takehiro honda

「MY FUNNY VALENTINE」(SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONAL INC. SICP1168)

「IN A SENTIMENTAL MOOD」(SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONAL INC. SICP1169)
TAKEHIRO HONDA,NOBUYOSHI INO,TAKEO MORIYAMA

 レコードが発売された当時は、なんやねんこのスタンダードばっかりのアホみたいなアルバムは! 本田竹廣ともあろうものが、金に負けたか、と思い、聴かなかった記憶がある。こうして追悼盤としてCD化されてはじめて聴き、自分の不明を恥じまくった。ごっつうかっこええやんか。考えてみれば、このすごいメンツでただのスタンダード集を作るわけがないのだった。わしはアホやった。どの曲もすばらしくて、しかも、変なアレンジがほどこされておらず、あくまでシンプル。そういう演奏姿勢がスタンダードナンバーの根源的な魅力をあらわに引き出していて、すっかり気に入った。ああ、生前に愛聴すべきでした。本田さん、もうしわけない。「ジス・イズ・ホンダ」に匹敵するかどうかはしらないが、たぶんどちらも私の生涯の愛聴盤となるでしょう。それにしても、森山威男がこれだけドカドカ叩きまくっても、まったく崩れない三角形というのも、凄いことだなあ……。ジャズになじみのないひとが聴いたら、洒落た演奏だね、と思うかもしれない。じつはそういう風に聴けるようにもできているのである。だが、実際は、本田、井野、森山の3人の個性で各曲は塗りつぶされている。タイトルがどちらもバラードなので、バラード集かも、という誤解をするひともいるかもしれない(私も最初はそう思ってた)。でも、アップテンポの曲やミディアムの曲も入っているのでご安心くださいませ。二枚とも、まったく甲乙のないハイレベルの演奏が詰まっていて、こういうのを「誰にでもすすめられる」というのだろう。満足満足。ライヴレコーディングもしてほしかったなあ。なお、三者対等のアルバムだと思うが、追悼盤的な再発なので本田さんの項目に入れた。

「OLEO」(AKETA’S DISK)
TAKEHIRO HONDA TRIO LIVE AT KAGOSHIMA USA 1974 VOL.1

「SOFTLY IN THE MORNING SUNRISE」(AKETA’S DISK)
TAKEHIRO HONDA TRIO LIVE AT KAGOSHIMA USA 1974 VOL.2

 凄い。本田竹廣ってこんなに凄かったのか。「ディス・イズ・ホンダ」は未だに大傑作だと思っているが、それも含めて、数ある彼のアルバムでは、全貌は伝えられていなかったのだなあ、としみじみ思った。ネイティヴ・サンや管楽器の入ったジャズグループやブルース〜ソウル系のバンドでのレコードでは見せない「とんでもなくものすごいばりばりのピアニスト」という顔がここでは全開である。超アップテンポでも、どんな難曲でも、とてつもないテクニックで弾きまくり、一瞬の躊躇もない。その均等で音の粒のそろった指使いは全盛期のパウエルもびっくりの凄まじさ。しかも、ブルースでも、循環でも、モーダルな曲でも、自作曲でも、バラードでも、それぞれの曲調にあわせたオリジナリティあふれるフレーズが怒濤のごとく湧き上がってきて、いやはやピアノトリオとはこれだこれだこれなのだと叫びたくなる。いくらテナー好きの私でも、このアルバムにテナーが入ってたら台無し、ぐらいのことはわかる。1枚目、2枚目どちらもすごいが、「インプレッションズ」、「オレオ」、「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」あたりは、まさに垂涎の演奏で、よくぞこれを録音していてくださった、と「USA」という九州のライブハウスに百万遍の感謝を捧げたい。購入してからすでに何度も聴き直したが、もうぞっこんです。私が生で何度か見た本田さん(ネイティヴ・サンは何度も見たが、ジャズのオールスターグループでのセッションも一度見たっけ)の姿はこのアルバムにはなかった。このアルバムがなければ、本田の神髄に触れることはいっしょうなかったかもしれないと思うと怖い。本当に、日本が世界に誇れるピアニストのひとりだったのだなあ、と今更ながらに思った。明田川さんのライナーで「本田竹廣の新しい代表作」とあったが、ほんとだなあ。合掌。