rudolph johnson

「THE SECOND COMING」(BLACK JAZZ RECORDS pCD−5281
RUDOLPH JOHNSON

 はじめて聴いたときはほんとうにぶっとんだなあ。それ以来、聴きかえすたびにぶっ飛んでいる。P−VINEから日本盤が出たときにすぐに買って、もう、目が点になった。こんなすごいひとをどうしてわしゃ今まで知らんかったんかと、そのことに驚いた。というか、これまでどんなジャズの本にも「ルドルフ・ジョンソンつーテナー吹きがいて、グロスマンよりもリーブマンよりもすげーっす」と、どうして書いていないのか。それが不思議だし、この凄すぎるテナーマンが、ジャズ界のトップに立つことなく無名で消えていったことにも驚くしかない。ブラック・ジャズがP−VINEで復刻されたとき、最初にこのアルバムを聴き、仰天し、失禁しそうになり、味をしめて、ほかのやつもだいたい聴いたが、このアルバムを超えるものはなかった。いやー、正直、あらゆるジャズのアルバムを俯瞰しても、このアルバムを超える衝撃はないんじゃないか。それぐらい私好みのテナーであり、サウンドなのだ。たった二枚しかリーダー作がないことも信じられない。どうしてエルヴィン・ジョーンズ・ジャズ・マシーンに入らなかったのかなあ。とにかく、音色がまず凄い。黒々とした、やや濁った、太い音で、高音から低音まで存在感のある音色だ。フリークトーンもめちゃかっこいいし、音を割ったような感じのハーモニクスも「叫び」を感じさせて最高。そして、コルトレーン的なメカニカルなフレージングをあくまで生々しいパッションとともに吹ききるそのド迫力。なめらかで流暢な部分と無骨でドスのきいた部分が同居する個性。なによりもブラックミュージックとしての情熱とグルーヴが心を打つ。曲もめちゃかっこいいので、作曲力もあるひとだ。メンバーでは、ピアノのカーク・ライトシーが有名人だが(たしかにすごくいい)、ドラマーのダグラス・サイズというひとがめちゃめちゃ凄くて、ジョンソンの激烈なブロウを煽って煽って煽りまくる。ひーっ、最高。全曲すばらしくて、聴きだしたらあっという間。買ってすぐにみんなにすすめまくったが、なぜか反応はあまりなかった。でも、わしゃこのアルバムを永遠に聴きまくり続けるぞ。とにかく、いろんな意味で私好みのテナーであり、アルバムなのであります。本作があまりに良かったので、もちろん初リーダー作の「スプリング・レイン」も聴いたし、ジミー・マグリフのバンドで吹いてるやつとか、チェスター・トンプソンのアルバムも聴いたが、とにかく本作が一番凄い。オルガンバンドで吹いてるやつは、オルガンジャズ寄りのわかりやすいフレージングになっているのだが、それでもたしかにテナーの音色はルドルフ・ジョンソン特有のものだし、リズムもいいから、十分楽しめるのだが、なんといっても本作を最初に聴いてしまったので、物足らないのはしかたがない。