naoji kondo

「LIVE AT THE TARUPHO」(TARUHO FARM 1001)
NAOJI KONDO

 いやー、出ました。日本ジャズ史に燦然と輝く(と私が勝手に思っている)近藤直司トリオのライヴ盤。これを聴かなきゃ話になりませんぜ。傑作傑作大傑作……と持ち上げたいのはやまやまだが、まあ、なんですな、これは結局、私という人間の好みにこの演奏がぴったりだということであって、ほかのひとにとってもそうかどうかはわからない。しかし、本作が私にとってある意味理想であるのは本当の話で、その昔、これを某フリージャズ専門店(つぶれた)で入手し、家に帰って、聴いたときは、さすがに神や仏やなんだかんだに感謝したぐらいである。ああ、作品に出合えてよかった……という気持ちであった。ただし、この作品に収められている演奏が、ミュージシャンたちにとって、いや、彼ら以外のフリージャズミュージシャンも含めて、さほど傑出したものではない、とも思う。みんな、これぐらいの演奏は毎晩のように行っている。このアルバムは、そういった日本のフリージャズのレベルの高い日常の演奏をざっくり切り取っているところに価値があるのだ。ここに収められている演奏こそが、日本のフリージャズなのだ。こういう演奏を聴きたければ、ライヴハウスに足を向ければ、ちゃんと聴けるのだ。それぐらいの高みに、今、日本のそういうシーンは位置している。だから、このアルバムは日本の熱い、すごい、深いフリージャズシーンの象徴であり、代表である、と思う。とにかく私は近藤直司のテナーが好きなのである。音もいいし、フレーズもいいが、なんといっても、テナーサックスという楽器は、こういうシチュエーションでこういう風にもりあげていってこういう箇所に来たらこうスクリームする、それが一番かっこいいのだ……というあたりの感じ方がたぶん私と一緒なのだろう。このアルバムを聴いていてもそうだし、彼のライヴ(長いこと生では聴いてないなあ)に接していてもそうなのだが、私が吹いてほしいというまさにそのとおりに吹いてくれるのが彼なのである。私は、彼のテナーとともにのけぞり、絶叫し、ぶっ倒れる。私が日本のフリー系のテナー吹きで大好きなのは、近藤さんと広瀬淳二さんであって、そのふたりともラーセンのメタルを使っているのは興味深い。近藤直司は本業がほかにあるし、なかなか関西ではライヴに接することはできないが、また聴きたいなあ。このアルバムがCDになっているかどうかは知らないが、もしなっているなら、多くのひとに聴いてほしい。何度聴いても元気をもらえる、最高のアルバム。星百個。

PETITE FLEUR(BUMMEY RECORDS 001CD)
KONDO NAOJI−NAGATA YOSHIKI−SEO TAKASHI

 録音してます、という情報を耳にしたときから待ち焦がれていた作品。あの近藤直司が! 人間国宝以外で! 久々の録音! と私にとっては「!」をたくさんつけたくなるほどの待ってました感のあるアルバムだった。なにしろメンバーが、近藤直司〜永田利樹〜瀬尾高志という、サックスに2ウッドベースというトリオなのだ。これが面白くないはずがない。というわけで、「ライヴ・アット・タルホ」みたいなものを勝手に期待した。しかし、聴いてみると、これが良いほうに裏切られた。近藤さんはほとんどテナーではなくバリトンが多く、その理由もわかった。つまり、低音楽器3台のからみということなのだ。たしかに、人間国宝などでみせるドスの利いたスクリームは少ないが、かわりに深みがある。低音楽器を演奏したからといってだれでも深みが出るというわけではない。ここに醸し出されている旨酒のような極上の演奏は、この3人だからこその美味しい、深みのある酒なのだ。高級ワイン? うーん、というより、めちゃくちゃ高い古酒(クースー)みたいなものか(なぜ急に酒で例えだしたのか自分でもわからんけど)。というわけで、1曲目はサックス主体で冒頭から近藤直司のバリトンがひたすらフリーキーに咆哮する、私好みのパワフルな演奏。2曲目はサックスは少し控えめで3者が溶け合った演奏。ベースのからみと、細かに動くサックス。3曲目はコルトレーンの「ロニーズ・ラメント」で、これを2ベース、1バリトンでやるという試み。ちゃんとオリジナルキーで吹いている。この編成のために書かれたのではないか、と思ってしまうほどうまくいっている。アルコベースとピチカートベースの融合が、こういうマイナーキーでは一段と映える。4曲目と5曲目はまた即興で、サックスが大暴れしないので、サックスソロとそのバックという感じではなく、3者が対等に感じられ、とても心地よい。6曲目はタイトルでもあるシドニー・ベシェのおなじみの「小さな花」で、哀愁のメロディをバリトンが歌い上げる。2ベースの交歓もすばらしい。7曲目も即興だが、やっとテナー登場。さすがにテナーのほうが軽いというか、スピード感が断然あるな。ベースもそれにつられてか、スピード感がある。ラストはドン・チェリーの「デザイアレス」で、これも哀愁の曲。考えてみれば、このアルバム、即興以外の曲は全部マイナーの哀愁系だな。バリトンが切々とテーマを歌いあげたあと、ベースのパートになり、2ベースがからんでからんでからみ倒す。ぞくぞくするような場面多数。渋いアルバムでした。ライヴだとまたちがうのだろうな。別内容のレコードもあるらしいので聴いてみたいところ。傑作でした。