terumasa hino

「WHEEL STONE」(EAST WIND 15PJ−1002)
TERUMASA HINO LIVE IN NEMURO

 昔聴いた印象では、宮田英夫というテナーのひとがこのメンバーに対してはやや格落ち(失礼)で、その分、トランペットがひとりでがんばっていたような記憶があったのだが、今回久しぶりに聴き直してみると、その印象はまったくのまちがいであることがわかった。テナー、めっちゃええ。非常にうまくて、音もよく、コルトレーンフレーズを的確につむいでいくが、けっして派手にブロウしない。日野がガンガンまえに出るタイプなので、こういったタイプのツボをぐっと押さえたテナーはこのグループにふさわしい。もちろんほかのメンバーはいうことなしで、もしかすると「ハイノロジー」以来の日野さんのアルバムのなかで一番好きかも。このあと日野のトランペットはどんどんフレーズがアブストラクトになっていき、気合い一発、今この瞬間にかける……みたいなギューッと凝縮したような即興が主になっていく。正直言って、めちゃめちゃかっこいいが、あとでそれをコピーしてもしかたないという、即興としては魅力的ではあるが、それは日野さんとライヴの場を共有した客にしかわからない世界でもある……そんな表現になっていく。このアルバムのころの日野さんは、まだまだちゃんとした(?)フレーズを吹いていて、バンドとしていろんな意味でバランスがとれており、メンバーもそれに応えている。杉本喜代志のギター、板橋文夫のピアノもすばらしく、日野元彦の「流氷」と並ぶ、根室の生んだ名盤。

「寿歌」(EAST WIND UCCJ9171)
日野皓正

 まえに聴いたときはめちゃくちゃ感動したのだが、あのときの印象は本当かと廉価版CDを買ってみた。まえは、周到に準備された傑作、というイメージだったが今回聴いてみると案外力技で押していくところもあり、それはそれでやはり傑作なのだった。CDのライナーには、和のテイストということが中心に書かれているが、実際は、熱く吹きまくる日野のフレーズは当時の主流だったフレディ・ハバードやウディ・ショウ的なモーダルなもの、つまりニューヨークジャズのテイストだし、アフリカンな展開もあり、一筋縄ではいかない。どろどろかつカラフルなポリリズム、民族音楽的なモーダルな力強さ、それらを横断するような形で日野のすっきりした明解なトランペットが鳴り響く。和テイストというより、アフリカというかスピリチュアルジャズ的なものがベースにあって、そこに日本的なものを振りかけたという感じか(ただし、ラストの曲は明らかに歌舞伎の影響。めちゃおもろいがな)。やはりかっこいいよなあ。サックスもギターもピアノもいない、トランペットのワンホーンカルテットなのでパーカッションやベースがたっぷりと自己主張の場を与えられ、しかもそれがひとつの大きなうねりのなかにあってアルバムとして完成しているあたり、本当によくできた作品だと再認識した。マクビーのベースソロは、チコ・フリーマンの最上の作品での演奏に匹敵するすばらしいものだと思う。とかなんとかぐちゃぐちゃいうよりなにより、このアルバムはかっこいいのだ。とにかく真摯で熱くて荘厳でもある。日野さんのやつではいちばん好きかもなあ。「藤」とか「ベルリンジャズフェスティバル……」もいいけどやっぱりこれでしょう。