lionel hampton

「STEPPIN’OUT 1942・1944」(MCA RECORDS MCA1315)
LIONEL HAMPTON 1

アーネット・コブやイリノイ・ジャケーに興味をもった大学生の私がいろいろ探してようやく買ったアルバムがこれ。つまり、一世を風靡したジャケーの「フライング・ホーム」のオリジナル録音と、そのあとを継いだコブの「フライング・ホーム・パート2」が両方入っているのだ。これはほんとによく聴いたなあ。最初の4曲が8重奏団によるもので、メンバーはハンプトンのほか、マーシャル・ロイヤル、ジャック・マクヴィー、ミルト・バックナーなど。42年の録音なので、まだパーカーなどはマクシャンバンドでうろうろしていたころである。そのときのこれだけの音楽的成果はすばらしい。とくにマーシャル・ロイヤルとジャック・マクヴィー(バリトン)がすごくて、感動する。5曲目はビッグバンドになって、いきなり「フライング・ホーム」でジャケーがブロウする。このソロをしらないジャズファンはいませんよね。いたら、すぐにこのアルバムを買って(って無理か。LPだもん)熟読じゃない、熟聴すること。アーニー・ロイヤルのラッパソロもすげーっ。メンバーも超一流で、主要なメンバーだけひろっても、アーニー・ロイヤル、ジョー・ニューマン、マーシャル・ロイヤル、(なんと)デクスター・ゴードン、イリノイ・ジャケー、ジャック・マクヴィー、ミルトン・バックナー、アーヴィン・アシュビー……すごすぎる。つづく「イン・ザ・バッグ」ではマーシャル・ロイヤルの熱いクラリネットソロがすばらしい。そのつぎのビッグバンドのメンバーは、2年後だというのにがらりと一新されて、これまたきら星のごときメンバーが並ぶ。主要メンバーをあげると、(なんと)キャット・アンダーソン、ジョー・モリス、ブーティ・ウッド、アール・ボスティック、アル・シアーズ、アーネット・コブ、チャールズ・フォークス……うぎゃあああっ、その後のビッグバンド界を形作る猛者ばかり。アーネット・コブのソロは、いきなりすごすぎて口をあんぐりあけるようなドスのきいた猛烈なもの。B面にいって、ボスティックやシアーズ、ジョー・モリスらのソロももちろん悪くないが、2曲目「フライング・ホーム・パート2」のコブのソロは突出してすごい。おなじみの「ハンプス・ブギウギ」を挟んで、B−4以降は同じ年の録音だが、またまたメンバーがかわり、あのスヌーキー・ヤングやウェンデル・カリーなどが加わっている。コブのソロは「オーバータイム」でも衆を圧して鳴り響く。アルバム最後の「テンポズ・ブーギー」はハンプトンひとりがフィーチュアされた曲で、どっしりしたブギ。リーダーの貫祿である。正直、ハンプトン楽団のアレンジというのは異常にシンプルなものが多く、学生でも楽勝で吹けるようなものばかりなのだが、それが死ぬほどかっこよく聞こえるのは、個性豊かなメンバーがアンサンブルではバシッとそろえる、その鳴りが楽器を震わせ、会場を震わせ、客席を震わせるのだ。

「RARITIES」(MCA RECORDS MCA1351)
LIONEL HAMPTON 1

46年の録音が中心なので、上記「ステッピン・アウト」よりちょっとあとの時代のもの。10曲中8曲にアーネット・コブが参加しており、そのほとんどの曲でフィーチュアされていて(大スターなのだから当然です)、コブファンにはたまらん内容。上記「ステッピン・アウト」も超豪華メンバーだが、こちらもすごくてウェンデル・カリー、ジョー・モリス、ジョー・ワイルダー、ベニー・ベイリー、ブーティー・ウッド、アル・グレイ、ボビー・プレイター、ジョニー・グリフィン(!)、ジョン・スパロウ、ャーリー・フォークス、ミルト・バックナー、アルバート・アモンズ(!)、ウエス・モンゴメリー(!!)……などなどという豪華すぎるぐらい豪華なメンバーがそろっている。このうちのかなりのメンバーがのちにベイシーに参加している。内容はもちろんすばらしいです。