king curtis

「LIVE AT SMALL’S PARADISE」(ATCO WPCR−27622)
KING CURTIS

 キング・カーティスのライヴと聴くだけでわくわくする。しかも、フィルモアみたいな大会場ではなく、「スモールズ」というぐらいだから小さいところなのだろう(と思ってたら1500人入る店だったそうだ)。そして、メンバーがベースにチャック・レイニー、ギターがコーネル・デュプリーというのだから、悪いはずがない。しかもしかも、ジャケットのカーティスのマウスピースをくわえる横顔がめっちゃかっこよくて、音が聞こえてきそうなのである。もちろん内容もめちゃめちゃ良くて、フィルモアのライヴきような狂熱的な熱気はないが、演奏のクオリティはアホほど高い。やはりギターのカッティングとベースのグルーヴ感がすばらしく、全体を盛り上げ、また引き締めている。3管で、バリトンのひともコルネットのひともうまい。コルネットのひとは「いそしぎ」でソロをするけど、ジャズ畑のひとだと思う。まず、アレンジがかっこいいし、リーダーをはじめとしてメンバー全員が休むことなくしゃかりきに大活躍するし、売りはもちろんキング・カーティスの超かっちょいいテナーソロなのだが(サクセロの曲もある。上手い)、ライヴだからといってダラダラ吹かず、短いソロスペースのなかで存分に吹きまくり、グロウルし、シャウトし、スクリームする。キング・カーティスを聴くと、いつもサム・テイラーを連想する。音の濁らせ方が似ている、といった表面的な理由ではなく、ある意味職人芸的な上手さがある。スタジオミュージシャンとしての仕事も多いので、音楽的知識、テクニックは死ぬほどあるが、ブロウすると、聴衆を喜ばせることに徹する。しかし、同じようなエンターテイナー的テナーマンは多いが、ふたりとも段違いに演奏クオリティが高い。しかも、上手くておもしろいというだけでなく、熱いブロウ魂、ブルース魂、ミュージシャンシップを感じる。だから成功するんだよなー。選曲も良くて、どファンキーの塊のような曲、当時のヒット曲、「風に吹かれて」のような他ジャンルの曲、「いそしぎ」のロックバージョン、ヒルビリーみたいな曲(そういう曲調ではヤケティ・サックスに徹する。それもまた上手いのだ)……バラエティ豊かで飽きさせない。これもエンターテインメント性だよなー。たとえば「ピーター・ガン」など、もうちょっとテンポを落とせばものすごくグルーヴするはずなのに、速いテンポでハードに攻める。そのあたりは、この店が客が踊る店であるということも関係してると思う。最後の「テーマ」など、音ふたつしか使っていないのに、めちゃくちゃかっこいいのだ。惜しむらくは、客がダンスに夢中なのか、酒に夢中なのか、静かなところで、ラストもテーマが終わっても、とくにバーッと拍手が来ることなく終わっていく。みんななにを聴いとんねん。俺がここにいたら、きゃあきゃあ叫んでたと思うけどな。それはそれで迷惑か。とにかくすばらしいアルバム。キング・カーティスって聴いてみたいんだけどなにか推薦してよ、と言われたら、まずはフィルモアのライヴ。そして、第二位にはこのアルバムを推したいです。