slim gaillard

「VOUT FOR VOUTOREENEES」(ACROBAT MUSIC & MEDIA ACRCD151)
SLIM GAILLARD

 タイトルは「ヴート・フォー・ヴータリーニーズ」と読むのか? とにかくブルース〜ジャイヴ〜ジャズの巨匠にしておもしろ音楽の巨人スリム・ゲイラードの魅力がこれでもかと詰まったベストアルバム。私は、専門的に聴くわけではないので、これ一枚で十分。スリム・アンド・バム時代のものが中心なので、そのまえのスリム・アンド・スラム時代のものが聞きたいひとは別のアルバムも買うべし。それにしてもゲイラードはほんとうに面白いなあ。ルイ・ジョーダンのようなジャンプとは異なり(つまり、ゲラゲラ笑わせてガンガン躍動する感じではなく)、べたーっとしたノリのなかで洒脱で軽妙でほっこりスウィングする、しかも毒もあるし、ナンセンスの極致のようなこともやってて、基本は言葉遊びをリズムに乗せただけ、みたいな、病みつきになるタイプの音楽である。いやー、聴いてると脳みそがとろけますなあ。精神的・肉体的に少々疲れていても悩みがあっても、この馬鹿馬鹿しい音楽を聴くと、多少の憑かれや悩みは吹き飛ぶ……というかどうでもよくなってしまう。いわゆる冗談音楽とかコミックソングといわれるものは、海外でも日本でもいろいろあるが、なかなか笑うというところまではいかない(奇跡的な例外はおかげさまブラザーズ)が、スリム・ゲイラードは「笑わせたる!」と大上段に振りかぶる感じは微塵もないのに、聴いているとあまりのアホらしさにいつのまにか笑わされている……という感じか。1曲目の「セメントミキサー、パッチパッチ!」というしつこいリフもあまりの意味のなさに唖然とするし、4曲目「やはは!やはははルーニー!やはは!やはははブーティー!」という繰り返しも、なにが言いたいのかさっぱりわからないし、5曲目の(かなりヒットしたらしい)「トゥティ・フルティー」も意味がわからん。7曲目の「ダンキン・ベーグル」はベーグルをコーヒーに浸して食おうというだけの歌なのか? 11曲目はスコッチのソーダ割りがいいね、という歌。13曲目もヒットナンバーで「フラット・フット・フルージー(偏平足のフルージー)ウィズ・フロイ・フロイ……」というだけの歌で、これになんとチャーリー・パーカーが入っていたりする。17曲目は、究極にくだらないというか、私がいちばん好きなスリム・ゲイラードの曲で、ひたすら鶏の真似をする「チキン・リズム」。アホの極限みたいな、まったく意味のない曲で、こんな曲を一生懸命レコーディングして、みんなを楽しませようとしたゲイラードには頭が下がるし、大好きになるよね。さあ皆さん、しんどいときはスリム・ゲイラードを聞きましょう!