mikio ishida

「TURKISH MAMBO」(FIVE STARS RECORDS FSY−507)
MIKIO ISHIDA TRIO

 あるサイトに載っていたこの石田幹雄というピアニストのライヴ報告を読んでいるかぎりでは、もっとアグレッシヴなフリー寄りのひとかと勝手に思っていたら、デビューアルバム(自主制作盤もあるらしいが)である本作を聴くかぎりでは、たしかに一曲目のトリスターノの「ターキッシュ・マンボ」(2テイク入っているが、どっちもめっちゃかっこええ!テイク2のほうが過激で興奮しました)や二曲目ミンガスの「ソー・ロング・エリック」、三曲目またトリスターノ「レクイエム」あたりまでは完全に私の好みで、おおっ、めちゃすごい、こらええわ、すごいピアニストが登場したでー……と思っていたのだが、四曲目以降、スタンダードがずらっと並ぶあたりから、やや様相が変わってきた。アップテンポのスタンダードではバド・パウエル的な歌心をみせるし、ちょっとひねったバップフレーズも出まくりで、聴くまえのイメージとはだいぶちがっていた。そういった演奏も非常にすばらしいし、ライヴでのすばらしさがこのスタジオ盤からも透けて聴こえてくるような気持ちにさせられるものばかりではあるのだが、こうまで趣味のいい選曲とかっこいいアレンジ、そしてその曲調をいかしたソロの演奏が並ぶと、これは私が聴かずとも多くのピアノトリオファンが愛聴する……というタイプのひとかな、と感じてしまった。でも、もしかしたらこの主人公はまだ全貌をさらしていないのかもしれない。そう思ったのは、唯一の自作曲「ワルツ」が、叙情性とアグレッシヴさが適度にバランスしており、(「ターキッシュ・マンボ」と「ソー・ロング・エリック」をのぞくと)本作中の白眉ともいうべき内容だからで、つぎはぜひもう少し自作曲を聴かせてほしいかも。あと、ぜひライヴに接してみたいかも。とにかく、このピアニストは超注目であることはもうぜったいまちがいない。早く第二弾出ないかなあ……。

「瞬芸」(TIGER SOUND RECORDS TGSR−0011)
石田幹雄 早川徹 福島紀明

一曲目のモンク的な過激な曲のテーマのかっこよさだけでも、もうしびれまくり。石田のピアノのフレーズは、一度に大量の音を出せるピアノという楽器がどうも苦手で、耳がついていかない私だが、全部、耳で追える。そういう意味ではバド・パウエルやアケタさんを連想させる。ドラムとベースもすごいが(とくにエレベのかっこよさは筆舌につくしがたい)やっぱりピアノが私の耳を、そして脳を支配する。いやー、これは傑作ではないでしょうか。日本のジャズは今すごいことになっとるなあ。ベースの早川さんの作った3曲目のバラード「ワルツ」の美しさも半端ではないが、4曲目の「ワン・オブ・ラテン」が今のところお気に入り(でも、どこがラテンなのかようわからん)。ベースソロから混沌とした(でも、筋の通った)即興に移るあたりのぞくぞくするような感覚は、管楽器が入らないピアノトリオならではだということは、さすがに私でもわかる。5曲目はタイトルチューンの「瞬芸」だが、シャープすぎるドラムソロではじまる超かっこいい曲(「かっこいい」という表現が多すぎるがご勘弁を)。いやー、さすがにタイトル曲だけあって、すごい。まともな演奏ができないほどの超アップテンポなので、まともなピアノトリオのようなからみはないのだが、べつの表現方法でぐにゃぐにゃ、ぐちゃぐちゃにからんでいる。笑うしかない。これですよこれ。こういうのを聴きたいのだ。たしかに「瞬芸」だよなあ、と納得。6曲目はドラムの福島さんの曲でスローナンバー。でも、途中からブルースっぽいファンキーな感じになり、そこで3人の至芸がとことんまで語り尽くされる。ひえーっ。7曲目はアルバムをしめくくるアブストラクトで具体的な曲。部分部分は具体的なのに、全体としては抽象的な感じで、見事な水墨画。それが内包するエネルギーを表出しつつ、押し寄せてくるような感動的な展開をなんと表現すればいいのか。一応、コンポジションはあるが、かなり即興性が高い。ほとんどフリーインプロヴィゼイション。エンディングはピアノソロ(?)になっての情緒的な表現でしめくくられるが、これがライヴ(7曲目だけ)というのもすごいな。1曲目からラストまでがひとつのドラマのようでもある。スタンダードを排してオリジナルでかためた超意欲作。これをすげーっといわずにどうする?

「時景」(GAIA RECORDS GAIA−1007)
石田幹雄

「いい……」という言葉しか出てこない。こうなるともう即興だのコンポジションだのといった境はまったく無意味だ。作曲されたものがベースにあることはたしかだが、ジャズとかクラシックとかフリーとかいった言葉さえそらぞらしい気がする。苦しげでせつなげで心地よげなあえぎ(うめき?)とともに醸し出される音が聴く人をとりこにする。聴いているうちにこの音楽と、この世界観と、このひとと同化していき、気がついたら石田幹雄とともにあえぎながらピアノを弾いている。夢のような現実のようなところにゆらゆらと揺れながらこの音楽を聴いている。実際、凄いし凄まじいし怖いぐらい心に入り込んでくる演奏なのだが、あまり直接的で過剰な表現を使って感想を言う気がしない。ただただボーッと聞き入るだけだ。このタッチ、この吐息、この和声、この「間」……なにもかもが超現実に感じられる。美しいが、すぐに手のなかで滅びていくような、一瞬しか生命のないマボロシばかりだが、考えてみるとそれこそがジャズではないか、と思ったり思わなかったりした。すばらしいとしか言いようがない。「とにかく聴け」とか大上段に構えて書くのも違う気がする。なんというか……言葉では言い表せない「もの」だ。聴くたびに身もだえしてしまう。すべての音楽好きに聴いてもらいたいです。各曲にはけっこうむずかしいタイトルがついていて、それぞれ意味はあるのだろうが、気にせず浸ればいいのだと思う。響きもシンプルで美しく、これが石田幹雄が今言いたいことなのだな、と感じる。いや、もう、とにかく傑作。