elvin jones

「ELVIN JONES LIVE AT THE LIGHTHOUSE VOLUME1」(BLUE NOTE CDP 7 84447 2)
ELVIN JONES

エルヴィン・ジョーンズが亡くなったので追悼の意味をこめて聴いてみたが、一曲目の途中から、追悼とかそんなことは関係なく、ひたすら聴き入ってしまった。ああ、やっぱりライトハウスはええなあ。このアルバム、昔から、一部の好事家のあいだではたいへんな傑作であると言われてきたが、もしかしたら一般のジャズリスナーには、荒っぽい2テナーのアルバムとしか受け取られないかもしれない。しかし、このアルバムこそ、70年代〜80年代のジャズテナー吹きを技術的・精神的に支えてきた名盤なのである。つまり、アマチュアミュージシャンにとっての聖典なのだ。無骨なグロスマンとリーブマンの吹きあいを支えるコード楽器はジーン・パーラのベースのみ。エルヴィンは例によって、がんがらがんがらとぶっ叩いているし、ふたりのテナー吹きはほんとに好き勝手に吹きまくっているし、聴いているうちにこっちも入り込んでしまい、すぐに「イーッ」となってしまう。全曲、いいとか悪いとか、そういう言葉がむなしくなるほど、「テナー吹きにとっては」おいしい、すばらしい、涎たれまくりの演奏ぞろいである(CDには、「トーラス・ピープル」が入っているが、これってグロスマンのオリジナルだとずっと思ってた)。すごいぞエルヴィン。すごいぞグロスマン。すごいぞリーブマン。やっぱりジャズっちゅうのはこれだよなあと、どうしても思ってしまいますね、わしは。ゴジラ、モスラ、ラドン、三大怪獣の激突、みたいな感じ。こういう「ものすごい」ものって、最近はあんまりちまたでは聴けないけど、私の精神的故郷みたいなところあるな、エルヴィンとかウディ・ショウとかって。

「ELVIN JONES LIVE AT THE LIGHTHOUSE VOLUME2」(BLUE NOTE CDP 7 84448 2)
ELVIN JONES

 ライトハウスの第二集。第一集とグレードは変わらない。アンソニー・ウィリアムス、ディジョネット、ラルフ・ピーターソン、ジェフ・ワッツ、ブライアン・ブレイド……すごいドラマーは一杯いるが、結局エルヴィンを超える人はひとりもいなかった。超える、というか、真似するというか、むりなんだよねー、ああいうスタイルは。一歩まちがえると、めちゃめちゃ下手くそにきこえてしまうであろう、どんつくどんつく、どんがらどんがら、がわらんがわらん……といった、バケツのなかに瓦礫をいっぱい入れて、両手で掻き回しているみたいな感じの音。エルヴィンがやるからかっこいいのである。それがわかっているからこそ、彼をストレートに受け継ぐドラマーはいないのである(もちろん、物まねということでは、一番まねやすいかもしれないが)。つまり、彼の死によって、こういうスタイルのドラムは永遠に失われたのだ。悲しいことだが、ジャズというのは本来そういうものなのだから、しかたがない。我々は残された音源をだいじに聞き続けるしかない。その意味で、この二枚組は、絶好のエルヴィンのサンプルである。一曲目のエルヴィンの誕生日を祝う歌声から、一転していつものどんがらどんがらという怒濤のエルヴィンミュージックがスタートする。すさまじいドラムソロ。そして、二曲目のテナーの無伴奏ソロのかっちょよさ。4曲目のソプラノソロは頭がおかしいとしか言いようがないものすごさ。一言でくくると、やはり「コルトレーン」ということになるのだろうが、ここまで徹底すると、もはや「エルヴィン・ミュージック」と呼ぶしかない。極上の、悪魔の音楽である。

「LIVE IN JAPAN VOL.2」(TRIO RECORDS PAP−9200)
ELVIN JONES JAZZ MACHINE

 高校生のときに中古屋で買って、「出会い」ということに感動したアルバム。それはまさしく「出会い」としかいいようがない体験だった。なーんにも考えずに中古屋に行き、
おもろそうなアルバムはないかいなあ、と探していて、ふと目についたもの。エルヴィンはもちろん知っていたが、ほかのメンバーの名前はまったく知らなかった。それでも買おうと思ったのは、ジャケットにドカーンと写っているエルヴィンの汗まみれの顔面の迫力に負けたのだろう。第一集ではなく、第二集を先に買ったのもよかった。やはり「出会い」なのだ。第一集から聴いていたら、やはり少しは印象が変わっていただろう。とにかく家に帰って、聴いてみて、どわーっ、とぶっとんだ。感動した。どこに感動したのかを説明するのはむずかしいが、フランク・フォスターのロートンのエッジの立った太くて鋭い音、パット・ラバーベラの完全にコントロールされた奏法でのテナーとソプラノ、ローランド・プリンスの訥々とした単音ギターのソロ……などなど、どれもすばらしいが、やはり全体を包み込み、ブルドーザーのように前へ前へとすごい馬力で押し進めていくエルヴィンのうねりのような度迫力のドラムに感動したのだろう。選曲もめちゃめちゃ良くて、B面の「アンティグア」がなんといっても白眉だが、「ケイコズ・バースデイ・マーチ」のエルヴィンのザラザラザラザラ、グワラグワラグワラ……ドシーン! という粒の粗いマーチングロールと2テナーのブロウ、エルヴィン自作の「EJブルース」(ブルース形式ではない)のシンプルイズベストな「そぎ落とし」の快感、コルトレーンの「ベッシーズ・ブルース」のEフラットの快調なテンポのブルースでのソロの応酬など、楽しみどころが多い。どこを切っても、エルヴィン印の「ジャズ」がぎっちり詰まっている。こんなアルバムを聴いてしまったので、以来ずっとエルヴィンのファンでいる。ジャズマシーンもどんどんメンバーが替わったが、どの時期も好きだっせー。あと、ついでだから書いておくと、エルヴィン・ジョーンズ・ジャズ・マシーンで不思議なのは「エルヴィン・ジョーンズ・アンド・ジャズ・マシーン」でも「エルヴィン・ジョーンズ・ズ・ジャズ・マシーン」でもないこと。たとえば「アート・ブレイキー・アンド・ザ・ジャズ・メッセンジャーズ」とかが普通なのに、どうしてこういう表記なのか。どうでもいいことだが……。

「ELVIN JONES QUINTET/QUARTET LIVE IN NEW YORK 1974 & 1976」(HUDSON RECORDS HR50092433)
ELVIN JONES

 はじめの3曲がグロスマンとフランク・フォスターの2テナーにローランド・プリンスを入れたクインテットのライヴ、あとの1曲がパット・ラバーベラに川崎遼が入ったカルテットのライヴ。ジャズマシーンという名前になる直前とものだと思う。グロスマンのかわりにラバーベラが入ったのが日本に来たバンドである。曲もだいたい同じような感じで、最初のクインテットは「アンティグア」「スリー・カード・モリー」など、あとのカルテットは「至上の愛」をやっていて、ほぼ日本公演と重なる(まあ、エルヴィンは生涯これらの曲をやっていたといえばそうだが)。しかし、ブルーノートのころのエルヴィンバンドはだいたいグロスマン、リーブマン、フォスター、ジョージ・コールマン、ジョー・ファレル、ペッパー・アダムス……などなどが入り乱れての録音で、こういうグロスマンとフォスターのシンプルな2管というのはたぶんないと思う。めちゃめちゃいいっすよ。まあ、思い入れもかなりあるので、その分を差し引いてもいい演奏だと思う。もちろん曲もいい。エルヴィンもニューポートジャズフェスのライヴということでアグレッシヴに叩きまくっているし、このころのグロスマンが聴けるだけでもうれしい。そういえば「ミスター・サンダー」はCD化されないのか? エルヴィン〜グロスマンだと、あれがいちばんええぞ。あれを聴けば、グロスマンはソプラノではなくテナーにかぎるよ、という馬鹿な意見は出てこなくなるはずなのだが。あ、余談でした。曲ごとに触れていくと1曲目は「アンティグア」で当時としてはけっこう新曲だったと思われるが、「ライヴ・イン・ジャパン」より荒い感じでテーマが奏でられたあと、先発はおそらくフォスター。フォスターは音色がロートンなのでちょっとラーセンに似たざらついた感触で、しかも太い。モード曲でも一発的な処理をして丁寧に吹く。マイナーブルース的なブルージーなフレーズも使う。ただ、ぶわーっとスケールを上下するようなフレーズは、リズム的にも雑なときがあり、それも(たとえばビリー・ハーパーがそうであるように)魅力のひとつとなっている。フラジオも多用するが、澄んだ音で、あまり吠えるような感じはない。というようなところが特色だと私は個人的に思います。つづくグロスマンは、フレージングがやはりコルトレーン以降のコードへのアプローチで、しかも超うまい。と、ここまではフォスターとグロスマンの聞き分けはちゃんとできる。そのあとのギターソロも朴訥ながら味わいのあるソロで、さすが作曲者だ(ローランド・プリンスが下手だという意見もあるが、そんなことはないと思う)。2曲目はフォスターのマイナーブルースで、ジャズロック風の曲。片方がソプラノに持ち替えているが、これはクレジット通りグロスマンということでいいと思う。ただ、3曲目の「スリー・カード・モリー」はどうだろうか。先発のソプラノはたしかにグロスマンっぽいが、そのあとのテナーソロはフォスターなのか。音色はたしかにロートンの、ちょっとワウがかかったような音だが、フレーズがめちゃくちゃえぐくて、アウトしまくりだし、替え指を使ったツータラツータラというフレーズも多用しているし、いちばん「?」と思うのは、フラジオでの絶叫みたいな音で、これはものすごくグロスマンっぽい。というかフォスターっぽくない。クレジットでは、フォスターはテナーのみで、グロスマンがテナーとソプラノということになっているので、それを信じるならば、この曲は最初のソロがグロスマンでつぎのテナーソロはフォスターということになるのだが、うーん……ちょっと疑問符を頭につけながら聞きました。まさか両方ともグロスマンってことはないよね。フォスターもソプラノは吹くからなあ(というかアルトもクラリネットもバスクラも吹く)。ライヴ・イン・ジャパンでは、ラバーベラがソプラノを吹いていて、フォスターはテナーのみなので、このアルバムでもそういう楽器構成である可能性は高いから、やはりクレジット通りなのか。このときたまたまフォスターがものすごくえぐいソロをしたい気持ちだったのか。たまたまグロスマンのフレーズを真似たのか。まあ、よくわかりません。この疑問を解消するために、購入して数日で10回ぐらい聴いたが、わからんものはわからん。たぶん、プロのテナー奏者が聴いたら、一秒で即答するようなことだろうと思うが、私にはわかりません。一応、「ライヴ・イン・ジャパン」(うちのはLPなのです)もひっぱり出してきて、この時期のフォスターのソロの組み立て、音色、フレーズ、癖なども研究してみたがそれでもよくわからん。ほかのアルバムでは、フォスター、グロスマンという2管のものはないと思う(3管のものはある)ので、たしかめようがない。とまあ、ふつうに聴く分にはどうでもいいことをぐだぐだ書いてしまったが、それだけこの「スリー・カード・モリー」のテナーソロが爆発的にかっこいいということです。しかし、ライナーノートにもあるように、本アルバムのハイライトはこのあとの曲だ。二年後のライヴで、メンバーはパット・ラバーベラのワンホーンでギター(川崎遼)もベースも変わっているが、そのカルテットによる「至上の愛組曲」という曲である。これは、「至上の愛」の1曲目と2曲目をドラムソロでつないだもので、めちゃめちゃかっこいい。ベースソロではじまるオープニング、スピリチュアルな最初のテーマ、そして、ラバーベラのすごいソロ(いや、もうかなり凄いです)、それを煽るエルヴィンの化け物じみたドラミング……どれをとっても最高である。そして、これもアグレッシヴなかなり長いドラムソロ(躍動的かつイマジナティヴな、まさにエルヴィン!という感じのソロ)を経て、テナーでモードジャズといえばこの曲、であるところの「至上の愛」の二曲目が高いクオリティで演奏される。ラバーベラというのは、エルヴィンのバンドにいちばん合ったテナーではなかったかと思う。ここでも強烈なアプローチで、テナー好きなら垂涎のすばらしいソロをするが、エルヴィンのドラムも凄い。コルトレーン〜エルヴィンという関係は、コルトレーン主でエルヴィン従、エルヴィン〜ラバーベラという関係は、それが逆になっているわけだが、音楽的なクオリティでいうと、そういう精神的な部分だけじゃないでしょうか、両者のちがいは。全体的に川崎遼がものすごく個性的でかっこいいソロやバッキングで盛り上げているが、これはローランド・プリンスが単音で、グラント・グリーンみたいに弾くのとはもうまったく別世界の演奏で、しかもそれがエルヴィンのモードジャズ世界にぴったり合っているのだ。というわけで、ええアルバムです。よくぞ出してくれました、とお礼を言いたいぐらい。ひとつだけ文句があるとすれば、1枚組なのに3750円は高いでしょう。清水の舞台から飛び降りたつもりで購入したが、演奏がいいのはもちろんだが、音質も上々だったのでホッとした。ま、いやなら買わなきゃいいのだから、文句をつけるのはおかしいかもしれないけど。

「PUTTIN’ IT TOGETHER」(BLUE NOTE RECORDS BST−84282)
THE NEW ELVIN JONES TRIO

 エルヴィンのアルバムのなかで、結局いちばんバランスがいい、というか、ひとにおすすめできるのは本作ではないか……などと考えたりした。思い入れがあるアルバム、好きなアルバムはほかにも一杯あるのだが(「ミスター・サンダー」を筆頭に、「ライトハウス」とか日本のライヴとか「ソウル・トレーン」とか「オン・ザ・マウンテン」とか、もういっぱいある)、そのどれもがちょっといびつな気がして、エルヴィンってどんなん? というひとに、こんなんですよと一枚渡す……というにはどうなんだろう。もちろんそのいびつさ、はみだし感、まとまりのなさ、野放図で奔放で細かいこと(メンバーのチョイスなども含めて)を気にしないおおらかさなどがエルヴィンの大きな魅力のひとつだとは思うが、このアルバムなど、一番そういう意味で、エルヴィンの魅力が全開だし、共演者とのコンビネーションやらなにやらもうまくいっているし、聴いてもらえれば、エルヴィンの凄さが伝わるにちがいないと思う。エルヴィンのファンや、実際にドラムを叩いているひとのあいだでは本作はとても好んで聴かれているようだ。本作のおもしろいところは、そういう人選の良さ、選曲の良さ、編成の良さその他の「良さ」が、もしかしたら考えたうえのことではなく、たまたまそうなったのでは……と思わせるところにある。だって、ブルーノートのほかのアルバムは編成が大きかったり、複数のサックスのなかに「?」というひとがいたりと、本作が図抜けて出来が良いし、本作とまったく同じ編成の、同日録音かと思わせる「アルティメイト」(ほんとは5か月後の録音)も、本作ほどではない。きっとさまざまな偶然やなんやかんやが重なって奇跡的な傑作ができたのだと思う。と長々と書いてしまったが、ではおまえはこの作品は好きなのかときかれたら、それはたいへん好きだが、なにしろ私はジョー・ファレルのあまり良い聴き手ではない(何度も書いたとおりです)。本作の魅力のかなりの部分をファレルのすばらしい演奏が担っていることはもちろんだが、ラーセンのスカスカな音色、あざといアーティキュレイション、バップとモードの両方うまくこなす器用さ(の反面の中途半端さ)などがなんかちょっと好みから外れているのだろう。フルートはめちゃうまいし、ソプラノも好きなんだが、テナーがなあ。でも、今回これを書くにあたって何度も全部を聴き直したが、やっぱりかっこいい。ピアノレス・ワンホーンで奮闘するファレルが曲によってさまざまなアプローチをしながら個性をぶつけ、それをエルヴィンが煽りまくるところ(しかもファレルは完璧にそれに応えている)や、エルヴィンの自由すぎるドラムソロなど、聴きどころ満載だ。というわけで最初の話に戻るが、エルヴィンのどれか一枚ということで、ひとにおすすめするとしたら本作かなあと思ったのだ。これがファレルではなく、私が好きなほかのテナーにチェンジしていたら、はたしてこんな傑作になったかどうかはわからない。そういうところが面白いですよね。なんか、今度廉価盤で再発されるらしいので、皆聴こう。

「THE TRUTH−HEARD LIVE AT THE BLUE NOTE」(HALF NOTE RECORDS)
ELVIN JONES JAZZ MACHINE

 2004年に出ていたらしいが、知らんかった。1999年のライヴで、マイケル・ブレッカーがゲストで入っている。正直、エルヴィン晩年の、3管とか4管のジャズマシーンよりは、2テナーのころ(もしくはテナーひとり)のほうがずっと好きなのだが、マイケルが入ってるなら聴くしかない。と思って聴いてみると……なるほど7曲中ブレッカーが入ってるのはフィーチュアリングのバラード「ボディ・アンド・ソウル」と「五木の子守歌」(イツゴの子守歌、と誤記されている)の2曲だけなのだ。そのことはジャケット裏の表記からはわからないので、ちょっといかがなものかと思ったが、その2曲がすごけりゃいいじゃん。1曲目は超おなじみ「EJブルース」で、ソロはトランペットのダレン・バレット(すごく上手い)とエルヴィンのみ。2曲目は「ストレート・ノー・チェイサー」。ジャムセッションじゃあるまいし、なんでこの曲を……と思ったが、聴いてみると、テーマはトロンボーンとテナーの2管だけ。テーマが終わると一瞬だけピックアップでテナーがちょろっと吹くのだが、なぜかロビン・ユーバンクスのトロンボーンソロに突入(編集されてるのか、それともソロオーダーをテナーが勘違いしたのか?)。もちろんトロンボーンソロはめちゃくちゃ上手いのだが、エルヴィン・ジョーンズ・ジャズ・マシーンで延々と普通のブルースを聴かされてもなあ……(しかもめちゃくちゃ長い)。そのあとモーダルな感じのピアノソロになるのだが、そこにテーマが入る。これがなぜか3小節目からなのだ。やっぱり編集かなあ。でも、サイズ的には合っているのだよね。1〜2小節目は飛ばすということが決まってたのか。そんなわけないよね。ちゃんと真面目に聴かないと真相はわからないけど。そのあとドラムソロになって、テーマに入って終わり。なんなんだろうね、この演奏は。客はめちゃ盛り上がっているのもようわからん。3曲目はブレッカーをフィーチュアした「ボディ・アンド・ソウル」。テーマの吹き方、崩し方からもうたまらんなあ。ソロに入ってからもちろんブレッカーは吹き倒すのだが、ここでエルヴィンのすばらしいブラッシュワークによるプッシュが聴かれたら、もっとよかったのに(随所にエルヴィンらしさは聴かれるが)。ブレッカーの凄さは存分に味わえます。4曲目はこれもおなじみすぎるぐらいおなじみのモード曲で、アントニー・ルーニー(ウォレス・ルーニーの兄弟)によるソプラノソロが大きくフィーチュアされるが、もっとがんばれ! といいたくなるようなソロで、もちろん上手いことは上手いのだか、エルヴィンのグループのテナー吹きは、もっとこう、取り憑かれたような狂気のあるひとであってほしいのだ。5曲目はこれもおなじみ「五木の子守歌」。いきなり凄みのあるテナーが出てきて、アントニー・ルーニーやるじゃん、と思っていたらブレッカーか。そら、これぐらい吹くわなー。ブレッカーの、どうやって音楽を構築していこうかという心の動きまでが見えるような、生々しいソロだと思います。エルヴィンとブレッカーのやりとりもすばらしく、この演奏が本作の白眉だと思う。エルヴィンがもう少し若かったら、もっとえげつない、最高の演奏になっていただろうが、これでも二者の個性のぶつかりあいは十分堪能できるし、ほかのドラマーではこうはならなかっただろう、という演奏になっている。すばらしい。6曲目はコルトレーン・カルテットでおなじみの「ワイズ・ワン」をピアノトリオで演奏。うーん、こここそブレッカー(もしくはアントニー・ルーニー)の見せ場ではないのか。ピアノトリオだけで12分半持たせるという意味では、手ごたえのある演奏で、ピアノは左手と右手がどちらも強力だが、もっとぐいぐいねじこんでくれてもいいかも。最後はこれもおなじみすぎる「スリー・カード・モーリー」で、ああ、この曲にブレッカーが入ってくれてたらなあ。ソロはトランペットとドラムのみ。このころのエルヴィンのドラムソロはある程度パターンが決まっているが、それでも個性はびんびん伝わってくる。トランペットは上手いけど、ここはテナーかソプラノでしょう。どうもそのあたりが解せんなあ。なお、ベースはジーン・パーラです。

「ON THE MOUNTAIN」(PM RECORDS
ELVIN JONES

 目を剥いたエルヴィンの顔ジャケットで有名なアルバム。当然、CDではなくレコードで所有すべきである。で、ジャケットだけでなく中身も凄い。ピアノトリオだが、いわゆるピアノトリオではない。ピアノ〜キーボードがヤン・ハマー、ベースはジーン・パーラである。このふたりがぶつけてくる当時としては最先端の過激なサウンドをエルヴィンが迎え撃つ。「胸を貸す」という感じでなく、あくまでエルヴィンは若手ふたりの提示するものを同じレベルで感じ、聴き取り、咀嚼し、それに対して自分のものをぶつけようとしている。その熱さが感動を呼ぶのだ。結果的に変な音楽になっている部分もあろうかと思うが、そのいびつさも含めて、かっこよすぎるのだ。このチープなシンセ、ロックリズム、変態ベース、そしてエルヴィンのポリリズム原始サウンドのぶつかり合いはとてつもない異形の美を構築することになった。それはある程度パーラとハマーの予期しているものであっただろうが、おそらく結果は彼らの予想を上回る形で、(誤解を恐れずにいえば)はちゃめちゃで素敵なサウンドに結実した。超かっこいいっす! 芳垣さんが好きなのもわかる。私はエルヴィンに関してはテナーが入っているものしか興味なくて、アルトとかでも関心はないほうなのだが、本作だけは別。管楽器不要。この三人にだけ許された世界である。傑作。

「ELVIN JONES JAZZ MACHINE AT ONKEL PO’S CARNEGIE HALL」(DELTA MUSIC & ENTERTAINMENT N77041)
ELVIN JONES JAZZ MACHINE

 2枚組未発表ライヴ。ピアノに故辛島文雄、ベースはおなじみアンディ・マクラウド、テナーは例によってふたりで、ひとりはカーター・ジェファーソンだが、もうひとりはドワイン・アームストロングというひとで調べてみてもよくわからない。エルヴィンの正規録音には入っていないのではないか(まあ、それほどエルヴィンに詳しくないから入ってるのかも)。生まれはちがうが、シカゴのひとだそうなので、もしかするとアリ・ブラウンとかの人脈かもしれない(根拠なし)。ダラー・ブランドノ「アフリカン・マーケットプレイス」に1曲だけ参加しているひとらしい。というわけで、フロントふたりはやや小粒かもしれないが、どちらもすごく丁寧かつガッツのあるいい演奏をしていて、聴きごたえは十分である。一曲ずつレビューしようかと思ったが、ここへ来て断念。そんなことしてもエルヴィンに対して意味がないような気がしてきたのだ。買ってからたぶん10回ぐらい聴いたが、いやー、これはいいわ。すばらしいドキュメント。テナーのふたりは、どちらも硬質というかバキパキしたノリで、非常にこのバンドにふさわしい。対比という面ではどちらも良く似たタイプで正直聞き分けができないのだが、それはエルヴィンの意図なので、ベイシーにおけるハーシャル・エヴァンスとレスター・ヤング(古い話だね)のようにタイプのちがうふたりのテナー奏者、という考えはなく、コルトレーン的な若いテナーをふたり入れて、相互に高め合うというのがエルヴィンの考えなのだ。そして、本作においてもその狙いは的中している。だって、グロスマンとリーブマンだって、フランク・フォスターとラバーベラだって、大きな意味では一緒ですよ。唯一(と言いきっていいかどうかためらわれるほど詳しくはないのだが)アリ・ブラウンとアンドリュー・ホワイトのときはかなりくっきりと個性の違いが際立ったような気もする。まあ、それはいいとして、本作は、なかなかレコードとかCDといった媒体にそのえげつないまでの凄さが入らなかった(ドラマーは、そういうひと多いと思う。ライヴで見ると死ぬほど凄まじいのにCDとかで聴くと10分の1ぐらいの迫力になっているひと。芳垣さんもそう)エルヴィンというドラマーの、ライヴの凄さを閉じ込めることに成功した1枚(2枚か)ではないかと思う。いや、ぶっちゃけた話、エルヴィン・ジョーンズって聞いたことないんですけどなにか一枚と言われて、本作を渡しても全然おかしくない。とてつもないド迫力で共演者をあおり、みずからのソロに全身全霊で挑むエルヴィンのすばらしい姿がここにある。そしてそして……辛島文雄! ここに収められている辛島さんの演奏は全部凄い。どの曲も凄いのだが、とりわけ2曲のバラード「イン・ナ・センチメンタル・ムード」と「マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ」での渾身のプレイはもうめちゃくちゃすばらしくて絶句もんである(とくに後者。悶絶します)。ギターのマーヴィン・ホーンというひとも「ソウル・トレイン」に入っているひとだが、全編にわたって活躍しまくっていて、ちょっと驚愕するぐらいすばらしい。武骨に歌いまくるのだ。このメンバーでの正規盤がこれまでなかったのが不思議なほどである。曲も「EJブルース」「ジョージ・アンド・ミー」「花嫁人形」(30分以上ある)などおなじみすぎるぐらいおなじみの曲に加え、「アンティグア」もやってるので、エルヴィンファンは絶対聞かなきゃダメっすよ。こういう、1曲が長尺でこってりしたとんこつラーメンみたいな演奏って、昔はどんな音楽ジャンルでもあったと思うのだが、だんだん減ってきた。それはそれだけの長さを飽きさせずにテンション保ったまま演奏できるひとが減ったのもしれないし、聴衆がそういうことを求めていないのかもしれないが、ここに収録されているのはそういうコテコテの演奏の最上の形のひとつである。このグルーヴ、音圧、野太いテナーの音、ピアノのフレーズ……などなどに身を任せていたら極楽であります。もうめちゃめちゃかっこいい傑作。

「LIVE!」(P.M.RECORDS CDSOL−46317)
ELVIN JONES

 実はちゃんと聞いたことがなくて(どこかのジャズ喫茶で一回だけ聴いた)、なぜかというとフロントのフランク・フォスターとジョー・ファレルのどちらもいまいち興味がなかったから……というと怒られるかもしれないが、実際そうだったのだ。75年に行われたコルトレーン・トリビュートコンサートのライヴ……ということだが、レコードだとA面、B面1曲ずつのコテコテなアルバム。ジョー・ファレルは正直、どうも苦手で、たぶんラーセンのマウスピースなのだが、音がいまいち好みではないのです。長年そう思っていたのだが、エルヴィンとの「プッティン・イット・トゥギャザー」とか「アルティメイト」とかはめちゃくちゃ好きだし、リーダー作のなかにも好きなやつがちらほらあるので、ここんとこあんまりそういう先入観を持たずに聴こうと思っていたのだが、本作でのファレルはもうすばらしくて驚愕。フランク・フォスターのソプラノもかっこええのだが、なによりもバックで繊細に大胆に叩きまくるエルヴィンのドラムに狂喜乱舞。エルヴィンのドラムって、生で観たときのあのとてつもない噴火のようなエネルギーが、どうしてアルバムに収まらないのだろう、と思っていたが、このアルバムはエルヴィンの叩くビートやポリリズムだけでなく、細かい心遣いや微妙なノリなどが如実にとらえられていてすばらしい。ジーン・パーラのベースも図太い音で録音されている。ゲスト扱いのチック・コリアもいいんだけど、ほかの四人が良すぎる。ドラムソロもこんな風にライヴ感満載で、しかも充実した感じの演奏はなかなかないのでは。いやー、エルヴィンかっちょえーっ! エルヴィンも古いしディジョネットも古いしブライアン・ブレイドも古いということがわかってない、マーク・ジュリアナを聴け、ヒップホップを聴け、とか言われても、それはそれとしてやっぱり永遠のドラムモンスターだと思う。チックのソロイストへのバッキングもめちゃかっこいい(チックの言葉としてライナーに載っている「コルトレーンとエルヴィンのデュオ、あれはブルーズなんだ」(わたしがざっくりと丸めました)というのも示唆的であります)。2曲目のファレルのフルートもええ味だし、コリアの知的というよりゴンゴン行くしっかりとモーダルなピアノソロ、ジーン・パーラの重厚でぶいぶいいわすベースソロもいいが、そのあとのエルヴィンのソロがすべてを薙ぎ倒す。えげつない説得力ですね。五人のベクトルがぴたりと合った傑作だと思います。ジャケット地味だけどみんな聴こう!