takayuki kato

「TRIO1997」(地底レコード B55F)
加藤崇之・是安則克・山崎比呂志

 よくぞ出してくれたと地底レコードに感謝したい。すべてが同じメンバーによるギタートリオ編成で、しかも同じときのライヴ音源なのだが、それが信じられないほどに音楽的な振り幅が大きく、これがひとつのバンドなのだから、とてつもなくバラエティのある音楽性だと思う。1曲目はギターシンセ的な音が主体のエレクトリックな交響曲のような壮大・荘厳な音楽、2曲目はほぼフリーインプロヴィゼイションと思われる演奏、3曲目は間をたっぷりといかした、精神性も感じさせる演奏(これもほぼフリー)、4曲目以降は大スタンダードで非常にオーソドックスなビバップ的なギタートリオ。4曲目はバラードでメロディを大切にした美しい演奏(泣ける)、5曲目はギターソロによるバラード風にはじまって、インテンポになる。6曲目は単なる「オレオ」のはずなのだが、テーマが終わるや、コードもリズムもバラバラに解体され、いわゆるバップセッション的な循環コードの曲……とはまったく別物の、自由な解釈による演奏が展開し、スリリング極まりない。ぼくみたいな素人にすると、異常なタイム感、浮遊感だと思うが、どうなのだろう。最後にはとんでもないところにまで連れて行かれる。やりたい放題。この曲、すげーよなー。こういうコラボレーションを「トリオ」というのだ。ただ単に、3人で演奏しているからトリオなのではない。この3人がこの演奏には必要なのだ、という理由があるからこそ「トリオ」なのだ。というわけで、どの演奏も、加藤崇之のギターの「音」が生々しく粒だっていて、録音の良さも感じられる。ベースとドラムもバランス良く録れていてうれしい。私は普段はギタートリオなどは聴かないし、知識もないし、その面白さもわからないまま長年過ごしてきたが、さすがに最近はたまに聴くと、「おお、ええなあ」と思うようになってきた(人間ができてきた?)。もちろん、このアルバムの良さはしみじみわかるのである(と思う)。それは、主役の加藤崇之さんはもちろんのこと、すばらしいベースワークを聴かせる是安さんあってのことだと思う。東京在住でない私ですら、いろんなセッティング、いろんなシチュエーションで生で聴いてきた是安さん。このアルバムの発売は本当に意義深いし、ありがたいことだと思います。

「TEN−SHI」(FULLDESIGN RECORDS FDR−2019)
加藤崇之×藤掛正隆

 これは本当にすごいアルバムで、いつまでも聴いていたいと思わせるような極楽音楽の缶詰みたいな内容である。私にとってはフリーインプロヴァイズドミュージックにおけるゴンチチのようなものだ。ギターとドラムのふたりだけなのに、そこに展開する音楽はこのふたりの過去の音楽体験、知識、技術などから昇華されたオーケストラのようで、これが即興であるとかないとか関係なく、だれが聴いても楽しめると思う。一曲ごとに様相が変わるが、どの演奏もその迫力や躍動感は半端ない。たいへんな集中力によってたがいに聴き合うことでもたらされた緊密なやりとりが、音のタペストリーとなって完成していくさまを我々はまざまざと体感することができる。至福! タイトルにもあるように、まさに天使の音楽であって、最後の審判のときに天使がラッパを吹いて聞かせたのはこれではなかったかと思うような、天上界の、そして地獄界に鳴り響いているであろう音楽である。と書いても、具体的にはなにも書いていないに等しいので、なんのこっちゃと思うかもしれないが、こればっかりは聴いてもらえないとわからないと思う。めちゃめちゃおもろいからとにかく聴いてほしい。

「PEPETAN」(地底レコードB66F)
加藤崇之

 ものすごーくベタな表現だが「心が洗われる」。そして、静かに興奮する。ガットギターのソロ。しかもライヴ。ということで、どんなテンションでの演奏だろうと思っていると、めちゃくちゃ聴きやすく、かっこよく、音楽的にもさらりと高度で、もう言うことのないものだった。ギター一本でのソロというと、ふだんは管楽器しか聴かない私のような人間にはけっこうきつかったりするのだが、本作はきついどころかものすごく楽しく、聴いている間中ニコニコしていた。リズムとメロディとハーモニーを同時に奏でるという意味ではいわゆるクラシックギターのソロのような面もあるのだが、ちがうのはゆらぎというかタメというかメリハリというか、要するにスウィング感、グルーヴが半端ないことで、聴いているとこちらの身体が揺れてくる。いつもの加藤さんというかエレクトリックギターの加藤さんは千変万化する音色とフレーズで独自の世界を構築するが、ここではまるで別人のような音楽でちょっとびっくりする。しかし、やはり同一人物だなあと思うのは、なんというか、確固たる美意識が共通しているように思うのだ。ごまかしのきかないガットギターオンリーのソロをライヴ録音することは、本人にとっても一種の挑戦だろうと思うが、その挑戦は大成功したと思う。ジャズ、クラシック、ボッサ、童謡……などにわたる選曲もすばらしい。一曲一曲、磨き上げられた珠玉の作品ばかりで、愛おしそうに演奏されているのが伝わってくる。当分、毎日これ聴いとこ。そして加藤さんご本人が描いたらしいジャケットの絵がめちゃめちゃ秀逸で驚く。ぜったい有名なポップアートのひとが描いたと思ったもんね。ジャケットを眺めながら聴くと、よりいっそう楽しくなります。傑作。