thomas chapin

「NEVER LET ME GO」(A PLAYSCAPE RECORDINGS PRODUCTION PSR#111095)
THOMAS CHAPIN QUARTETS ’95 & ’96

 チェイピンのライヴ3枚組。全部カルテットによる演奏だが、ピアノのピーター・マドスンのみ共通で、ベースとドラムは異なる。しかし、3枚を通して、ほぼ共通の、熱い演奏が収められている。曲よし、アルトソロよし、ピアノソロもよし、リズムよしで言う事なし。70年代ジャズ、つまり、曲作りもソロもモード的な手法がベースになっていて、そういううえに積み上がる熱気やインタープレイの新しさが「かっこいい」とおもえていた時期の空気がチェイピンのなかには95年、96年あたりにもちゃんと生きていたのだ。ここに詰まった、怖ろしいほどの熱気は、たしかにゲイリー・バーツやソニー・フォーチュンやなんとかやかんとか(急に名前は出てこない)がかつて持っていたものなのだろうが、それに加えて、90年代のこういう演奏は、熱くあるが暑くはない。つまり、聴いているとめちゃくちゃ清々しくて、あー、暑苦しいなあ、しんどいなあという感じにはならん。このひとやマーティ・アーリッヒ、チェカシン、ジョン・ゾーン、リーマン、マハンサッパ、ザミール、ミゲル・ゼノン、最近ではあのひと、えーと名前出てこん、といった熱血アルトな人々の共通項というのはあるなあと思う。なにかというと、まず音色で、それよりまえのアルトの音がけっこうしょぼくてよれよれ、でも、アルトというのはこういうもので、それはしかたないんだよ的なイメージだったのだが(俺だけか?)、彼らは、アルトのすばらしい音を持っている。これはもしかしたら(かなりもしかしたらなのだが)フュージョンの影響なのかもしれんなあと思ったり思わなかったりする。あと、さっきも書いたモード的な曲調とそれにぴったり対応して吹きまくれる技量、そして、バップの影響なのだが、チェイピンに関してはこの3枚組の2枚目の「レッドクロス」(無伴奏ソロではじまるところがカッキー!)を聴けば、その溢れ出るバップフレーズとそれを見事なアーティキュレイションで吹きこなしている彼の本気というかベースのひとつがわかるというものだ(こういうのは簡単なんだよとかいうやつがいたら首を絞めたい)。さっき書いたひとたちはなぜかハードバップではなくビバップに立脚しているような気がする。それはきっと、アルト吹きにとってのチャーリー・パーカーという存在のせいではないかと思うが、表面的に真似しているのではなく、アーティキュレイションがバップになっていて、心地よいったらありゃしない。ジョン・ゾーンだって、ソニー・クラークとか言っているが、あれもハードバップではなく、バップの感じがする。でも、スティーヴ・コールマンやケニー・ギャレットにはそういうものを感じない(しつこいけど、アーティキュレイションにおいて)。とかなんとかぐちゃぐちゃいってもしかたない。バラードやらポップ感のある曲なども含めて、この3枚組はもう、美味しい演奏が詰まっているので、3枚組かあ……とか言わずにただちに聴いてほしいです。フルートも歌心にくわえ、カーク的なブロウもあって、モードっぽい曲なのにブルースを聴いているような錯覚におちいるほどの黒いフィーリングがすばらしいし(2枚目4曲目のカデンツァ最高!)、アルトもダーティートーンをここぞというときに使うかっこよさがダンディズムを感じる。3枚通して聴くのはたいへんなので一日一枚でいかがでしょう。4日目にはまた1枚目を聴くのさ。ええ曲ばっかで、チェイピンの作曲力の凄さもわかるし、リズムも曲によって多様。4人がぎゅーっと一体化しているのもすごくて、もう、1曲1曲の盛り上がりがすごいのです(2枚目3曲目なんかえげつないっすよー)。全編通して、フリーな感じのアプローチがほとんどないのも面白い(3枚目1曲目の冒頭ぐらい?それもイントロ的扱い)。ごくフツーの、なにげないアルト+ピアノトリオというカルテットでも、こんなにいろいろできるんですねということを95、96年の時点で証明したような作品。現役のアルトをやってるひとたちにはぜったい聴いてほしいっす。あ、そうそう、ピアノもめちゃくちゃいいですよ。ベースとドラムも貢献大。とくに藤原清登のベースソロは感動的です。