にクールに行う場合もあるが、そこを突き破って、本人の人格や考え方や経歴などがどろどろとあふれ出すのが、また即興なのだ。ここでの演奏は、本人がどうお考えかはわからないが、私にとっては全編小杉武久という人間であふれかえっているようなものばかりだった。とてつもないテクニックを見せつけたりするわけでもなく、本当にただ、ヴァイオリンを持って、そのときに思ったように弾いた、というだけの12曲。枯れきったような音、澄んだ音、太く豊饒な音……ときには呟くような、会話するような、ぎざぎざしたような音も混じっているが、それらも含めて「美しい」と思う。