ryojiro furusawa

「12,617.4q ”古澤良治郎の世界”ライヴ」(日本コロンビア BETTER・DAYS YB−7008〜9−N)
古澤良治郎

 私がこよなく愛する二枚組。もう死ぬほど愛してます。一枚目の一曲目から二枚目のラストまで、とにかく全部好き。「キジムナ」が出たころの、当時のレギュラークインテットを中心にゲストをそれぞれ招いた豪華な編成だが、ゲストといっても当時しょっちゅう付き合いがあった人たちなので、うわついたものにはならず、逆にどの曲も深まっている。レギュラーである高橋知己のテナー、ソプラノがどの曲でも要としてがんばっているし、本多俊之、向井滋春らのソロはどれも最高。順番に言うと、こどものコーラスではじまるあたりからわくわくする一曲目の「ラッコ」もシンプルながら名曲で、各人のソロが歌いまくりですばらしいが、二曲目の「クムクム」がもう最初のクライマックスだ。ええ曲やなあ……ほんましみじみええ曲や。歌謡ジャズというんですか、このマイナーのメロディ……すばらしいっす。この曲で涙したあと、3曲目の「ユー・ウィル・ビー・フリー・トゥナイト」がカリプソっぽい明るい曲で盛り上がる。B面に移って、三上寛とのデュオによる二曲「青森県北津軽郡東京村」と「三上工務店」が強烈な印象を残す。これ聴いたときたぶん大学1年ぐらいだったと思うが、あまりにも衝撃で、それ以来、三上寛の大ファンである。とくに前者は野坂昭如の描くところの都会の地獄絵図のようにどろどろした傑作だ。唐突に終わるところもかっこいい。3曲目は明田川荘之とのデュオで「エインシャント・マリーナ」つまり古代の海。これがもう最高にすばらしい名曲で、はじめて聴いたときからいまだに感動しまくり。本作の白眉ともいっていい演奏で、何度聴いたかわからない。そしてBラスの「できたよ、ねー ママ!!」はシャッフルのブルース。森山威男とのドラムバトルが凄まじい。この曲、大学二年のときのジャズコンで演奏したことを覚えている。さて、お楽しみはまだまだ続く。二枚目にうつって、A面は山下洋輔の登場だ。最初はソロで、そのあと川端民雄らが入ったトリオ、そして渡辺香津美が加わってカルテットに……。どちらもすばらしい。山下は迫真の演奏で存在感を示す。さすがの個性爆発である。香津美も、こういうセッションではめちゃめちゃつよい。B面に移って、有名な「エミ」。そして「暖かな午後」。どちらも全員によるセッション風ながら、ものすごくかっこいい。とにかくA−1を聴きはじめたら、どうしても二枚組全部聴きたくなるすばらしい演奏。ああ、これこそ日本のジャズ。ヴィレッジ・ヴァンガードやらブルーノートでは逆立ちしても聴けない、わが愛する日本のジャズ。とにかく宝物であります。CD化されてるかどうかは知りません。

「RACCO」(UNION RECORDS GU−5004)
RYOJIRO FURUSAWA QUARTET

 一時期、これと「ユー・ウォナ・レイン」ばっかり聴いていた時期があった。私は古澤良治郎バンドの良い聞き手ではないと思う。フリージャズとは対極をなす、温かく、メロディックな音楽だからである。でも、日本ジャズのファンとしては、こういう熱くて楽しくて耳になじむ演奏はじつは大好きなのである。何度も書いているが、高橋知己のサックスはこのグループにとてもよく合っている。彼が訥弁な感じでいっしょうけんめい紡いでいくその歌心が、古澤の書く曲にぴったりなのだろう。全6曲、どれもすごくいい曲だが、一曲目の「クムクム」の日本人好みのマイナーなメロ、二曲目「モキ」のモードジャズ独特のかっこよさ(この曲での高橋知己のテナーはすごくいい)、3曲目「ラッコ」はシンプルなメロディなのに心に響く、童謡のような名曲。B面も「ラ・グズタバ」(つまりグズラとバタというふたりのベーシストの名前を冠した曲)や「ウルフ・フィッシュ」など佳曲が多く、ほんとにこのひとは作曲の才能に恵まれていると思う。ラストの「バーニング・クラウド」のテナーソロもよく、すばらしいコンビネーションのバンドだったと思う。ジャケットもかわいい。

「YOU WANNA RAIN」(FRASCO FS−7006)
RYOJIRO FURUSAWA QUARTET

これが初リーダー作なのかなあ。一曲目は、あの松風鉱一の大傑作「アット・ザ・ルーム427」に入っていた「アコースティック・チキン」。ここでは高橋知己が訥々と岩のようにフレーズを積み上げていく。ラストの一曲をのぞいて全部古澤のオリジナルで、ほんまええ曲書くなあ。ゲストの向井がどの曲でも圧倒的なうまさを見せるが、高橋のどちらかというと地味なテナーと好対照だ。知己のソロも、不器用な、これしかできまへん的なブロウで全部いい。古澤本人によるライナーノートがすばらしく、ちょっと引用すると、「もうプラトプラトプサタクタトットーデ、ズグダズグダズグダズグダだよ、ほんと? だって、ウワァーパラトトチッチチでね、ザァータタクザァーチだ、なんて思う」などと書いてある。すごい。また「それと、ここで演ってる自分の曲全てがワンモードなので、個々のメンバーの日頃の積み重ねという事が非常に重要になる。私は音を出す以前に、ここでいっしょに演ってくれる人をそれぞれ、非常に愛しているのです。おのおの立派にしつこそを積み重ね、深く掘り下げる事を知っている人たちであると確信する。(中略)私はますますモードというものの深さを感じた。以前にも増して、しつこくくり返すことに喜びを感じるよう、心掛けていこうと思う」……なるほど深い。

「古澤良治郎ラスト・レコーディング第1集 タケシ」(AKETA’S DISK MHACD2634)
古澤良治郎

「古澤良治郎ラスト・レコーディング第2集 マナブ」(AKETA’S DISK MHACD2635)
古澤良治郎

これは……つらい。つらいが意義深いアルバムだ。こんな2枚組、アケタズディスクでしか出せないよ。これまでもアケタズディスクはいろいろなひとの追悼盤的なアルバムを、商売考えずにリリースしてきた。たいしたものだ。頭のさがる偉業だと思う。古澤さんといえば、メロディとリズムが完璧にバランスした絶妙のコンポジションを、楽しく、温かく演奏するひとだというイメージがあり、そういう音楽には管楽器(サックス)が必要だと単純に思っていたのだが、ここ10年ほどの古澤さんの音楽はかなり振幅があって、音や金時での内橋さん、林さん、外山さんたちとのガチンコ即興などは凄まじい演奏だったし、なんだかいい感じで枯れてきて、メロディアスなものから切ったはったの修羅場即興までを、ときに仙人のように淡々と、ときにあたたかくほんわかと、ときにパワフルにビシッと、ときに繊細にときに大雑把に……と千変万化する境地に達しているのかなあと思っていた。このラストレコーディングでは、石渡さん、渋谷さん、望月さんという管楽器のいないカルテットでオリジナルやスタンダードやいろいろな素材を演奏している。「至上の愛」や「グッド・バイ・ポーク・パイ・ハット」などが取り上げられているのも興味深いが、そういった細かいことより、この2枚組を通して何度も聴くと、ひとりの音楽かの生きざまのようなものがズドーンと胸に迫ってきて、あまりのその壮絶さに口もきけなくなる。ここにサックスが入っていたら私の耳はどうしてもそのサックスを追ってしまっただろうから、ラストレコーディングがこの編成だったのはよかったのかもしれない。この先、何度聴くかと言われるとそれはわからない。やはり「キジムナ」「ラッコ」「ユーワナレイン」「古澤良治郎の世界」などを聴いてしまうだろうと思う。しかし、できるかぎり、折に触れて、この2枚を聴き続けたいとも思う。非常に重い、意義のあるリリースであります。

「ライオンのいるふうけい」(AKETA’S DISK MHACD2604)
古澤良治郎 大口純一郎デュオ

 まず、ピアノのドラムのデュオというのがピンとこないのだった。ピアノとベースのデュオならわかるが、ピアノとドラムなら、ピアノソロでええやん、と思ってしまうのだった。おまえはまだそんな幼稚なことを言うとるのか、とおっしゃるかもしれないが、まあ、聴くまえはそんな風に思っていたのだが、聴いてみると正直ぶっとんだ。なるほどなあ、と思った。ピアノとドラム……というのはフリージャズや純粋即興以外でも、まったくもって「あり」なのだとわかった。私はアホなのでこういう風に音でもって教えてもらわないとわかんないのだ。そりゃあ、ピアノとドラムのデュオが4ビートジャズにおいて、ありえることはわかります。でも、わざわざやる意味があるのか→ある、という風にわかったということは個人的には大きいのだ。このふたりの演奏は、ピアノが弾いてそれにドラムがつける、とか、ドラムのリズムにピアノが乗る、とかそういうレベルをはるかに超えて、完全に融合しており、なんというか魔法を見せられているようだった。これはフリージャズではないが、フリーなジャズである。なによりも自由である。お互いに、相手を誘導しようとかこういう展開に持ち込もうとかそういった小賢しいことは超越して、ただただ目のまえにある音をプッシュしている。かーっこええ! これは知られざる、いや、俺が知らんだけでじつはなんとかジャズ大賞とか取ってるのか? まあ、ひとが知ってるか知らないかどうでもいいが、傑作です。ほんと。