ray charles

「THE RIGHT TIME」(ATLANTIC P−6184A)
RAY CHARLES

 レイ・チャールズのアルバムはさほどたくさん聴いたわけではないのだが、これがいちばん好き。曲がいいですよね。一曲目の「サンゴナシャイナゲーン!」という曲がまず好きなのです。あと「サムデイ・ベイビー」(後年、だれかが歌っている「ウォリード・ライフ・ブルース」を聴いて、どうして聞き覚えがあるのかずっと悩んでいたが、レイ・チャールズで覚えていたとはうかつでした)とか「フィーリン・サッド」とか「ロンリ・アヴェニュー」(かっこいい!)とか「リーヴ・マイ・ウーマン・アローン」とか……。B面もいいんだけど、A面に私の好きな曲は集中しているので、ついA面を聴いてしまう。よく、レイ・チャールズがコマーシャルだ、といって非難するひとがいる。また、ピアニストとしてはたいしたことないよ、というひともいる。でも、レイ・チャールズのよさはそのコマーシャルさにあるわけで、「ジョージア」から「愛しのエリー」までやってしまう、その潔い、サム・テイラー的なコマーシャル感覚がブラックエンターティナーとしてすばらしいのでは? 彼の歌い方は、聴いているうちに覚えてしまい、つい一緒に歌いたくなるようなものが多いのだが、そんなところも広範囲な人気を得た理由だと思う。

「RAY CHARLES」(ATLANTIC 8006)
RAY CHARLES

「ザ・ライト・タイム」とだいたい同じかちょっとまえの、アトランティック吹き込み最初期を集めたアルバム。個人的には「ザ・ライト・タイム」ばかり聴いてしまい、このアルバムはあんまり聴かない。「ハレルヤ・アイラヴ・ハー・ソー」とかヒット曲も入っているんですが……。もちろん、けっして悪くないけど、これはたんに好みの問題ということですね。ところで、このころのレイの音楽って、非常に古くさいジャズっぽいイントロではじまったりするのだが、レイが歌いだすと、これがなぜか、いきなり都会的というか新しい感覚がぶわーっと広がっていく感じがする。そこにローリングするピアノと女声コーラスが加わって、レイ・チャールズ・ミュージックになっていくのだが、やっぱりレイは時代を先取りしていたのだろうな。

「THE GENIUS OF RAY CHARLES」(ATLANTIC 1312)
RAY CHARLES

 とにかくものすごい豪華メンバーのビッグバンドを従えてレイ・チャールズがピアノを弾き、歌うわけだが、バックバンドが豪華だからといって、それがイコール作品の良さになるわけではない。なにしろ、ベイシーとエリントンのええとこどりをしたようなメンバーにデヴィッド・ニューマンらアトランティック陣が加わった、ドリームバンドなのだが、いかんせん誰にもソロがまわらない。レイ・チャールズを聴くべきアルバムなのだから、それはそれでいいはずなのだが、それだったらなにもこんなに豪華にして期待を持たせなくても、誰だっていいんじゃないの? と思ってしまう。もちろん悪いアルバムではなく、逆にすごくいいんだけど、うーん、やっぱりこれだけのメンバーがいるのに、ほとんど使わないというのはどうもなあ……。ついついモッタイナイと言いたくなってしまうところが、この作品の欠陥といえば欠陥か。