motohiko hino

「RYUHYO−SAILING ICE」(THREE BLIND MICE RECORDS TBM−61)
MOTOHIKO HINO QUARTET+1

 私ぐらいの歳で、このアルバムに感銘を受けなかったジャズファンがいるだろうか。正直言って、だれでも感動するんじゃないの? たとえば「カインド・オブ・ブルー」みたいなもんで。まあ、ネットを見ると、「カインド・オブ・ブルー」がさっぱりわからん、とか、駄作だ、とか、つまらん作品だ、みたいな意見もかなり目にするので、世の中にはいろいろなひとがいるということがわかる。本作も、聴く人によっては駄作だとかわからんとか言う意見が出てくることもありえよう。しかし……しかしである。まあ、これぐらいリズムセクションがよくて、ソリストがよくて、曲がいいアルバム、しかもライヴ盤というのは珍しいですよ。当時の日野元彦バンドはピアノレスで、ベースが井野信義、ギターが渡辺賀津美、フロントが若干二十歳の清水靖晃という今から考えると超豪華な布陣。それに山口真文というゲストプレーヤーが入っての北海道でのコンサート。いろいろな条件がうまく重なりあってのことだろうが、なんともいえぬ最高の状態を作りだしたのだろう。もちろん同条件のもとで、それぞれの要素がたがいに打ち消しあい、最低の状態を産むこともありえるわけで、そこが即興主体の音楽のおもしろいところ……ってあたりまえのことですけど。というわけで、本作だが、曲といい(「流氷」という、典型的なモード一発の曲と、グロスマンの「ニュー・ムーン」)、編成といい(二テナー、ピアノレス、ギター入り)、ドラマーがリーダーである点といい、当時のエルヴィングループが想起されようが、じつはあんまり似ていない。というのは、肝心のリーダーの日野元彦がエルヴィンのようにポリリズムと黒いグルーヴでバンド全体を、いや会場中をガバッと包み込むようなドラマーではなく、もっとシャープなタイプのひとなので、おのずとサウンドは変わってくるわけで、まあ、そんなことをあんまりがたがたいうまえに、とにかく清水靖晃も真文も賀津美もすばらしい、すばらしすぎるということを言えばいいのかもしれない。とにかく小躍りしたくなるほどかっこいい。とくにこのころの清水靖晃は、剥きだしの若さでぐいぐい迫るし、山口真文はさすがの落ち着きで渋いフレーズをつむいでいく。この二テナーは美味しすぎますわ。