stanley cowell

「NEW WORLD」(GALAXY UCCD−90365)
STANLEY COWELL

 名盤だとは聞いていたが、たしかにめちゃくちゃかっこいい。曲もアレンジもいいし、言うことない。唯一のスタンダードの1曲目、トロンボーンが朗々と鳴りまくるゴスペルっぽい2曲目、カリンバっぽいソロがはじける明るいカリプソっぽい3曲目、コーラスとドラムが強力でリズムもフュージョン的、いかにもソウル+70年代モードジャズっぽい4曲目、ベースラインが印象深く、そのうえでエレピ(?)が変な音で弾きまくられる変態ファンキーな5曲目、劇的なピアノソロでアルバムの締めくくりとして見事な6曲目……どの曲もソロとアレンジの両方が楽しめるうえ、そこそこ長尺なので、いろいろとドラマチックな展開があり、かなりの感動がある。そして、どの曲でもカウエルが弾き倒す。メンバーもすごくて、エディ・ヘンダーソン、ジュリアン・プリースター、パット・パトリック(!)の3管に2ストリングス、セシル・マクビーのベースにロイ・ヘインズのドラム、そしてパーカッション、コーラス隊とえげつない豪華さ。ではあるのだが、カウエルの持つあのドキドキするような、尖った部分はかなりそのゴージャスさに埋没しており、ちょっと届きそうで届かないような感じもある。もちろん、カウエルは確固たる意図をもってこのアルバムを作ったのだろうし、その意図は大成功していると思う。たぶん、今後も繰り返し聴くことになるだろうな(ミュージック・インクのやつとかソロピアノとかよりも。だって聞きやすいんだもん)。マッコイの大編成のやつをちょっと思い出したりした。