chic corea

「THE COMPLETE ”IS” SESSION」(BLUE NOTE RECORDS 40532)
CHICK COREA

 これはすごいアルバムですよ。六十九年というと、チックがマイルスバンドをやめる直前で、ブラクストンらと「サークル」を結成するまえだが、このアルバムは「サークル」的なフリージャズとマイルスバンド的なモード風エグめの過激なジャズ、それに「リターン・トゥ・フォーエバー」的なフュージョンの萌芽的ジャズがひとつになり、それもうまく合わさっているというより、混沌とした状態で放り出されている感じ。それだけに、「チック・コリアの迷いの時期」みたいな評価をされているのだろうが、私にとっては、ほんと「美味しい」内容である。別テイクも収録した完全盤ということで、二枚組なのだが、一枚目はマイルス的モードジャズや、「ナウ・ヒー・シングス……」的チックの世界などがかいま見える、どちらかというと新主流派的内容で、二枚目は「サークル」っぽい、かなりフリーな内容。まず、共演者のなかではヒューバート・ロウズが出色で、自分のリーダーアルバムでのプレイとはみちがえるような硬派な演奏で、ガンガン行きまくる。ウディ・ショウは、とくに二枚目ではかなり壮絶なプレイを展開して、聴いていて興奮するが、それでもいつものウディ・ショウととちょっとちがっていて、チックにマイルス的な役割を期待されているのがわかる。でも……そこがいいんです! いちばん浮いている感があるのはベニー・モウピンで、モード風の曲ではコルトレーンスタイルで、フリー風の曲ではぐじゃぐじゃな感じにブロウするのだが、どちらも中途半端でいまひとつ根性が座っていない感じ。でも、そこがいいんです! 全編にわたって、ディジョネットのドラムがさえ渡っていて、チックとのやりとりは、ときに超過激、ときに知的で、そのパートだけを取り出しても、このアルバムを聴く価値がある。とくに二枚目は、聴きとおすのにかなりの体力がいるが、だからといってこのアルバムを、(さっきも書いたけど)「チックの迷い」だとか「今の時代にはあわない」だとか言ってしまうのは大間違いである。たまには、こういう「しんどいジャズ」をしんどく聴こうよ。少なくとも私にとっては、(ブラクストンの音色が私にはあわないため)あまり好きではない「サークル」よりはずっと聴きやすいです。

「FRIENDS」(POLYDOR PD−1−6160)
CHICK COREA

 正直いって、よくわからん。これが出た当時としては、あのチック・コリアが4ビートをやった、みたいな受け取られかただったのかなあ。よくジャズ喫茶で耳にしたが、結局、私はジョー・ファレルというサックスがよくわからないので、この作品もピンとこなかったのだろう。今回、ものすごく久しぶりに聴き直してみたが、やっぱりジョー・ファレルの音が私にはなじまないようだ。めちゃめちゃうまいんですけどね。音色なのかなあ、問題は。(たぶん)ラーセンのラバーだと思うのだが、よくいえばやや透明感のある音、悪くいえば芯のない音を出す。エディ・ゴメス、スティーヴ・ガッドというリズムセクションはさすがなので、やはりファレルが私の好みではないということらしい。ファレルのリーダー作としてはザナドゥの「スケートボード・パーク」とかいうのが、これもよくジャズ喫茶で一時期かかっていたが、あれも同じでピンとこないのだった。ファレルの4ビートもので一番好きなのは「VIM’N’VIGOR」という、ビキニのお姉ちゃんがウッドベースを持っている、妙なジャケットのアルバム(のちにジャケットを変えて、「マイルス・モード」というタイトルになった。なんでや。CDは、タイトルは戻ったけど、ジャケットがちがうものもあるようだ)。あれはなぜか好きでよく聴く。とはいうものの、本作の主役はチック・コリアであって、彼さえよければべつにいいわけだが、マイルスのロストクインテットでの異常なまでのぶっとんだ演奏を聴いてしまうと、こういうアルバムでも、もっとむちゃくちゃやってくれたほうがいいのにな、と思ってしまう。正直言って、今の私が聴くべきアルバムではないようである。つまりは好みの問題ということになりますね。じつはチックのアルバムのなかでいちばん好きなのは「スリー・カルテッツ」で、あれは感動したとか影響をうけたとかいうより、「あこがれた」感じで死ぬほど聴き倒したが、考えてみると本作のリズムセクションはあれと一緒なので、やっぱりブレッカーとファレルのちがい、ということかなあ……。