naohiro kawashita

「NAPULE−TAN」(地底レコードB39F)
川下直広トリオ

その昔、フェダインが話題になってきたころ、あるひとがめちゃめちゃ誘うのでライヴを観にいったのだが、いまひとつぴんとこなかったのを思い出す。ドラムもベースも私の好みにどんぴしゃりなのだが、サックスが「おや?」という感じなのだ。その「おや?」はもちろん下手だとかおもしろくないとかいうのではなく、とにかく「おや?」だったのだ。今ならその「おや?」がちゃんと分析できる。つまり、フリージャズ〜フリーインプロヴィゼイションではない、ということに違和感があったのだ。フリークトーンを多用しようが、ダーティートーンでブロウしまくろうが、めちゃめちゃ「フツー」である。川下さんは、フリージャズとかいった狭いジャンルに押し込めることがそもそもまちがいなのだ。たとえば片山さんなら、フリージャズのひとがこういうこともする、ああいう演奏もする、といった聴きかたができるが、私は川下さんも(年齢的に)そういう風に思っていたのだろう。そうではなくて、川下直広はもっともっとジャズのひとであり、オーソドックスなテナー奏者であり、パワフルで独創的ですばらしいミュージシャンなのだ。そして、なによりこのひとは「自由」だ。正直言って、今、多くの若手ミュージシャンは、一部の悲しい例外をのぞき、たいがいフリーだのバップだのなんだの、といったカテゴライズにとらわれることはない。自分がおもしろいとおもったことを、ものすごく素直に、ごくフツーに演奏する。ジャンルの壁など、簡単に飛び越えてしまう。しかし、一世代まえのひとたちはそうではない。壁を超えるのに、かなりの努力と精神力を必要とする。もがいて、あがいて、試して……そして越境するのだ。自由を獲得するのだ。そういったミュージシャンを見慣れていると、川下さんのような(これは単なる聴き手の印象なので、本当はどうだかしらんけど)スーッといろいろなところに到達できるひとは、この世代では珍しいと思う。本当に飄々とした、すばらしい、個性をもったテナー吹きだ。これもまた勝手な私見だが、今のそういったミュージシャンの先駆者的な、生来の自由な演奏家なのではないか。多くの後進に、指針を与えているのではないか。そう思った。本作は、そんな川下さんの直球勝負な、ハードでハートフルな演奏が詰まっている傑作だ。真摯で、聴衆と、共演者と、はっきり向き合った、自分をさらけだしたプレイが最初の一音から最後までずーっと続く。林栄一さんなどと同じく、ワンノートにこめる思いが半端ではない。ライヴということもあって、大づかみで荒い部分もあるが、一瞬たりとも手を抜かない演奏なので、ほんとうに聴いていて気分が解放される。三曲目にクリフォード・ジョーダンの「ヴィエンナ」をやってるのもうれしいし、おなじみの「股旅」やアイラーの曲(「ジェニ・ジェニ」みたい)など、とりあげている素材も興味深い。ベースの不破さん、ドラムの岡村さんも、川下さん同様の真摯でまっ好勝負の演奏ですばらしい。ええなあ……ほんまに最高だとおもいます。酔ったかな。

「GUESS EVERYTHING REMINDS YOU OF SOMETHING」(地底レコード B11F)
川下直広 & 山崎弘一 DUO

 正直な話をします。川下さんというひとは長い間興味の範疇から外れていた。なんでやねん、おまえ好みのテナーやんか、という意見が山のように寄せられると思うが、だって、そうなんだもん。たぶん、はじめて生で聴いたとき、いや、それから3回ほど生で観たときの印象が、ぴんとこなかったのだ。これは正直な話なので、いや、私のアホ耳を笑ってもらっていいですよ。だから、フェダインをあるジャズ喫茶のマスターが熱烈にプッシュしたときも、内心では、そんなにええかな、と思ったし、熱心には聞いていなかった。それが180度変わったのがこのアルバムを聴いたときで、どこで聴いたのか忘れたが、とにかくめちゃめちゃ凄いと思った。完全に私の好み、というか、こういう風に吹きたいという演奏だった。デュオの相手である山崎さんは、昔からアケタトリオでかなりの回数、生で聴いていて、その凄さにはほとほと惚れ込んでいたのだが、そうかー、川下さんってすごいテナーなんだなあとあらためて思った。そのあと、以前のアルバム(フェダインとかいろいろ)聴き直してみると、どれもめちゃくちゃ良くて、さすがに自分の耳の馬鹿さ加減に呆れました。というわけで、このアルバムは、傑作ではあるが、それだけでなく、私にとって大事な大事なアルバムなんですね。このアルバムはなぜかコンポーザーのクレジットがないのだが、1曲目の「アフリカ」という曲は、コルトレーンのあれではない。ものすごくいい曲で、ベースのイントロからテナーがサブトーンで「ずずず……」と入ってきてテーマを奏でるあたりからすでにぞわぞわと総毛立つ感じ。テナーとベースのデュオだが、その密度の濃さは半端じゃない。2曲目はソプラノによるビートルズの「イエスタデイ」だが、途中から川下さんの個性がどんどん発揮されていき、ああ、ジャズというのは個性なのだ、というあたりまえのことを再認識させられる。このひとは、ヴァイオリンも含めて、いろいろな楽器の「音」を自分なりに編集して、いちばん聴衆に伝わる形で届けようと努力している。そのひたむきさに感動せざるをえない。3曲目は長いベースソロではじまる。これが超かっこいいんです。川下さんのテナーはダーティートーンもまじえながらブロウする姿は、イリノイ・ジャケーやローランド・カークなどのブラックテナーを彷彿とさせる無骨で豪快な、コールマン・ホーキンス以来のテナーの伝統を感じさせるのだった。この激しいヴァイブレーション(たんにビブラートというのはちがうと思う)は、アーネット・コブ、サム・テイラー、ビッグ・ジェイ・マクニーリー、カーク、アイラー……という、フリージャズ、インプロヴィゼイションが無視してきたブルース的なテナーの系譜を思わずにはいられない。4曲目はおなじみの「ブルー・ムーン」をソプラノで。5曲目はこれまたおなじみの「ベサメ・ムーチョ」。私もバンドでやったことがあるので興味津々だが、びっくりするほどストレートな演奏。シェップ以来、「スタンダードの解体と再構築」というものが論じられてきたが、これは解体もしていないし再構築もしていない。ひたすら「ベサメ・ムーチョ」の俗な魅力を、ジャズマンふたりがそれぞれに表現した演奏だと思う。6曲目は、ベースソロではじまる「アローン・トゥゲザー」。シリアスなベースの歌。そして、黒々としたテナーが入ってくると、メロディを大事にしながらも、というか、メロディを大事にするあまり狂っていくような演奏に。これは数ある「アローン・トゥギャザー」の演奏のなかでも名演というべきではないか。7曲目は、1曲目の「アフリカ」の別バージョン。フリーキーで激しいイントロが延々と演奏されるが、ここがすばらしい。そして、せーのでテーマに入るところもかっこいいのだ。ファラオ・サンダース的なモーダルジャズ。8曲目は、正攻法に攻める演奏。野太いテナーとそれにからむ野太いベースが聞ける。山崎さんのベースは、昔は鋭いイメージだったが、こうして聴くと太い。9曲目はテナーの無伴奏ソロ。すばらしい。こういう演奏がしてみたい。息づかいもあらわに、リアルに録音されていて、これを聴いて心を動かされない人間がいるだろうか。アホみたいな音楽は、なにもしなくてもこういう本物によって駆逐されるでしょう。10曲目は「ナウズ・ザ・タイム」。ちょっとテーマの吹き方が面白い。フェイドアウトされて、このすばらしい作品が終わる。傑作。

「初戀」(地底レコード B67F)
川下直広カルテット

 川下トリオにプラスワンという形で山口コーイチのピアノが入ったり入らなかったりというのがしばらく続き、この度正式加入になったということで、充実しまくるカルテットのデビュー作である。私はたまたま2回観たのだが、それは本当にたまたまで、東京で打ち合わせが早く終わり、なにか行ける範囲で面白そうなライヴをやってないかと探したらそれが二回ともなってるハウスでの川下グループだったというだけだ。そして、二回とも2ステージ目しか聴けなかったし、二回目などはラストの1曲とアンコールしか聴けなかったのだ。そのうえ、二回とも(しつこいようだが)お客さんは少なかったが、川下さんをはじめ全員手抜きなしの白熱の演奏で、短い曲数でもものすごく腹いっぱいになるほどの充実感があった。川下さんは正直、フェダインのころより凄いんじゃないかと思えるほど凄みと深みが増しており、ぜったい今聴くべきひとだと確信している。さて、本作は愚直なまでに真っ当というか正攻法というかストレートアヘッドな「ジャズ」アルバムであり、まずはその選曲においてすでにこのアルバムの「主張」が現れている。それは控えめな、わかるひとにはわかるという感じの主張かもしれないが、わかるひと(という言い方も嫌だが)にはかなり胸にこたえるぐらいの強さでわかってしまうだろう。声高にアーダコーダとなにかを述べることはないが、しかし、凛と張った弓のような切迫感とともにこのアルバムは今の日本や世界の置かれている状況へのある種の哀しみを提示しているように思える。それはキャッチにあるような「ジャズ永久革命の高鳴る鼓動」とか「あらたなジャズ戦場への招待状」とか「吶喊の声と共に狼煙は上がった」とか「硝煙の匂い」とかいったものとは一番遠いもの……世界の状況とか現実(いや、そうと決める必要はなく、「森羅万象」でもいいのだが)への深く重い哀しみや怒り、嘆き、諦め、涙、そして少しの希望……みたいなものを表現しているように感じる。ほとんどがバラードに属する演奏で、アップテンポのものも少しはあるが、基本的にはゆったりとしたリズムのなかでテナーがときに切々と、ときに優しく、ときに荒々しく、ときに奔放に、ときに泣き叫ぶようにメロディを歌いあげていく。この人間味あふれる手作り感は半端はない。そして、バラードなのにどんどん白熱し、演奏が熱く熱く上昇していく。めちゃくちゃ上手いひとなのだが(以前、ライヴでカリプソの曲を聴いているときにそう感じた。フレーズが湯水のごとく溢れ出るのだ)、流暢に吹いているのにどこか武骨で骨太で、いい意味での粗さを感じる。ビブラートのつけかたも、ムード歌謡のようであったりする。そこが超かっこいい。川下直広のテナーは、フリージャズの闘士というより、バラードシンガーのようだ。いや、ちがうか。演歌歌手のようだ。いや、これもちがうか。スナフキンが演歌を歌っている……これもまるでちがうか。とにかくスタイリッシュでかっこいいのだ。もちろん山口コーイチの取り憑かれたようなピアノ、不破大輔の野武士のようなベース、岡村太のパワフルなドラム……伝統に立脚しつつ新しいものを見据えたミュージシャンたちのプレイも手応えのある演奏で応えている。アレンジとかも含めてラフな感じに聞こえるかもしれないが、恒常的なメンバーでの「バンド」の強みで、ほかにはない一体感があり、4人がしっかり結びついているのが随所でわかるのも心地よい。CDプレイヤーのスタートボタンを押すと、一番最初に、なんのイントロもなく、川下さんのテナーの音が飛び出してくる。そして少し遅れてピアノなどがからみついてくる。このぶっきらぼうというか?き出しというか飾り気のない1曲目の冒頭こそが、このバンドの、このアルバムの、そして川下直広というひとを表していると思う。1曲目はチャーリー・ヘイデンの「ファースト・ソング」で、ゆったりしたテンポで演奏されるテーマ→テナーソロは、とくにムードテナー的な感情過多にもならず、かといってバラードでの絶叫的・攻撃的演奏というわけでもなく、ただ淡々としたもので、それがかえって深い哀感を感じさせる。つづくピアノソロも同じく淡々としており、ラストテーマでややリットするところも含めて、本当にスーッとした演奏。この4人ならもっとガンガンに盛り上げることも、ヒステリックにブロウすることも、どしゃどしゃ叩きまくり弾きまくって、この曲をエキサイティングな修羅場にしてしまうこともたやすかったろうが、そうしなかった。この演奏をトップに持ってきたことが、このアルバム全体の主張(?)なのだろう。それも声高ではなく、穏やかな主張だ。2曲目はピアノのイントロからはじまるエディ・ゲイルの「ザ・レイン」。ゲットー・ミュージックというアルバムでも輝いていたこの曲を、川下4は見事によみがえらせた。冒頭のピアノのイントロも、3拍子のテーマのメロディも「雨」を表現しているのだろう。川下さんの独特のノリ(とくにテーマ部分で顕著)の吹き方がたっぷり詰まっている。ピアノソロもさらっと弾いているようで、ものすごく個性的なのだ。この演奏、土砂降りではなく、いつまでも降り続く雨……という感じだが、やはり哀しみをどうしても感じてしまう。しかし、それは打ちのめされた最悪な状態というのではなく、悲しい現実を受け入れようよ……というような感覚に思える。3曲目はバート・バカラックの「アルフィー」で、ストレートなジャズバラードとしての演奏。途中、少しブロウがあるが、全体としては渋めの、ぐっと抑えた表現でめちゃかっこいい。歌心溢れる演奏。4曲目は「不屈の民」。この選曲にも意味があると思うが、これまでとはうってかわって、慟哭の無伴奏ソロではじまり、グロウルしながらテーマを歌い上げる熱い演奏。しかし、ひたすらフリーキーに突っ走るというわけではなく、底のほうでマグマがぐつぐつ煮えたぎって、それが時折噴出する……といった感じだ。テナーにからみつくピアノや、フリーに弾きまくるベース、パルスのようなドラムがリズムを大づかみにしながらテナーを盛り立てていく。まるで4人が4人とも同時にソロをしているようだが、ちゃんと一体感もある。こういう演奏はこのひとたちならお手の物だろう。この曲は最近出た高木元輝のソロパフォーマンスのものが記憶に残っている。あれはソプラノによるものだったが(と書いて聞きなおしてみたらテナーでした。すいません)、淡々としたなかに慟哭が感じられるのはこのアルバムでの演奏と同じである。5曲目は大スタンダード「ミスティ」。ドラムのブラッシュとテナーのデュオによる即興から幕を開け、テーマに入る。愛おしそうにメロディを吹くテナー。全体に高音部で吹いているが、サビのところから一転して深い低音になるあたりが絶妙。ぐねぐねと螺旋状にのたうつようなバラードだが、それでもなぜか美しいのだ。この演奏にかぎらず、川下さんを聴くといつも、「サックスって人間が吹いてるんだなあ」と思う。超絶技巧で疾走するようなタイプのサックスも好きなのだが、川下さんのような人間味あふれる吹き方には毎回まいってしまう。といって、川下さんが超絶技巧ではない、ということではなく、ライヴでは何度も「うぎゃーっ、めちゃくちゃ上手いやん!」と叫びたくなるようなものすごい瞬間を何度も経験している。それを露骨に外にあまり出さないだけなのだ。ピアノソロ→ベースソロもいい感じ。ベースソロの最後がランニングになってテーマに入っていくところも好き。6曲目はアーチー・シェップのアルバムで有名な「シングス・ハヴ・ガット・トゥ・チェンジ」でカル・マッセイの曲。4人によるフリーな即興ではじまり、あの、聴いているだけで拳を突き上げたくなってくるようなテーマがはじまるのだが、高音部で叫ぶような箇所の吹き方というか音色というか、これがもうタマランのです。テナーの、いや川下さんのためにあるようなメロディラインで、こういう濁らせ方というか、ほんとに「心得てますなー」という感じで、こういうのを聴きたいがために私は日々音楽を聴いてるのである。本アルバム中ではもっともアグレッシヴな演奏ではないか。めちゃくちゃかっこいい! こってりしたピアノソロもすばらしいが、そのあとのベースソロの入り方とかもかっこいい。かなり自由なドラムソロから、テナーがからんできてデュオになるあたりもめちゃ好みである。そして、混沌としたなかからテナーがテーマを吹きはじめる。あー、マジかっちょええ。7曲目は「この世の果てまで」。洒脱な、楽しい演奏だが、ここまで聴いてきてコレというのは、なんだかしみじみしてしまうよね。ええ曲や。ベニー・グリーン(トロンボーンの)の「君住む街角」を思い出した。こういうのも川下さんは上手い。モダンで洒落たピアノソロも、外し方がなんともいえない。そしてラストはなんと尾崎豊の「アイ・ラヴ・ユー」。テナーの無伴奏ソロからテーマに入るが、震えるような独特のビブラートがかかった演奏でほとんど全編ストレートにメロディを吹くだけなのだが、その吹き方がめちゃくちゃ個性的で川下節全開なのだ。心に染み入るような演奏で、これなら尾崎豊ファンも納得するのではないか。アルバムの最後をしめくくるにふさわしいエンディングである。というわけで、いやー、バラードでした。バラードにつきる。すばらしいアルバムでした。傑作なのでみんな聴くように。

「漂浪者の肖像」(OFF NOTE/AURASIA AUR−2)
川下直広

 川下さんのこんなアルバムは実は存在も知らなかったが、某所で教えてもらい、聴いてみて驚愕。めちゃくちゃ凄かった。いやー、びっくりしたなあ。テナーサックスのみの演奏で、1曲目から5曲目までは無伴奏ソロ。1曲目の「トゥー・ヤング」からかなりびっくりする。ソロでここまでなあ……という感じ。とくにものすごいことをしているわけではないのだが、とにかく真摯に吹いているだけでここまでの高みに到達してしまうのが驚きなのだ。ナット・キング・コールのバージョンでよく知られているあの曲だと思うが、これを1曲目に持ってくるというのも大胆である。2曲目は「セント・トーマス」で、テナーの無伴奏でカリプソというかラテンリズムを感じさせるのもむずかしいと思うが、そういうことが枝葉末節に感じられるほど、おおらかで豪快な演奏。歌心爆発の迫真のブロウが展開する。フリーにいってしまうならともかく、リズムとコード進行をしっかり保ったまま自分を表現するというのは非常に難しいと思う。といって、ブランフォード・マルサリスがやっていたように、「いかにもリズムセクションがいるかのように」サックスソロを吹くというのは、なんの意味があるのかよくわからない。川下さんはあくまでテナーソロである自由さ、フリーにいってもかまわない、というスタンスのなかで、カリプソを保ち続けている。すばらしい。しかし、テナーソロの白眉はここからで、3曲目の「バラ色の人生」と「ケセラセラ」のメドレーは最高としか言いようがない。ゴリゴリ吹きまくるイントロ(?)から、武骨に歪んだシャンソンがじりじりと吹奏される。それは「人間」としかいえない音楽で、ああ、音楽ってこういうのでいいんだなあ、とこれまで切り捨ててきたいろいろなものを肯定してくれるような演奏だった。こう書くと、いい加減な演奏と思うひとがいるかもしれないが、とんでもない話で、川下直広という人間がそこにいて、自分き生きてきた人生を大声で、ときに照れながら、ときに堂々と、ときにグズグズとブツブツと語っているような演奏だ。アーネット・コブの演奏を、バディ・テイトが「今からテナーサックスの巨人が皆さんにストーリーを語ります」と紹介していたが、まさにそんな感じ。つまりは「シャンソン」なのだ。この3曲目のあたりで聴いているほうは完全に「つかまれて」しまって、リズムセクションなんかいらーん、という気になっている。というか、ソロであることを忘れている。つぎの「これからの人生」という曲はよく知らんけど、ミッシェル・ルグランの曲だそうだ……と言っても、聴いてみると知っている曲なのだが、どこでいつ聴いたのかはわからん。この演奏など、ひとりオーケストラといってもいい表現で、高音部で泣き叫ぶような部分に心動かされないひとはいないだろう。テナーというのはこういうふうに吹くために生まれた楽器なのだ。テナーサックスという楽器のなかに生まれる衝動を川下さんは忠実に吹奏しているのだ。ヴァイオリンも弾くし、ソプラノも吹くし、ほかの楽器も扱うひとだが、川下直広はテナーの申し子だと思う。曲自体にはなんの意味合いもなくても、川下さんが吹くとそこに慟哭が加わるのだ。そして、「友よ」から「今日の日はさようなら」のメドレーも、川下さんの経歴を知っていればなるほどと思うだろうが、そうでもなくてもこのブロウの説得力はとんでもない。とくに高音部の戦前ブルースシンガーのようなシャウト、生々しいビブラートなどは、聴く者の心を揺り動かす。実際に吹いてみると、テナーのかなりの高音部ばかりを使っていて、テクニック的にもむずかしいのだが、もちろんそんな域を超えた「絶唱」だ。ああ、めちゃくちゃかっこいい。サックスの無伴奏ソロでこれだけ聴かせるというのは、なかなかできることではない。私はCSで海外のジャズミュージシャンが毎回30分ソロをするという番組が好きで、けっこうよく観ているが、ものすごく上手いひとも、いろいろギミックを使うひともいるのだが、たいがいは「うーん……」と思ってしまうものが多い。それに比べると、川下さんのテナーソロはめちゃくちゃすばらしいと思う。6曲目からは渡辺勝のピアノ、ボーカル、ギターが加わって、ますますフォーク的になるが、このふたりの演奏をちょっとまえに「なってるハウス」で観たばかりである。なってるハウスではPAのせいで歌詞があまり聞き取れなかったが、こういう具合にはっきりと歌詞がわかるとその凄さがわかる。雑な言い方かもしれないが、このひとの歌い方は川下さんのテナーの吹き方とよく似ていると思う。まるで双子のようなデュオ。心に染み入る。そして、このアルバムでなにより好きなナンバー「ベアトリ姐ちゃん」。田谷力三などの浅草オペラで有名な曲だが、渡辺の歌い方はオペラとはまるでちがうにもかかわらず、なぜか浅草オペラの匂いを放つ。川下のテナーもアコーディオンのように響く。一曲挟んで最後はおなじみの「ラジオのように」だが、これもいいんですねー。船戸博史のベースをはじめ、ほかのメンバーも全員、この曲を演奏するふさわしいメンバーで、嬉々とした雰囲気が伝わってくる。傑作としかいいようがないアルバム。ある意味、川下直広の代表作ではないかも思います。すばらしい!

「RADIO」(地底レコード B28F)
KAWASHITA NAOHIRO FUWA DAISUKE YOSHIGAKI YASUHIRO SHIBUYA TAKESHI

 何度聴いても傑作だとしか言いようがない。上手さと熱気が同居した音楽というのは、じつはそんなにないと思う。しかし、本作は上手さと熱気の同居などという次元をはるかに飛び越えて、そんなものはどうでもいい、という境地で演奏しているようだ。聴いているとスピーカーから熱風が吹き出してきて、その熱さが快感で顔を突っ込んでいるうちに「あっちちち……!」と火傷するような炎の演奏である。もちろん4人とも超絶技巧のひとたちなのだが、もう、なんか、こういうものを聴いてテクニック云々とか話すこと自体が無粋な気がする。そんなものは当然「ある」のだ。もともとカセットで発売されていた演奏だが、CD化にあたってカセットとはちがうテイクが採用されているらしい。テナー、オルガン、エレベ、ドラム……というソウルジャズの定番的な編成だが(渋谷さんはピアノは弾かずオルガンのみ)、どこを切ってもそんな音は出てこない。ひたすら熱く、その場限りの魂のぶつけ合いが展開する。ずっとビート感はあるし、コードもあるのだが、これは「フリージャズ」、それも、古いタイプのフリージャズだと言い切っていいと思う。つまり、オーネット・コールマン、アルバート・アイラー、アーチー・シェップ、ファラオ・サンダース、ローランド・カーク、チャールズ・ミンガス……などがやっていたような、「ジャズ」を引きずっている演奏だ。俺はとにかくこういうのが好きなのだ。フリージャズという言葉自体、いろいろ問題があって、使うのははばかられるが、この演奏にかぎっていうと、「フリージャズ」以外に適切な言葉は見あたらない。こういうと「古いタイプ」という言葉に引っかかって、けなしているのではないかと思うひともいるかもしれないが、これは私にとって最大級の賛辞であって、ほかに適当な言葉が見つからないから使っているのだ。音楽において「古い」はいかんのか? ジャズはどんどん新しくなっていく、みたいな妄言を信じているからそう思うのでは? オーネットもアイラーもデヴィッド・ウェアもカークもコルトレーンもドルフィもいない今、彼らの音楽の上澄みだけすくって形を整えているひとたちの演奏を聴くしかない状況で、ここに聴かれるような、彼らに等しい感動と興奮を与えてくれる(それは「なぞっている」ということではなく、まさに「等しい」のである)演奏がいかに貴重か、ということであって、それを「古いタイプのフリージャズ」といういささか適切でないかもしれない、乱暴な言葉にこめているつもりである。幸い、日本にはそういう凄いミゅージシャンがいて、今日(こんにち)のフリージャズを奏でてくれているので、本当に感謝しかないし、いい国に生まれたなあと(音楽的な意味においてだけは)思うのである。1曲目、まず川下直広のテナーが伴奏ソロでざらついた音色でマイナーなメロディを歌いあげるところですでにこのアルバムの成功は保証されたようなものだが、そのあと鋼鉄のようなエレベのラインが入ってインテンポになってからは、ひたむきな5人(ソプラノのジャンニ・ジェビアも含めて)の灼熱の演奏に巻き込まれてあれよあれよという間に聞き終えてしまう。芳垣のシンプルなドラムや、不破のごついベース、そして、過激なオルガンによるリズムセクションはもう最高すぎて聴くたびに「ひえーっ」とのけぞる。2曲目は「ラジオ」という曲名(アルバムタイトルにもなっている)だが、聴いてもらえばわかるように「ラジオのように」である。川下さんのかなり高音部中心の自由なリズムでの演奏ではじまり、その流れに身をゆだねていると、ベースがラインを弾きはじめる。そこにオルガンがささやくように入ってくる。この快感をなんと表現したらいいのか。王道? そう、王道だ。かっこよすぎる。川下さんの、どう聴いても川下直広以外ではないテナーのニュアンスにうるうるしてしまう。これだけ個性的な音を出すひとは貴重だ。そういう意味ではここにつどう4人、全員そうなのだ。こういう長尺の演奏で、ダレることなく、切迫感をキープしながら高みを目指していくような演奏は呆れるというかなんというかすばらしすぎる。渋谷さんのわけのわからんオルガンソロもワンアンドオンリーで美しい狂気の産物である。美しいといえば、途中から入ってくるキラキラしたマンドリンか大正琴のようなトレモロの弦楽器は川下さんのヴァイオリンか、オルガンのそういう音なのか? これも狂った美しさがあって好きだ。ラストテーマで朗々と吹きあげるテナーのバックにおけるへヴィすぎるリズムのかっこよさはもう筆舌に尽くしがたい。3曲目も同様で、テナーの自由なソロからはじまり、それにまとわりつくようなリズムセクションとともにテーマに突入する。こんなシンプル極まりないリフで盛り上がりまくるのだから、ジャズはいいですね。とくに渋谷さんのオルガンのめちゃくちゃさは笑ってしまうぐらいすごいです。ゲストとしてソプラノのジャンニ・ジェビア(超上手い)が2曲参加。アルト、ソプラノ、クラリネットなどなんでも吹くひとだが、ここではソプラノに絞っている。このバンドは、5年ぐらいやっていたらしくて、そのあいだゲストをいろいろ入れたりしていたので、本作録音時にたまたまこのひとがゲストで入っていたということらしいが、見事に溶け込んでいる。傑作。