wild bill davis

「LIVE IN CHATEAUNEUF−DU−PAPE」(BLACK & BLUE BB968.2)
WILD BILL DAVIS EDDIE DAVIS

 ロックジョウがリーダーではなく、ワイルド・ビル・デイヴィスのリーダーセッションである。ドラムがオリバー・ジャクソン、ギターがビリー・バトラーという鉄壁の布陣でのライヴ。お客さんもかなり入っているようだ。1曲目のブルースからロックジョウのブロウとワイルド・ビルのオルガンががっぷり組んでノリノリな様子が伝わってくる。ロックジョウが自分のアグレッシヴなブロウへの客の食いつきを感じて、「ふん! こんなのはいつもやってるんだ。軽いぜ」と嘯きながら、でも内心はめちゃうれしい……という雰囲気もなんとなくわかる。2曲目はレイ・ブライアントの「コンゴ・チャント」だが、ワイルド・ビル・デイヴィスのオルガンがもうめちゃくちゃノリまくって弾いて弾いて引き倒す。オリバー・ジャクソンのドラムソロもすばらしい。ロックジョウは不参加。3曲目は、2曲目休んでいたロックジョウがスウィングの塊となって吹いて吹いて吹き倒すナンバー。もちろんギター、オルガンのソロも快調。ドラムソロのときに鼻歌を歌ってるやつはダレだ!(ワイルド・ビルでしょうね)4曲目「ゴースト・オブ・ア・チャンス」はロックジョウのサブトーンが堪能できる傑作であると同時にロックジョウのフラジオの凄まじさが堪能できる演奏でもある。ラストのカデンツァの見事さも含めて、ロックジョウの最高の演奏のひとつだと思う。ロックジョウファンは聞き逃すことなかれ。5曲目「いそしぎ」はすごく速いテンポ。ロックジョウの例の「頭のおかしい」フレージングのオンパレードである。すごいなあ。どうしてこんなフレーズを吹くのかまったく理解できないのだが、ロックジョウというひとはこういうわけのわからんフレージングの宝庫なのだ。すばらしい。でも、わけわからん! 6曲目はスティット作の「ルーズウォーク」となっているが、要するに「ブルース・ウォーク」である。どっちが正しいのかは今となってはだれにもわからないだろう。昔からあるリフなのだ。どのソロもぶっ飛ばしているが最後のドラムソロはめちゃくちゃ楽しい。7曲目はロックジョウの無伴奏ソロではじまるが、ここだけ聴いたらみんな前衛ジャズの冒頭部と思うかもしれない。しかし、はじまるのは「ミスティ」なのだ。ラストのカデンツァも含めて、かなりアグレッシヴな「ミスティ」である。ロックジョウのファンはこのコテコテで脂ぎったアクの強い表現に耐えなければならないのだ。なかなかたいへんである。8曲目はこれもコテコテでロックジョウフレーズのオンパレードのような「レスター・リープス・イン」。とにかくジャズの生んだ最大のスタイリストのひとりであることはまちがいない。ローランド・カークに匹敵するような変態的演奏である。テナーソロのラストコーラスのサビなんか、聴いたら腰抜けるような演奏である。9曲目は「イパネマの娘」なのだが、ロックジョウのボサノバ解釈はあいかわらず「軽さ」と「洒脱さ」を捨てて、コテコテに塗り替えている。さすがとしか言いようがない。10曲目は「昔は良かったね」で、ブロウに反応して客がものすごく騒いでいる。わかるわかる! ギターソロもオルガンソロも盛り上がる。ワイルド・ビルがMCをしていて、リーダーであるのがわかる。ラストの「ウー! アー! ディーディー」はバディ・テイトとの競演版でもやっていたワイルド・ビル得意中の得意なナンバー。ガレスピーの「ウバップ・バム……」みたいなもんでしょうか。ただし、ロックジョウはお休みで残念。というわけで、高濃度高血圧なライヴであります。傑作。