noah howard

「NOAH HOWARD QUARTET LIVE AT THE UNITY TEMPLE」(AYLER RECORDS AYLCD−001)
NOAH HOWARD QUARTET

 精力的なリリースを続けるアイラー・レコードの記念すべき1枚目だが、たしかにノア・ハワードはアイラーに影響を受けていると思う。どの曲もプリミティヴでキャッチーなテーマと、モードっぽい曲調のもので、ノア・ハワードがアルトで延々吹きまくるといった体裁。いわゆる熱血アルトの系譜につらなる奏者だと思うし、本作でも相当がんばってはいるが、この人、どのアルバムを聴いても、音がぺらぺらだし、しかも音程が悪く、すごくフラットしてて、聴いてていらいらする。このアルバムを聴いていると、ジョン・ハンディの有名なライブアルバムを連想してしまう(あのアルバムも、ライブで、曲がマイナーの一発もので、ハンディのアルトが延々とソロをするという趣向で、しかも、アルトの音色がいまいちでピッチが悪い)。とはいえ、なんとなく憎めないというか、何度も聴いてしまうというのはノア・ハワードの演奏になんというか麻薬みたいなところがあるのかも。などて感じるのは、やっぱり私はアルトサックスが好きではないのだろうな。

「PATTERNS/MESSAGE TO SOUTH AFRICA」(EREMITE MTE019)
NOAH HOWARD

 ディスコグラフィカルなことには疎いので、このアルバム、最初は「パターンズ」(1971)と「メッセージ・トゥ・サウス・アフリカ」(1979)という二枚のレコードをカップリングして1枚にしたものかと思っていたが、どうもそうではないようだ。ライナーを読むと、後者は、マーキュリーのために録音したものだが、政治的なメッセージのある演奏は同社では出せず、オクラになっていた……というようなことが書いてあるように思える(英語力ゼロ)。で、肝心の演奏だが、ジャズ批評社の「アルトサックス」という本では、この「パターンズ」をめちゃめちゃほめているが、どうも納得いかん。私の聴いた印象では、60年代後半から70年代にかけての、どろどろしたブラックジャズの典型である。冒頭、アルトサックスが出てくるまでの混沌としたアフリカン・パルス・リズムの部分が10分ちかくあって、飽きる。シェップやファラオの初期作品のように、パーッカッション軍団を従え、ツインベースやら民族楽器やらを並べて、そのうえでギャオーッと叫ぶ。そんなアルバムがやたらとあるわけだが、そういう系譜に属する作品だと思う。しかし、その手の作品は、当時の録音技術の限界か、音がぐちゃっと団子状態になって聞こえてしまい、演奏者の熱意とはうらはらにただただ「やかましいだけ」になってしまうことが多い。このアルバムもそう。こういう70年代の集団即興系はしんどいのだ。もっとメンバーを減らせば、録音もクリアになってインタープレイも聴き取れるし、楽しめるのだが、これだけメンバーがいて、しかもエレキギターとかが大音量で鳴っていてはなあ……。しかも、肝心のノア・ハワードのアルトが、しょっちゅうピーピー裏返っていて、あまりちゃんとコントロールできていない様子である。だいたいノア・ハワードという人は、この手の集団即興より、モーダルな感じのフリージャズ、ブラックジャズのほうが得意であるような印象があるが、この30数分はちょっときつかったなあ。メンバーにハン・ベニンクやミーシャ・メンゲルベルグといったICP勢が加わっている(というか核になっている)のも不思議といえば不思議。ところが、二曲目の「メッセージ・トゥ・サウス・アフリカ」手これってめちゃめちゃええやん。アルトの音も、打って変わって鳴りまくっているし、音程も正確。テナーとまがうほどの野太い音でソウルフルに吹きまくり、美しい音や濁った音をめまぐるしく使い分け、ときにフリークトーンをまじえて徹頭徹尾主役として存在感を示す。ボーカルをはじめとする共演者もすばらしく、10数分があっという間である。アイラーの影響を非常にうまく消化している感じで、あー、楽しい楽しい。個人的には、このアルバムは「メッセージ・トゥ・サウス・アフリカ」あってのものですな。

「LIVE AT DOCUMENTA W」(MEGADISC MDC7874)
NOAH HOWARD QUARTET

 録音場所も日時も書いていないのが、調べてみると1992年のオランダでのライヴらしい。生涯に膨大な録音を残したノア・ハワードだが、私は少なくともそれほどこのひとのアルバムを聴いたわけではないので(リーダー作だと10枚ぐらい)、本作も存在自体知らなかった。ピアノ、ベース、ドラムもまるで知らんひとだ(でも、皆実力のあるひとで、すごくいい演奏。とくにピアノ)。このメンバーでの録音は他にないようである。アルト奏者だという頭があったが、ここではテナーも多く演奏している。でも、テナーはちょっと詰まりぎみの音である(音はしっかりしている)。全曲、ハワードのオリジナルか、ハワードとピアノのマイケル・ジョセフ・スミスの共作。録音は、ちょっとサックスが引っ込みぎみ。1曲目のハワードとドラムのデュオではじまり、ハードな曲ばかりが並ぶ。3曲目はアルトだが、エキゾチックなテーマを吹いただけでフェイドアウト。なんやこれ! 4曲目もアルトだが、明るい曲調の演奏で、そうそう、ハワードってこういうのも演るんだよね……と思い出した。音程がやや悪いのだが、そういうことは最近まったく気にならなくなった。5曲目は打って変わって、ピアノの左手のオスティナートが印象的なハードな曲調。ピアノがクラスターみたいな感じで大暴れする。このひと、経歴とか見ると、こういうことをやりそうじゃないのになあ。このピアノトリオの部分がなかなかいいのだが、そのあとにハワードが全力のフリークトーンで登場してすべてをかっさらう。やっぱりこういうのが燃える。本作中の白眉といっていい、古いタイプのフリージャズでめちゃかっこいい。ハワードのテナーが爆発し、四人が一丸となって突き進む。やっぱ、これやで。最後にリフみたいなのが出てくるのがテーマなのか、それともこの場で適当に吹いた即興リフなのかよくわからないが、そこからものすごくオーソドックスなベースソロになり、終演。6曲目は味のあるアルトの無伴奏ソロではじまり、2分半ぐらいしたところで、他のメンバーも入ってきて、しずしずとフリーな演奏に移っていく。基本的には終始、アルトのソロが中心で、ほかの音はそこに控えめにからみつく感じである。面白いです。7曲目は美しいバラード。一音一音愛おしげに歌い上げられるテーマから、ピアノの華麗なソロになるが、これがめちゃいい感じなのである。そして、満を持した感じでアルトが入ってきて、自分の歌い方で歌う。すばらしい。ラストの8曲目はややもっちゃりしたテナーの音が印象的なアフリカンテイスト(?)な曲。素朴なベースライン、ブンチャ、ブンチャというピアノのバッキングのうえを、ヨレッとした雰囲気のテナーが歌う。このひとのサックスは、ときどきこういうヘタウマ感が漂うなあ。ドラムソロも手堅くて上手い。そして、一旦終わるのだが、その直後、なぜか気の狂ったようなフリージャズがはじまり、なんだなんだなんだ、どうしたどうした……とこちらがうろたえているなかを四人はどしゃめしゃと吹きまくり、弾きまくり、叩きまくる。途中からどんどんテンションが上がっていき、ハワードのテナーもいい意味でぶっ壊れた感じでかっこいい。ピアノのあとふたたびテナーがスクリームしまくり、おおっ、すごいぞっ、行け行け行けっ、と拳を振り上げていたら、突然また例の呑気なテーマがはじまり、エンディング。ものすごい観客の歓声が聞こえてくる。ほんまかいな、と思うぐらいの大歓声である。やらせかと思いたくなるぐらいの異様な熱狂振りで、ノア・ハワードって人気あったんやなあ、と感動した。CDが止まっても、最後の呑気な曲が頭のなかをぐるぐる回っている。音楽って面白いなあと思ってしまう。いやー、なかなか楽しいアルバムでした!