roy haynes

「HIP ENSEMBLE」(MAINSTREAM RECORDS/SOLID CDSOL−45259)
ROY HAYNES HIP ENSEMBLE

 ロイ・ヘインズのヒップアンサンブルといえば、ジャズロック的な作品だというイメージがあって、これまでまったく聴いたことがなかったが、これが2枚とも廉価盤で再発され、しかも、フロントはジョージ・アダムスとハンニバルというミンガスのところから借りてきたようなメンバー。そして、ベースは中村照夫。これは聞いたことのなかった私が悪かった。ぜひ、拝聴させていただきます。というわけで、さっそくスピーカーのまえに正座して聴きはじめたが(嘘)、正直、もうちょっとダサい感じをイメージしていたのだが、さにあらず。ロイ・ヘインズの16ビートとか、あんまり聴きたくねー、とか思っていた私がまちがっていました。1曲目(スタンリー・カウエルの曲。ジャズロックというよりサンバっぽい?)で冒頭からでかい音でドカドカと情け容赦もなく叩きまくられるリズムは、ダサいとかイモいとかかっこいいとかそういうのを超えた面白さがある。しかも、ジョージ・アダムスが入っているので、テナーの中音域のサウンドが独特で、そのせいかテーマのアンサンブルが黒々としている。フリージャズ寄りのこのふたりのフロント、中村照夫のファンキーなベース、そして、時代を感じさせるエレピ……それらを支えるのがチャーリー・パーカーのころから第一線でビバップを叩き続けてきたあのロイ・ヘインズなのだ。このカオス感はすごい。しかし、全部がジャズロック風というわけではなく、2曲目(ヘインズの曲)はショーターが書きそうな感じのモードジャズ的な4ビート曲。コンガがぽこぽこいうのもかわいいが、なんだかよくわからないエレピソロのあとにハンニバルとアダムスが同時に小さな男でごちゃごちゃとソロをはじめ、それがだんだん大きな音量になっていくという趣向。ハンニバルはファンキーに、アダムスはフリーキーに、ずっと同時に吹いていて、なんやねん、これ……という変な曲。3曲目もロイ・ヘインズの曲で、ドラムソロではじまり、パーカッションとドラム主導の混沌としたコレクティヴインプロヴィゼイション(アダムスはフルート)が延々続く。一応、前半はロイ・ヘインズ対ハンニバルで、後半はロイ・ヘインズ対ジョージ・アダムスという風にソロイストを分けているのかもしれないが、よくわからない。そのあとけっこう力任せなドラムソロになり、このあとどうなるのか……と思ったあたりで妙なエンディングを迎える。いやー、これもよくわかりませんなー。おもろいけど。4曲目はスタンダードを倍のテンポで。ハンニバルの先発ソロがあまりにパワーのみ、な感じなので、つづくアダムスのソロがすごくちゃんとしているように聞こえるが、じつはこれもぐしゃぐしゃなのである。それに続くエレピソロは、これこそ普通のソロ。いやー、全体に激しいなあ。ガンガンいきまっせ、という感じだ。5曲目はアダムスの曲で「サタンズ・ミステリアス・フィーリング」という思わせぶりのタイトルだが、そういうオカルトな感じはなく、ファンキーな、これぞジャズロック、という16ビートの曲。ハンニバルはハイノートを駆使しまくった、悪くいえば相当雑て力まかせ、よくいえばパワフルで気合いに満ちたソロ。というか、これこそハンニバルなんだよなー。ジョージ・アダムスもアダムスだとしか言いようがないソロ。このあたりまで来ると、ドラムがロイ・ヘインズであることはほぼ忘れてしまっている。それぐらい自然にこういう曲を叩きこなしている。ラストはアダムスの曲でこれもジャズロック的な16ビートの曲だが、こういう曲でもアダムスはテナーの最低音あたりの音域でテーマを吹いたりするので、洗練とはかなり遠い雰囲気の演奏になる。そこがいいのだ。先発のアダムスのソロは本作ではいちばんいい、と思える豪快で個性発揮しまくりの重量級のソロ。ロイ・ヘインズも後ろで叩きながら大喜びしている様子が伝わってくる。ハンニバルもその熱気を受けてこれも豪快なぶっちぎりのソロ。ライヴで観ていたら超興奮しただろうな。エレピソロのバックに2管のリフが延々入り、シンプルに盛り上げたあと、パーカッションとドラムのデュオ→ドラムソロに。このソロは、ジャズロックとか16とか関係ない、ロイ・ヘインズのいつもの自由奔放なソロで、聴きごたえ十分です。なぜかラストはべつの曲のテーマが演奏されてエンディング。というわけで、時代性とかメンバーとかいろんなところにひっかかりがあって、そこがまた面白いというアルバムでした。

「SENYAH」(MAINSTREAM RECORDS/SOLID CDSOL−45259)
ROY HAYNES

 ロイ・ヘインズ名義だが実質「ヒップ・アンサンブル」の第二弾ということでいいっすか? フロントは同じでジョージ・アダムスとハンニバルというアクの強いふたり。ふたりとも作曲でも貢献していてアダムス2曲、ハンニバル1曲を提供している。「アンティグア」の作曲者として有名なローランド・プリンスが参加している。1曲目はアダムスの曲で、最初と最後にルバートの部分があり、「ソング・フロム・ジ・オールド・カントリー」を彷彿とさせる。ストレートなマイナー3拍子の曲で、アダムスもハンニバルも個性丸出しですばらしい。2曲目はハンニバルの曲で、バラード風にはじまり、いかにも70年代的なモーダルな展開になるのだが、そのあと今の耳からするとちょっと苦笑交じりな8ビートになり、それぞれのソロが聴かれる。全員手探りというかいまひとつ爆発せず。ラストにハンニバル主導のカデンツァあり。3曲目は(本作には入っていない)ジョー・ボナ―の曲でモード風サンバみたいな感じ(?)。ローランド・プリンスのソロは快調だが、つづくハンニバルのトランペットもハイノート主体で気迫のこもったもの。アダムスも晩年とほぼ変わらない個性的なソロ。なんかこねくりまわしてるようなピアノソロも面白い。でも……ソロが短い。もうちょっとたっぷりソロスペースがあればなあ……。4曲目はアダムスの曲でドラムソロで幕を開ける4ビートの曲。ピアノソロとトランペットソロに続くアダムスがロングソロを与えられていてなかなか充実のソロを展開する。そのあとのベースソロはかなり変態的だが、ヘインズのドラムソロもけっこう変。そしてテーマへ。ラスト5曲目はロイ・ヘインズ作曲のナンバーだが、要するにドラムソロである。途中1回とラストに1回、管楽器が入ってくるが、それだけ。変わった演奏である。