jan garbarek

「WITCHI−TAI−TO」(ECM RECORDS UCCE−3035)
JAN GARBAREK−BOBO STENSON QUARTET

 ヤン・ガルバレクの基本姿勢はずーーーーっと変わっていないし、その最大の魅力である(と私が思う)トーンも(ほぼ)変わらない。演奏内容はこのころとその後、また現在では大きく変わっているように見えるが、たぶんガルバレクの美意識はほぼぶれることなく一定なのだと思う。ただ、このアルバムのころはジャズをやってて、今はそんな狭い枠には入らない音楽をやっている、というだけだ。でも、どの時代のどんなガルバレクも好きです。多作なので全部はとうてい聴ききれないが、少なくとも私が聴いたことのあるアルバムはどれもこれも美しくてかっこよくてフォーキーでクラシカルでジャズでフリーだった。このひとのソノリティは、ほんと、ソプラノでもテナーでも変わらんなあ。たぶん、アルトでもバリトンでも、いやきっとクラリネットでもフルートでもトランペットでも変わらんのではないかと思うぐらい、上から下までほとんど均一に鳴り、あのラーセンメタルのやや濁ったサウンドで、これを下品に吹けば「ファンキー」になるところを、北欧のクールなサウンドに載せているところがめちゃくちゃかっこいいのである(一時ラーセンを吹いていない時期もあるみたいだが、まあ、基本的な音は変わらないのです)。プロのサックス奏者のなかでガルバレクのファンは多い……と思う。少なくとも私の知り合いだけでも5人ぐらい名前を挙げられる。みんな、ガルバレクの音楽のファンであるのだが、同時にやはり、この「音」のファンなのだ。そして、ガルバレクの音楽と音は切っても切れない関係にある。本作だと、(なにしろ「ジャズ」なので)途中で熱くなって、ブロウするような部分も多多あるわけだが、そういうラフな表現のときでも、ガルバレクのトーンコントロールとクオリティ、クールさはものすごくしっかりしていて、もうホレてまうやろ! ということになる。曲もええ曲ばっかで、一曲目の三拍子系のソプラノの曲(カーラ・ブレイ)など、何度聴いてもうっとりするぐらいの名曲。2曲目のバラードは、ガルバレクはテーマを吹く程度で、あとはボボ・ステンソンのピアノトリオに任せてしまうわけだが、そのあたりもおしゃれでいいなあ。ピアノすばらしい。ベースソロもいい。3曲目はスパニッシュな感じの曲でガルバレクのテナーはもう完璧の一言。ラーセンのメタルで低音から高音まで吹ききるこの技術。歌心。パッション。メカニカルなフレーズと歌い上げが同居して、個性で味付けしたすげーソロは、聴くたびに興奮しまくる。アルバムタイトルになっている「ウィッチ・タイ・ト」はジム・ペッパーの有名な曲で、たぶんだれでも知ってるナンバーだと思うが(ペッパー自身も何度も吹き込んでいる)、それをタイトルに持ってくるとは大胆だ。しかし、聴いてみると、いやー、この曲のベストバージョンじゃないの? と思うぐらいいい演奏でしみじみ聞きほれてしまう。ピアノトリオがたっぷりと演奏したあと、ガルバレクのソプラノが激しくシャウトする。この激情をコントロールしたソプラノの美しくも情熱的なブロウよ。最後になってテーマが現れる構成。ラストはドン・チェリーの曲で、ドン・チェリーとテナーといえばガトー・バルビエリだが、ガトーのトーン(ラーセンメタル)とガルバレクのトーンは(サックス吹きならだれでもそう思っているはずだか)本質的には一緒だ。ガトーはその音でフリーキーにシャウトし、ガルバレクはもっとクールだが、自己の音(音色というか)のとらえ方としてはほぼ一緒と言い切ってもいいと思う。考えてみれば、ふたりは音楽的にも共通項があるなあ、と思ったが、日本語ライナーを読むとすでにそう書かれているのだった(3曲目に対する文章だが)。なるほどね。ピアノソロも延々とフィーチュアされるが、ベースとドラム(大暴れ)のサポートもすばらしく、緊張感と透明感を持続しながら弾きまくる。ガルバレクは激情的に吹きまくり、ここぞというときはフレーズ全体をぐっと押すように濁らせたり、ボリュームを上げたりといった緩急をつけながら盛り上げるのだが、やはり全体的にはどこかにクールさも感じさせるのだ。いやー、傑作というしかないでしょう。